スポンサーリンク

レンタルサーバー

シリタイクンシリタイクン

ブログ初心者です。WordPressでブログを始めたいけど、
おすすめのブログ用サーバー業者ってどこがいいんだろうか?

シリタイクンシリタイクン

ブログを立ち上げたこともなく不安があるので、
サーバー契約から設置まで詳しく説明して欲しいです。

数あるサーバー業者の中で、お勧めしたのがエックスサーバー。

 

本記事ではエックスサーバーへの申込から
WordPressインストールまでの必要な手順を解説していきたいと思います。

  1. エックスサーバーの契約
  2. エックスサーバー代の支払い
  3. ドメインをエックスサーバーに設定
  4. WordPressをサーバーにインストール
  5. 独自SSL設定
  6. 最低限の設定をする

※ エックスサーバーの新機能追加情報

「WordPress最新版(5.4)への簡単インストール対応」
「『自動バックアップ』機能の完全無償化および「Web・メールデータ」提供価格の改定(値下げ)」
「初心者でもわずか1分の手続きで独自ドメイン&SSL対応のWordPressブログクイックスタート」

    スポンサーリンク

    WordPressブログを始めるのにお勧めなエックスサーバーを選ぶべき理由

    他社にも価格や性能・機能面で優れている場合があるけど、 6年間エックスサーバーを使ってきた感想。

     

    「アクセスが大量にあっても、高速・安定性に優れていてさらにサポートが手厚い」

     

    この点がおすすめポイントです。

    さらに初心者にとって、
    サーバー設定やブログ運営でトラブルがあった時など
    すぐに回答が得られるのは本当に助かる! 

    この点でお勧めする理由でしょうか。

    »高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】

    エックスサーバーを契約する

    まず、ブログ初心者が手始めに行うのがXserver(エックスサーバー)アカウントを作成すること。

    下のボタンからXserver(エックスサーバー)の申し込みページにアクセスします。

    このように、期間限定だけど【まずお試し10間の無料!】と出てくるので、そちらをクリックします。

    エックスサーバー10間無料申し込み

    このような画面に代わります。

    エックスサーバー申し込み

     

    左の「サーバーお申込✔みお試し10日間つき」をクリックすると、入力画面になるので必要事項を入力します。

    お得!独自ドメイン0円キャンペーン

    エックスサーバーのドメインを利用したい方は右の、【クイックスタートで一括お申込み】をクリックしてください。

     

    期間限定であるけど、お好きな独自ドメインを、2020年5月31日(日)までキャンペーンドメインの申し込みすれば、毎年の更新費用も”0円”です。

     

    但し、他社への乗り換えの際には、キャンペーンで取得したドメインは使えなくなります。

     

    エックスサーバー契約手順1:必要事項を入力して行う

    サーバー契約に必須な必要事項を入力していきます。

    エックスサーバー必要事項入力

    ①:サーバーID(初期ドメイン) 

    ここではエックスサーバーのIDを設定しますが、あなたのブログのアドレスになるわけでなく、サーバー側で示されたIDが好きな文字列OK

    ②:プラン

    3つのプランが用意されていますが、X10 (スタンダート)プランで充分です。(僕のブログもX10で運営しています)

    続いて 

    エックスサーバー各項目入力

    メールアドレス、住所、氏名、電話番号等の情報を入力

    エックスサーバー申し込み確認

    利用規約と個人情報に関する公表事項に目を通してチェック。

     

     「お申込み内容の確認へすすむ」 をクリックします。

    エックスサーバー契約手順2:SMS認証をする

    内容確認後、SMS・電話認証を行います。

    エックスサーバーSNS認証

    セキュリティ強化のための設定となるので、電話番号項目には携帯番号を登録すれば、SMSに認証コードが送られてきます。 

    エックスサーバー認証コードフォーム

    タイトルが入ります。
    1. 携帯番号入力
    2. テキストメッセージで取得にチェック
    3. 認証コードを取得するをクリック

    登録した携帯にショートメールに送られてきた

     

    エックスサーバーの認証コードは12345です。

    5桁の認証コードを貼り付けます。

    エックスサーバーの認証コード入力フォーム

    「認証して申し込みを完了する」をクリックして、画面がこのように切り替わります。

    登録メールにはエックスサーバーアカウント情報が送られてくる

    登録したメールアドレスに

    【エックスサーバー】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間]、というタイトルのメールが届きます。

    エックスサーバーアカウント確認メール

    この通知は、
    「WordPress設定やサーバーパネルログイン」など
    必要なID:パスワードが記載されている重要なメールなのでなくさないように注意してください。

    まあ画像の通り進めて貰えれば、サーバー登録が初めてのブログ初心者でも簡単なので安心して、登録情報を記載して利用規約にチェックを入れ、お申込み内容の確認へ進みましょう。

    サーバー契約手順②:エックスサーバーの料金を支払う

    必要事項を入力してアカウント設定が済みましたら、サーバー利用料金の支払いに進みます。

     

    先ほどのメールに『エックスサーバーアカウント』ログイン情報が、記載されているのでURLをクリックしましょう。

    エックスサーバーログインurl

     

    エックスサーバーログイン
    先ほどの通知メールに、「XserverアカウントID」「Xserverアカウントパスワード 」、が記載されているのでコピペしてログインをクリック。
    エックスサーバー契約
    ログインしたなら、左の「料金のお支払い」をクリック
    エックスサーバー契約内容

    まず「チェックを入れ」「更新期間」を選択する。
    (自分に適した契約期間を選択すればいいです)

     

    次に「お支払い方法を選択する」をクリック。

     

    あとは料金支払い方法を決めて決済すればOKです。

    スポンサーリンク

    エックスサーバー契約代金の回収方法

    エックスサーバー新規契約料金をほぼ0に抑えたくないですか?

