ブログデーターのバックアップを常にとっていますか!?

 

ブログ運営が長く記事数も増えている状態で
突然、データーが消えてしまったなどとなったら、
背筋も凍る恐ろしい事態に陥りますよね。

 

その意味でいつ如何なるときの事態に対処する意味で、
常にバックアップを取ることは安心を与えてくれます。

 

WordPressデーターのバックアップする方法にはいくつかあります。

 

  • プラグインを使う方法。
  • 自分でファイルのコピペをして保存しておく方法。

 

そこで今回紹介する方法がエックスサーバーで
初心者でも簡単にファイルのバックアップを取る方法を紹介します。

 

これから説明するバックアップ方法は
エックスサーバーが前提となります。

 

他のレンタルサーバーをお使いの方は、
他の方法でバックアップを取ってください。

 

スポンサーリンク

エックスサーバーからデータファイルのダウンロード

 

1、まずエックスサーバーのサイバーパネルからログインする。

 

 

2、アカウント欄の「バックアップ」をクリック

 

 

3、ホームディレクトリの右「ダウンロード」をクリック

 

 

4、全ファイルのバックアップの場合はの「ホームディレクトリ」をクリックして
個別にバックアップをする場合は、②③「個別のダウンロード」をクリックする。

 

 

5、画面が以下の画像のようにかわります。

 

 

6、ダウンロードが完了したら①「フォルダを開く」をクリック

 

 

7、無事にバックアップができると「○○.tar.gz」の形式で
圧縮されたファイルがダウンロードされるので

しっかりと保存しておきましょう

 

 

これでデータファイルのダウンロードは完了です。

 

補足情報としてダウンロードしたgz形式ファイルを解凍するために、
「Lhaz」「Lhaplus」でも可能です。

 

 

ただ、解凍ファイルの「Lhaplus」で「関連付/シェル」タブ
関連付け(解凍)内のファイルの拡張子を選択の中に「gz」にチェックを入れておかないと

ファイル解凍ができないので確認しておきましょう。

 

 

データベース(MySQL)のバックアップ方法

 

1、サーバーパネルのデータ―ベース欄の「MySQL」をクリック

 

 

2、「MySQLバックアップ」タブをクリック

 

 

※ 表示されたデータベースは運営者によって数が違います。

 

3、①の圧縮形式欄の「gz形式」にチェックを入れ、②「エクスポート(ファイル出力)実行」をクリック

 

 

4、自動的に開始されますが、自動開始がされない場合には「ダウンロードする」をクリック

 

5、ダウンロードが無事完了したかを確認。

 

 

この時に「wp1_○○○2017-11-16.sql」というフォルダがダウンロードのフォルダーです。

 

6、次に「MySQLバックアップ」のタブをクリックし、
の圧縮形式欄の「gz形式」にチェックをいれ
のエクスポート実行をクリックする。

 

 

7、自動的に開始されます。

 

 

8、ダウンロードフォルダに「wp2_○○○2017_11_16」ファイルが保存されます。

 

 

9、これでデータファイルのダウンロードが完了です。

 

 

10、全データファイルのダウンロードが完了したら、
一つのフォルダーに名前を付けてしっかりと管理しましょう。

 

phpmyAdmind(MySQL5.5)からバックアップ

 

1、次にPhpmyAdminをクリック

 

 

2、「PhpmyAdmin」からクリックして「ユーザIDとパスワード」で入室し
入出後に、左サイドバーの
information_schemaの下のデーターベース名をクリック。

 

3、データーベース名をクリックすると画像の枠の、
上部のタブから「エックスポート」をクリックします

 

 

4、「エックスポート」の画面が出るので、数字①②③の赤枠で囲っている場所をチェックを入れる。

 

 

5、次にスクロールしていき「ファイルに保存するにチェック」を入れ、右下の「実行する」クリックで
ダウンロードをします。

 

 

これで、データベースのバックアップは完了です。
もし複数のデータベースがある場合は、1つ1つ同じ作業で、
バックアップをとってくださいね。

 

まとめ

 

以上、エックスサーバーの全データーをバックアップする方法です。

 

なれない内は何かと面倒だとは思いますし、
時間をかけたくないと思う人には
Xサーバーの自動バックアップサービスが有ります。

 

サービス利用にはそれなりの費用がかかりますが、
自分でバックアップを取ることは簡単にできるので
ご自身の手でバックアップを取ることをオススメします。

 

そもそもデータベースを壊してしまうと、
これまで蓄積したコンテンツ(財産)を失うことになりかねません。

 

できればデータベースのバックアップは、
日頃からやっておくことをおすすめします。

 

この記事を参考に
データーのバックアップをしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク