スポンサーリンク

WordPress Plug in

無料で誰でも簡単に使えてホームページ作成ができるソフトWordPress(ワードプレス)」

プログラミング知識が無くても自由にカスタマイズができ、世界で唯一のオリジナルサイトを作ることができます。

世界でたった一つのオリジナルサイトを作り上げるためにスマホで例えるところのアプリ(ソフトウェア)を使うこと。

文章表現ができる基本的環境に「文字装飾」「動画・画像」「音楽配信機能」などプラグインを導入することで新しい機能を追加できます。

スポンサーリンク

プラグインの多用は注意が必要

ワードプレス拡張機能プラグイン

無料で使えて、自由度が高いWordPressです。

他との差別化のためや、ご自身が使いやすく運営する目的でプラグイン導入は役立ちます。

しかし、プラグインは非常に便利な反面、多用することの弊害があります。

  • サイトの表示速度が遅くなる可能性がある。
  • セキュリティ面でスキができる。

といった心配がおきます。

必要最低限のプラグイン

プラグインの数を少なくWordPress初心者がサイト運営で最低限導入しておくべきお勧めの代表的なプラグインが5つ

  1. 不正ログイン・アクセス、に対するセキュリティ対策。
  2. 記事作成・装飾を簡単におこなえる。
  3. サイト表示速度を改善させる。
  4. 仕事依頼・訪問ユーザーの意見が聞けるお問合せフォームの設置。
  5. アクセスを集めるためのプラグイン。

サイト改善・ビジネスの加速など、より便利でサイトを快適に運営するために以上の5点は最低限必要です。

スポンサーリンク

まずプラグインを導入する時の注意点

  1. プラグインの多用は、サーバへの負担増。ブログの表示速度が遅くなるなど、SEO的にマイナスになる可能性がある。
  2. プラグイン更新がないものは基本導入しない。
  3. ネット上でお勧めと紹介されているプラグイン全部を信頼して導入してはいけない。
  4. 使っているテーマやプラグイン同士の相性によりサイト表示ができないなど様々な弊害を生むことがある。

以上の点を踏まえてお勧めするプラグインを解説していきます。

WordPress記事編集画面を旧エディターに戻す【Classic Editor】プラグイン

投稿編集画面旧クラシックエディター

WordPressを旧エディターに戻すClassic Editorプラグイン

Classic Editor 公式ページ

>> Classic Editorプラグインの導入と設定方法を詳し手順について解説しています。

WordPressバージョン5へのアップデートに伴い、ブログの編集画面が変わってしまい使い難くなりました。

新しいエディターが使いづらいとの声も多数ありますね。

そこで旧エディターに元に戻す方法がClassic Editorプラグインの導入で旧エディターに戻すことができます。

※ Classic Editor のサポートも2022年以降も継続されると言う情報もあります。ただ、サポートが終了することも考えられるので、新ブロックエディター に慣れているといいと思いますよ。

ブログ記事を見やすく読みやすくする文字・文章装飾ができるプラグイン「Advanced Editor Tools」

>>「Advanced Editor Tools (旧TinyMCE Advanced)」の設定を詳しい解説しています。

文字装飾ができるプラグインとして「TAdvanced Editor Tools」は有名です。

「Advanced Editor Tools」プラグインですが、ツールバーに機能を拡張でき「フォントサイズ」「太字テキスト色」「番号あり・なしリスト」「テーブル」などのメニューボタンが増やし、書き込む手間を省けます。

ということから記事作成の効率が高まるので、快適にコンテンツ投稿ができるようになります。

セキュリティ対策プラグイン2選

誰でも簡単にサイトが作れるWordPressです。

便利で機能性に優れ自由にカスタマイズできるWordPressですが、プログラム上の欠点があって、様々な脅威にさらされています。

プログラム上の代表的な欠点にセキュリティ的な弱点があります。

そこでWordPressサイトを立ち上げたならセキュリティ強化をしておきましょう。

1:ユーザー名ログインIDを隠すプラグイン「Edit Author Slug」

ユーザー名がURLに表示されることを防ぐプラグイン「Edit Author Slug」です。

WebサイトのURLの末尾に「/?author=1」と追加してアクセスしてみてください。

するとユーザー名が表示されます。

ユーザー名表示
Edit Author Slugプラグイン導入前の状態:ユーザー名表示

ユーザー名:IDが解ればあとはパスワードを盗むための総攻撃。

任意のユーザー名表示
Edit Author Slug導入後の任意のユーザ名として表示

その結果サイトが乗っ取られてしまう可能性があります。

「不正アクセス」「ハッキング」「WordPressサイト改ざん」などの被害にあわない為にも、サイトを守りたいものです。

そこでユーザー名表示を未然に防ぐEdit Author Slugプラグインをお勧めします。

2:不正ログイン防止のためのプラグイン「SiteGuard WP Plugin 」

>> 「SiteGuard WP Plugin」プラグインの使い方と設定方法を詳しく解説しています。

続いて不正ログイン防止のための代表的なプラグインです。

ワードプレスの管理画面・ログイン画面の保護を目的として、WordPress初心者でも、簡単にセキュリティ対策ができる有名なプラグインです。

多くのWordPressブログ運営者も「SiteGuard WP Plugin」を導入してセキュリティ対策をされています。

WordPressの表示速度を高速化するプラグイン2選

サイトの表示速度が遅いと訪問者の離脱率が高くなります。

その結果SEO的にマイナスになり、アクセスや収益に影響がでることや、読者にとって使い勝手の悪いサイトと評価されてしまいます。

WordPressの表示速度が遅くなる原因は

  1. 画像が重い/大きい
  2. キャッシュ(貯蔵されたデーター)の数が多い
  3. ソースコード(HTML・CSS・JavaScriptなどのコード蓄積量)
  4. その他はサーバー側の問題
  5. リビジョンの蓄積(執筆・編集された記事データの蓄積)

