WordPreプラグインHead Cleanerですが、
このプラグインはページ表示の速度を高速化し
ソースを最適化するプラグインです。

 

このプラグインを導入することでタグを最適化してくれます。

 

このプラグインの設定は簡単に出来ますので早速始めてみましょう。

 

スポンサーリンク

 Head Cleanerの設定方法

 

赤枠①プラグインから赤枠②新規追加をクリック。
検索窓に「Head Cleaner」と入力。

 

 

検索窓に「Head Cleaner」と入力。

 

 

次に、「今すぐインストール」から「有効化」をクリックする。

 

 

 

次にダッシュボードから①設定⇒②Head Cleanerへと進みます。

 

 

「Head Cleaner」の表示されたページで、
下記の項目のみにチェックされている状態で保存します。

 

・CSS と JavaScript を、サーバ上にキャッシュする。

・複数のCSS を結合する。

・CSS を最適化する。

・複数のJavaScriptを結合する。

・JavaScriptを小さくする。

・フッタ領域のJavaScript も対象にする。

・<head>内のJavaScriptを、フッタ領域に移動。

・Google Ajax Librariesを利用する。

・メタグ “generator”を削除。

・リンクタグ  “RSD” を削除。

・リンクタグ “wlwmanifest” を削除 。

 

 

各項目のチェックを付けて「更新」をクリックして
設定の完了となります。

 

 定期的なキャッシュファイルの削除方法

 

次の画面をスクロールして、
赤枠①「キャッシュファイル削除」の項目をクリックして下さい。

 

 

以上で削除方法をお伝えしました。

 

 Head Cleanerの不具合が出た場合の対処方法

 

たまにあることですが、
導入しているプラグインや使っているテンプレートによっては

Head Cleanerによって、レイアウトがぐずれたり、
表示に不具合等が出る場合があります。

 

その場合の対処する方法があるのですが、わかりにくい場合は、
Head Cleaner自体を無効、削除して対処しましょう。

 

まとめ

 

ブログの表示速度はかなり重要です。

 

ページ表示が遅いと読者の離脱率が高まり、
SEO的にも不利益を被る場合もありますので、
定期的にキャッシュの削除をオススメします。

 

スポンサーリンク