イメージ瞑想

 

この記事は僕のライフワークについて、
ビジネスにも役立つ情報を自分勝手に書いています。

 

記事を読まれている方に役立つかは解りませんが、

 

瞑想を20年近く行ってきました。
(現在も進行形です。)

 

瞑想方法には様々なやり方があります。

 

そのなかで僕がやってきた瞑想はイメージを使う方法です。

 

スポンサーリンク

イメージ瞑想はマインドに働きかける効果がある

 

イメージって、想像するものによりますが、
あたかも今実際に体験していると勘違いするほどのリアル感があります。

 

そのリアリティあることを繰り返し行うことで、
条件反射となり自分の行動も広く取れるようになれます。

 

自分の願望を実現する力はマインドの中にあります。

 

ここでいうマインドとは、
精神とか心とが例えられるもの以上の奥深いものとしています。

 

自己啓発系のセミナーや書籍・潜在能力や願望実現にかんする、
本の一冊や二冊を買い求めた経験があるのではないでしょうか。

僕自身も本を買った経験者の一人です。

 

しかし、本に書かれている〇〇シンキングなどをためしたが、
思い描いていたような結果がえられた経験がありません。

 

何故なんでしょうか?

 

その理由は表面上の意識で理解をしているだけで、
無意識レベルでの理解が浸透していないからです。

 

そこで、深層レベルへと落とし込む方法として
イメージ瞑想が役に立つのです。

 

 

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたは、
自己啓発の本に書かれている内容が実際に体験できたのかも知れません。

 

が、恐らく多くの人は効果を得られることなく
本が本棚の中で誇りをかぶっているのだと思います。

 

ではなぜ書かれている内容が実現できなかったのか?

 

でもどんな瞑想でも基本があります。

 

それは、正しい座り方、正しい呼吸方法。意識集中のコントロール。

 

といった3点が基本中の基本となります。

 

それではひとつひとつについて説明してみます。

 

 

誘導瞑想のイメージ法と、キャッチコピーのシズル感が似ている?

 

最近思うことなのですが、ネットビジネスをはじめて、
気づいたことが1つありまして。

 

誘導瞑想で使われる言葉使いが、
アフィリエイトなどでセールスする際のキャッチコピーの
使い方と共通するように思えてならないのです。

 

まあこの記事はキャッチコピーについての
お話しではないので、「シズル感」とはについて、
詳しくは別の機会に書きたいと思います。

 

ただ今回は僕が感じている共通するのでは?と
思ったことを簡単にお伝えしてみます。

 

「ステーキを売るな!シズルを売れ!」
といった言葉を聞いたことはありませんか?

 

セールスで反応の高いキャッチコピーを作る上で、
ステーキの味で売るのではなく、肉が焼ける時のにおいで、
食欲を刺激する。

 

とされているのがキャッチコピーのシズル感といった技法です。

 

その手法は、消費者の感覚を刺激して購買欲を
呼び起させるもので、インターネットビジネスにおいて、
このシズル感で商品を売る手法は非常に重要なのです。

 

シズル感の特徴は人の五感、
視覚。嗅覚。聴覚。触覚。味覚などに刺激を与える
表現をしていく方法のことです。

 

例えば、キャッチコピーで使われるシズル感を表現する言葉として、

 

冷蔵庫でキンキンに冷やしてビールジョッキに、
同じく冷えたビールの栓をシュッポンとあけてジョッキに注ぎ、
グビグビと喉を鳴らしながら一気に飲み干す。

 

打ちたて茹でたての薄いグリーの角がたっている蕎麦が運ばれ、
鰹節独特の香りと塩分とうま味・コクと香りがほどよい醤油で仕上げられたそばつゆに、
蕎麦特有の甘く香りたつ香りが鼻をつき、
蕎麦の端を汁につけて、軽快な音を立てて一気に喉を通る清々しさが蕎麦通の食べ方。

