スポンサーリンク

 

 

ブログ記事には画像を貼り付けることは必須なことです。

 

文字一辺倒よりも画像が入る事で、
文章を読みやすくなる効果が高くなります。

 

そこでEWWW Image Optimizerを設定して
ブログ記事に画像を取り入れていきます。

 

今回は、EWWW Image Optimizerの設定と使い方を解説します。

 

スポンサーリンク

 EWWW Image Optimizer とは

 

このプラグインは表示速度を高速化するためのものです。

 

ブログの画像などの表示速度は結構重要なもので
訪問者ばかりでなくSEO的にも影響があるものです。

 

検索結果で訪れたブログの表示が遅いとイライラしてブログを閉じます。

 

訪問者をイラつかせるなど、ブログで稼ぐ以上マイナスにしかなりません。

 

ということで「EWWW Image Optimizer」の設定を行っていきます。

 

 EWWW Image Optimizer設定方法

 

プラグインから新規追加をクリックし
「EWWW Image Optimizer」と入力し、

 

赤枠①「今すぐをインストール」をクリック。

 

 

赤枠①の「有効化」をクリックする。

 

 

次にダッシュボードから赤枠①の「設定」か
②の「EWWW Image Optimizer」をクリックします。

 

 

EWWW Image Optimizerの設定画面の「変更設定」タブをクリックして、
赤枠「コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れ「変更を保存」クリックします。

 

 

これで設定は完了です。

 

スポンサーリンク

EWWW Image Optimizerで画像最適化をしてみる

 

EWWW Image Optimizerの設定が終わったので、
過去に記事内のアップしている画像の圧縮をしてみましょう。

 

ダッシュボードから赤枠①「メディア」⇒②の「一般最適化」をクリック。

 

 

次に赤枠①の「最適化されていない画像をスキャンする」をクリックして、
スキャンが完了するまで少し待っていましょう。

 

 

スキャンが終わると下記画像のように表示されます。
赤枠の「完了」と表示されたら画像の圧縮は終わりです。

 

 

現在のEWWW Image Optimizerはバージョンアップが繰り替えされていて、
過去から比べるとかなり設定が簡単になっていますね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

EWWW Image Optimizerの設定方法と使い方について解説しました。

 

このプラグインも
必ずインストールして設定しておくものです。

 

設定も難しくないので、
WordPress運営に役立ててください。

 

スポンサーリンク