接続詞の使い方

 

マサトモです。

 

ブログを一生懸命に書いてみたけど、
読み返してみたら何がいいたいのか全く伝わってこないし、
スムーズに読み進めることができない。

 

自分で書いた文章なのになんだか恥ずかしくなってしまいます。

 

という経験ってありませんか?

 

もし同じように悩んでいるなら、
接続詞を上手く使って文章を書いてみることをお勧めしたいです。

 

接続詞とは、文と文をつなぎ、わかりやすく尚且つ伝わりやすく、
文章を書くうえで欠かすことができないコツになります。

 

そこで接続詞を正しく使うためのコツについてお話しをしていきます。

 

スポンサーリンク

接続詞を使う目的

 

文章を書くスキルは、
ネット上で収益をあげていくために欠かすことができない
重要な要素になります。

 

収入や集客目的の文章を書くために、
才能など必要ではなく、読者が読みやすく、
つたわりやすい文章を書くことが必要不可欠です。

 

そこで接続詞を使う目的には、

 

「わかりやすく」。

「伝わりやすく」。

「文章にリズム感をうむ」。

 

といった使い方ができます。

 

また読み手の反応を受けてセールスしていく文章にしても、
読まれないことには始まりません。

 

それ以前に日本語として読みやすさが無ければ、
人の共感どころか、途中で読むことを止めて、
ブログが閉じられてしまいます。

 

それではセールスをかけるための文章を書いて、
なんの役にも立ちません。

 

最後まで読んでもらうために必要なコツが、
読み手にストレスを与えず、
スムーズに内容を理解される文章を作ること。

 

そこで使われるのが、接続詞ということになります。

 

接続詞を使うことで起こる反応に

 

「この文章わかりやすい」。

「納得できる内容に共感できた」。

「スムーズに読み進めることができた」。

 

と読み手にストレスを与えず、
最後まで読み進められる文章が書けるコツなんです。

 

接続詞の使いすぎには注意

 

ブログを書き始めて最初にぶちあたる問題に

 

自分の文章が果たして伝わっているか?

日本語として支離滅裂な文章になってしまっているのでは?

 

など文章作成に悩む人も多くいます。

 

そこで文章作成の悩みを解消のために接続が役立ちます。

 

なぜなら、文章と文章を繋ぎ、読みやすい文法にできて、
かつ論理的に流暢に伝えるのに欠かせないテクニックですから。

 

しかし、接続詞も使いすぎると、
柔軟性に欠けて、あれこれと主張しすぎ、
しつこく違和感のある文章になりがちです。

 

特に使いすぎる接続詞で見かけるのが、

 

「したがって」「にもかかわらず」

「なぜなら」「それで」「そして」

 

など知らずに使っていることがあるので気をつけたいところです。

 

ということで接続詞の適切な使い方をしないと、
文章の流れに支障をきたします。

 

そこで読み手にとって伝わり易いかを第一に考えて、
接続詞も文章の前後で違和感がでるようなら、
あえて使わないことも考えましょう。

 

ブログ記事の最後をどう締めるかで文章の印象が変わってしまう

 

主だった接続詞の種類

 

ここではよく使われる接続詞の種類について、お話ししていきます。

 

 

並列 前文と後の文の内容が並ぶような結果になるまた

かつ ならびに および そして そのうえで 同じく

 

添加 前文の言葉の内容にほかの言葉の内容を付け加える

しかも そのうえ それに 加えて そして それから

そればかりか それどころか おまけに

 

順接 前文に対して結果、結論を示す言葉に用いるだから

したがって よって ゆえに それゆえに それで

そのため このため そこで すると だとすると

 

逆接 前文に対して、反対、対立になるような言葉に用いる

が しかしながら(しかし) だが だけど  それでも(でも)

ところが とはいえ けれど それなのに(なのに) ですが

とはいうものの にもかかわらず

 

対比 前文の内容と後の内容を比べる時に用いる

一方 逆に 反面 しかも そのうえ それに 加えて

そして それから そればかりか それどころか おまけに

もしくは

 

選択 前文の言葉に対して 選択、対比を担う言葉で用いる

あるいは それとも または もしくは ないしは

 

説明 前文の言葉に対して、捕捉、説明をつけ加える時に用いる

なぜなら というのは つまり ただし 要するに いわば

 

転換 前文の話題を変えるところで

さて 次に ともあれ では それでは

それはさておき それにしても そういえば

 

 

接続詞も使い方しだい

 

前文と後の文を繋ぐときに、よく使ってしまいがちな

 

「しかし」「つまり」「なぜなら」

 

などの接続詞で繋いでいくことがあります。

 

意外と書き上げた文章を読み返してみると、
こうるさい感じがする不自然な文章になってしまいます。

 

意味も通じない不自然な文節にならないように、
接続詞はちょうどよい、適した所に使うことが必要です。

 

そのうえで上手な文章を書くのではなく、
最低限、日本語として読みやすい文章を心がけておくべきです。

 

以上、文章を書くうえで接続詞の使いかたについて、
その役割を十分役立てるポイントのお話しでした。

 

是非、参考にしてください。

 

スポンサーリンク