 

では瞑想でイメージさせる言葉とは、

 

いまあなたは南国の暖かい砂浜の上に立っていて
足の裏から砂浜の暖かさが伝わってきます。

 

目の前には、エメラルド色の透き通った海が、広がっていて、
白い波がザ~ッブ~ンと押し寄せては引き返していきます。

 

頭上には、晴れわたった雲一つない澄み切った青空が
頭上を覆っているのがみえます。

 

足元には、色とりどりの綺麗な花々が咲き乱れ、
蝶やハチなど花々の蜜をついばんでいるのが見えます。

 

南国特有の湿気を含んだそよ風が
やさしく顔や額を撫でているのが感じられます。

 

遠くから聞こえるウクレレの音色が心地よく耳に届き、
ハイビスカスの甘い香りがあなたの鼻に届きます。

 

これらの言葉を使う目的は違うけど、
五感に訴え刺激させるといった点においては、
共通するものがあると思い始めたところです。

 

始めに正しい座り方についです。

 

姿勢はとても大切です。

 

全身がしっかりとリラックスが出来て座れていると、
時間の経過名の中で、姿勢を変えたくなるとか崩れるとか、
背中が痛くなってしまうなどと違和感を感じることがありません。

 

本当の意味でのリラックス状態の姿勢であれば、
長時間同じ姿勢でいられるんですよね。

 

長時間おなじ姿勢を保つことで得られる効果として、
意識の集中を途中でさえぎることがなくて、深い集中ができるんです。

 

これ、すご~く大切なんですよ。

 

正しい姿勢で座る方法

 

で、その正しい姿勢で座れる方法なのですが、
まず椅子を使って座るのか?座布団などお尻の下において座るのか?
といった2点の座り方があります。

 

ただ両方とも共通することがあり、
しっかりと体重をイス・座布団にかけるのではなく、
お尻を手前の位置にのせる感覚で座るということ。

 

イスなら。手前に腰掛けて、背もたれに寄りかからない。

 

座布団なら二つ折りにして、座布団の先に腰を降ろす感覚ですわる。

 

そうすると自然に背筋がピーンと伸び、肩や足の付け根、
などに余計な緊張走ることなく座れるんですよね。

 

特にざぶとんを二つ折りにして座ると、
両膝が床に傾き支点となり、とても気持ちよくすわれます。

 

次に肩から上の首・あたまのリラックス方法です。

 

これはいたって簡単。

 

あごを少し引いて、頭のてっぺん(つむじ)があるか所に、
あたまの真上からフックのついた。紐がが下りてきていて、
あたまのてっぺんにあるジョイントと結びつける。

 

そしてつるされているイメージを持つこと。

 

このイメージをもつと、肩や首に余計な緊張がなくなり、
姿勢も楽で、おへその下にある臍下丹田と言われる部分に、
重心がたもてるように感じられるんですよ。

 

ぜひ一度お試しを。。。。。。。

 

正しい呼吸方法

 

次に呼吸についてのお話しです。

 

呼吸方法にも色々とあります。

 

基本的には腹式呼吸法が主な正しい方法として、
多くの人が取り入れています。

 

では他の呼吸方法には何があるのか?というと。

 

胸式呼吸法。逆式呼吸法。両式呼吸法。etcです。

 

これについては省き、腹式呼吸法について説明します。

 

腹式呼吸方法

 

腹式呼吸の基本は、鼻から吸って口から吐く。

 

その特にお腹を動かして息を吸って吐くを繰り返します。

 

息を吸うとお腹が前に出る?膨らむといった感じで、
吐くとお腹が引っ込むってな感じで呼吸をします。

 

実際にはお腹で呼吸をしているわけではなく、
横隔膜が動くためにお腹が膨らむ引っ込むという動きになります。

 

そこで、お腹の動きが上手くつかめない人は、
手のひらをお腹にあてて、吸う(膨らむ)吐く(引っ込む)を
感じ取ってみるとお腹の動きがリアルに感じとれます。

 