     

    特に、ブログ初心者にお勧めしたいのが、セルフバックを使う事です。

     

    ブログ開設・運営のための運転資金として、自己アフィリエイトはよく使われる手法です。

     

    エックスサーバーを利用する際にも、初期費用を抑えるために“a8ネット”を使うことをお勧めします。

     

     “a8ネット”登録のために審査用のブログの必要もなく、登録にもGoogleアドセンスのように審査はありません。 

     

    エックスサーバー費用捻出のためのA8netのセルフバックを始める手順

    エックスサーバーの契約費用を、自己アフィリエイトで回収する手順の解説です。

    a8セルフバック手順
    1. A8ネットに登録
    2. A8netのセルフバックからエックスサーバーを選択
    3. 「セルフバックを行う」をクリック
    4. エックスサーバーに無料お試しで登録する
    5. サーバーID入力⇒プラン選択
    6. 「お申し込みをする」をクリック
    7. 登録したmailアドレスに通知が届く
    8. 支払いを済ます

    簡単でしょう!

     

    8つの手順で2858円の報酬が通帳に振り込まれます。

     

    受け取った報酬でブログ開設の初期費用を、ほぼ0に抑えられますので。

    報酬が受け取れなかったよ?!ってことにならない様に
    ※ A8セルフバックにおける禁止行為にはしっかりと目を通をしておいてくださいね。

     

    ドメイン取得からWordPress設定までを解説

    「エックスサーバーは土地」「ドメインは住所・アドレス」と例えられます。

     

    土地を借りたので次はWebサイト上のURL(住所)を取得し、サーバーと紐づけしていく作業に入ります。

     

    このサイトだと「joho-hashin.net/」というドメイン名(URL)で、これをお名前ドットコムで取得しています。

     

    ドメイン取得はお名前ドットコムでもいいですが、エックスサーバーを使うなら、エックスドメインをお勧めします。

     

    ドメイン取得が初めてならエックスサーバー内で、ドメイン取得したほうが簡単です。

    >> エックスドメインの新規取得手順

    ドメインをサーバーに設定

    取得した独自ドメインをエックスサーバーにひも付けするには、サーバーパネルに入ってドメイン設定の追加をします。
    エックスサーバーを申し込んだ際に、登録したアドレス宛にメールに送られてきていますよね。
    サーバーパネルログイン情報
    記載されている『サーバーパネル』ログイン情報にある、URLをクリックする。
    同じ通知メールの『Xserverアカウント』ログイン情報とは違うので間違わないでね。
    ドメイン設定の追加と同時に、無料独自SSL設定も追加されます。

    WordPressをエックスサーバー側でインストール

    エックスサーバーならWordPressをインストールするのはとても簡単です。
    ワードプレスインストール
    エックスサーバー管理画面から、「WordPress簡単インストール」で、WordPressブログの設置ができます。
    詳しい手順方法は

    WordPress(ワードプレス)に独自SSLを設定する

    次に独自SSLの設定をしていきます。

    この設定はサイト訪問者の通信を暗号化することで
    セキュリティの役割がある必須の設定です。 

    まぁ難しく聞こえるかも知れませんが設定はいたってシンプル!

    SSL化設定

    先ほど同じくサーバーパネル内の“SSL設定”から

    サーバーパネルssl化設定

    取得したドメイン名の「選択する」をクリック

    エックスサーバーssl化設定

    >> エックスサーバー公式ページ「無料独自SSL設定」解説

    SSL化をする意味・設定に付いて詳しく記事にしています。

    エックスサーバーでWordPress導入後にSSL化設定を3つの手順で解説

    WordPress 最低限の設定

    エックスサーバーでWordPressのインストールが済んだら、やっておきたい最低限の基本設定を済ませましょう。


    ブログ初心者がWordPressを始めるために必要な設定ですが
    必要最低限の設定をわかり易く解説している、「おひるねぽてこさん」の初心者ブログ塾が参考になります。

    エックスサーバーに代わる格安・高性能な他社のサーバーを見つけたので解約したい!

    エックスサーバーの登録・設置方法を解説してきましたが、他社でxserveに代わる「格安で高機能・安定性」に優れた
    レンタルサーバーを見つけたので解約したい。

     

    と思った方のためにXSERVERの解約方法を紹介します。

    解約手順

    エックスサーバー解約手続き

    XSERVERアカウントにログインして解約をクリックします。

    エックスサーバー解約

    サーバー解約:「詳細」をクリック
    ドメイン解約:エックスドメイン設定が済んでいる場合は必要
    SSL証明解約:オプション独自SSLをしている場合は必要

     

    解約に伴う注意

    10間無料申し込みに限る条件となります。

    1、支払い前のお申込みの解約は可能。(支払い済みの料金は返ってこない)

    2、解約に伴う料金は発生しない

    3、a8 セルフバックで契約した場合、一定期間の利用が無ければ報酬は受け取れない

    以上の点を踏まえて解約のタイミングを間違わないように。

    まとめ:ブログ初心者向けのエックスサーバーの開設手順

    如何でしたか。

     

    WordPressを始めるために、数ある中server業者の中でお勧めのエックスサーバーの開設手順を紹介してみました。

     

    ブログ初心者が、ブログを始めるために、サーバーやドメイン業者との契約は必須です。

     

    設定やWordPressのインストールも至って簡単に始められます。

     

    さらに、「ドメイン代」「サーバー代」もa8ネットのセルパックを使えば格安で取得できます。

     

    是非、WordPressブログ初心者なら、金銭的リスクが少ない方法で始められることをお勧めです。

     

    スポンサーリンク