アクセスアップに不可欠なピング送信

 

ブログを更新したり、新しい記事を投稿したら
いち早く検索結果として表示されたいものです。

 

そこでブログ・記事を更新した情報を知らせて
インデックスやアクセスを集めるための機能利用します。

 

その機能が【Ping送信】といわれ、
インターネット上にはブログやサイトの更新情報を集める
【Ping サーバー】と呼ばれるものが存在しています。

 

なぜ更新情報を送信するのか、
特にブログを始めて間もない時期は、

ブログ記事を書いても、
アクセスを集めることは難しく時間がかかります。

 

ネタを見つけて、書きだしに気を配り、
画像を取り込み記事をアップした。

 

しかし

「誰も訪問してくれない」

「誰も読んでくれない」

 

そんなブログ運営なんて、
やって居られないし嫌ですよね!?

 

そこで「ブログ更新や記事を追加しました!!」
なので検索結果として狙ったキーワードで表示して、
一人でも多くの人に自分のブログの存在を知らせるために必要になります。

 

いわゆるSEO対策の効果が得られるという設定をしておくことで、
Google や Yahoo などに

あなたのブログの更新情報を
素早くインデックス(認識して登録)してもらうことができる
仕組みを使うことです。

 

ただ一つ気をつけてほしいのがWordPressには、
最初から検索エンジンに あなたのブログの更新情報を、
インデックスしてもらうことが出来る機能が最初から備わっています。

 

デフォルトで備わっている便利な機能が
記事の新規投稿やリライトを行うたびに

Ping 送信をしてしまうため、場合によっては
スパム(迷惑)行為とみなされてしまう結果を招きかねないのです。

 

なので、スパム行為の危険性がなく
および管理が簡単にできる方法を解説していきます。

 

ping送信の管理及び設定には2つの方法があります。

 

まず1つはプラグインを使って設定方法と
Ping送信サービスを利用する方法です。

 

でこの記事では
プラグインを使った設定方法について解説をしていきます。

 

プラグインを使わないping送信方法の解説!

ping送信にPINGOOを使ってスパム判定の可能性を回避

 

WordPress Ping Optimizerプラグインで設定する方法

 

Ping送信のための【WordPressPingOptimizer】は
多くの方に使われているプラグインです。

 

ワードプレスの更新並びに
新記事を公開した時にPing送信をしてくれます。

 

プラグインの導入と設定をします。

 

①ダッシュボードから【プラグイン】⇒【新規追加】をクリック

 

新規プラグイン追加

 

【WordPressPingOptimizer】と入力してインストールをします。

 

プラグインの追加

 

【有効化】をします。

 

有効化

 

有効化が済んだら詳細設定をしていきます。

 

1:下記画像の①に送信先のリストを貼り付けます。
②にチェックしてPing送信を有効化
③の【Save Settings】をクリックして設定を保存します。

※送信先一覧は下に記載していますのでコピペで使ってください。

 

詳細設定

 

2:①【Save Settings】をクリック。

もし赤文字で表示された送信先があった場合は、
無効サイトの可能性があるります。

なので、数週間様子を見てエラー状態が変わらないようなら、
②Ping送信一覧から削除して、【SaveSettings】をクリックしましょう。

 

プラグイン設定完了

 

送信先リスト(2019年版)

 

コピペして使えますが、今回設定した送信先が、
この先ずっと有効とは限りません。

古い送信先も有るかも知れませんので
定期的にPing送信先の有効性を確認する必要があります。

もしエラーとなった送信先があった場合は削除してください。

 

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.blo.gs/
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.blogranking.net/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://ping.dendou.jp/
http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://taichistereo.net/xmlrpc/
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/hidmbp2r256f

 

以上がプラグインを利用したPing送信設定の解説となりました。

が仮にエラー表示された場合にはどうするのかの対処方法です。

 

エラーURLの対処方法

「WordPress Ping Optimizer」の設定画面にある、
「Print Log」の欄で確認をします。

 

そこに表示されるURLは、エラーとして帰ってきたもので、
一時的な可能性もありますが、

長く表示されている場合には
URLを消去した方がいいとも言われています。

 

消去方法としては、先ほどのPing送信一覧から
エラーとなったURLを削除するだけでOKです。

 

で、消去したら忘れずに
【Save Settings】ボタンをクリックしておきましょう。

 

以上でping送信のためのプラグイン、
WordPressPingOptimizerの設定の解説でした。

 

お疲れ様でした。