で次に息の呼吸についてですが、
吸う息の倍かけて吐くことが大切です。

 

例えば、4秒かけて吸ったら、倍の8秒かけて吐く。

 

ただ、肺に空気が入ってくる感覚が意識できない場合には、
秒数をカウントするといいです。

 

1・2・3・4と吸いながらカウントして、
1・2・3・4・5・6・7・8・とカウントしながら吐く。

 

この秒数で呼吸が楽に感じられるようなら、
吸う息はそのままで、吐く息を長くしてみることです。

 

ただし、決して無理はしないように、
なぜなら、無理をするこで、緊張を強いる結果となるからです。

 

それに慣れてきたら、カウントをとることもやめください。

 

自然に呼吸ができていることが必要ですのでね。

 

「実際、長く吐くことを意識して呼吸してみたけど苦しくてダメです。」

 

と難しい苦しいと感じる人がいます。

 

コツがあるので大丈夫ですよ。

 

そのコツは、口をつぼめて、
ストローを使って息をゆっくりと吐くイメージをしてみてください。

長く吐けませんか?

 

吐けましたよね。!!

 

たったこれだけです。

 

簡単でしたよねそのイメージで呼吸をしてみてください。

 

では次にいきましょう。

 

意識集中方法

 

瞑想を行う目的でよく聞かう話で、
「無」になることだと聞いたことはありませんか?

 

雑念を取り去り、無の境地に入り悟る。

 

なんてことは、凡人の僕には無理です。^^;

 

それに、高僧と言われる方々も雑念が湧かない人は、
誰もいないと知って気持ちが楽になれました。

 

まあ、雑念がなく無の境地に入り悟りを得られた人は
お釈迦様(ブッタ)ただ1人のようです。

 

なぜなら、思考は人間にとって当たり前のことなので、
いついかなる時で思い描き考えることは至極当然の結果なんですよね。

 

その人間としての性である思考を自らがコントロールする方法が、
呼吸に意識していまを感じて座るのがマインドフルネスです。

 

とても有効で効果が高い瞑想方法です。

 

それとは別に僕が行ってきた瞑想方法は、
イメージを取り入れて座るイメージ瞑想方法です。

 

雑念が湧くのはあたり前なのですから、
ただ黙って湧いてくる雑念に意識を乱されるのではなく、
自らが想像していることに意識集中させる瞑想方法となります。

 

このイメージするって、想像するものによってはリアルに感じられます。

例えばレモンの果汁を絞り飲んでみるとイメージすると、
実際に口にしていないも関わらず、酸っぱさと共に唾液ができてきます。

 

なぜなのでしょうか?

 

それは過去の体験が呼び起された結果として、
五感とまではいかないにしても、香り。味。
酸っぱさのあまりの身震いといった反応が起きています。

 

そのように、もしかしたらイメージによっては
五感をも働かせリアリティ感ある瞑想ができるんですね。

 

まとめ

 

ビジネスで成功するためには、
マインドセットが重要だといった話を聞いたことはありませんか?

 

コピーライティングや、ブログ・サイトのデザイン作りなど
テクニック的な面より、マインドセットといったものが大切だと。

 

ブログを始めて3か月もたたない内に
辞めてしまう人が多くいるのも事実です。

 

その理由は結果を焦りすぎているからです。

 

アフィリエイトにおいても継続が成功への肝になるのなら、
自分自身との闘いに勝たねばなりません。

 

その自分自身をコントロールするために
瞑想特にイメージを使った瞑想は、
マインドセットにも大いに役に立ち、成功のためにも、
イメージ瞑想を取り入れてみては如何でしょうか。

 

そして自分の人生を
創造豊かな暮らしとなすための力を養う目的で
イメージ瞑想を始めることをオススメします。

 

スポンサーリンク