などが主な原因となります。

そこでWordPressの表示速度を改善するお勧めのプラグインを紹介していきます。

1.  画像の自動圧縮・リサイズしてくれる「EWWW Image Optimizer」プラグイン

>>「EWWW Image Optimizer」プラグインの導入・設定を詳しく解説しています。

画像の圧縮・大きさを変えてくれて、読み込みを最適化してくれるのが「EWWW Image Optimizer」プラグイン。

画像の容量や重たい画像を圧縮・サイズ縮小して表示速度をUPしてくれます。

特にスマホで撮った画像は容量が大きく・重いため表示速度に影響がでるで使わない方がいいです。

画像を自動的に圧縮・リサイズしてくれるプラグインです。

2. 画像の遅延読み込みしてくれる「a3 Lazy Load」プラグイン

記事をスクロールした時に画像を遅らせて表示させてくれるプラグインです。

近年、画像・動画をたくさん使う記事が増えています。

読者がページを表示しようとする時に記事内の画像・動画が同時に表示しようとします。

それにより記事表示が遅くなるわけです。

なので、記事の表示速度をスピードアップさせるために画像の遅延読み込みが必要となります。

そこでお勧めするのが画像を遅延読み込みできる機能の「a3 Lazy Load」プラグインです。

表示速度はSEO(検索エンジン)にマイナス評価とされる要素なので導入は必須です。

キャッシュ系にお勧めプラグイン「WP Fastest Cache」

サイト表示速度改善プラグイン

キャッシュ系プラグイン「WP Fastest Cache」

「WP Fastest Cache」公式ページ

日本語化対応キャッシュ系プラグイン「WP Fastest Cache」

ブログの表示速度が遅くイライラを改善してくれるプラグイン。

結果、検索ユーザーの利便性やSEO的評価も高まるので是非導入しておきたいプラグインです。

キャッシュというのは

一度利用したことのあるサイト情報(画像やファイル・データ)を一時的にキャッシュとしてハードディスクに保存しておく仕組みのことです。

次回サイトに訪れた際に、高速に開けるようになるので訪問者にとって便利なのですが、サイト運営側としてはファイルやデータの蓄積によりサイトの表示が遅くなってしまいます。

そこで蓄積されたキャッシュを綺麗にしてくれるプラグインが「WP Fastest Cache」です。

WordPressリビジョン削除のプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」

投稿編集の下書き削除プラグイン

Optimize Database after Deleting Revisions

「Optimize Database after Deleting Revisions」公式ページ

WordPressには、記事投稿時に更新前のデータを自動で保存しておく機能が備わっています。

過去に編集した記事を復元したい時に便利ですが、下書きのデータベースにゴミとして溜まりサイトが重くなってしまいます。

そんな時に一瞬で削除してくれるお勧めするのが「Optimize Database after Deleting Revisions」プラグインです。

「Optimize Database after Deleting Revisions」プラグインの導入と設定はいたって簡単!!

設定画面の中の「最適化を実行」ボタンをクリックすれば完了です。

ついでにデーターベースの最適化もできるので、設定しておきましょう。

お問い合わせフォームプラグインContact Form 7

>>【2020年最新】Contact Form 7導入・設置から使い方を解説

ビジネスの案件のお問い合わせだったりユーザーから質問・疑問など、運営者に問い合わせがあります。

そんな時、問い合わせ手段が無ければ、折角のビジネスチャンスの機会を損失してしまいます。

そんな勿体ないことにならいためにもお問い合わせフォームの設置は必須です。

そこでお勧めするのが「Contact Form 7」プラグインです。

基本的な設置・使い方は簡単にできるので、WordPress初心者でも、簡単にお問い合わせフォームが作成できます。

【最新】Invisible reCAPTCHA v3

リキャップホーム画像

Invisible reCAPTCHAv3

Google reCAPTCHA公式ページ

>> Contact Form 7と一緒に導入しておきたい【Invisible reCAPTCHA v3】設定と使い方を詳しく解説しています。

Googleが提供しているサービスの1つ。お問い合わせフォームと同時に設定した置きたいスパム対策のお勧めプラグインです。

botによる攻撃を防ぎ、スパムメール対策として有名なプラグインです。

意味不明なメールや荒らしを目的としてお問い合わせなど…….

それらを一つ一つを削除するのは面倒なので最初から受け付けない様にする。

面倒な作業をしなくてもいいように、「Invisible reCAPTCHA v3」で対策をしておきましょう。

WordPress バックアップ用プラグイン【BackWpup

バックアップのためのプラグイン

バックアップ用プラグインBackWpup

BackWpup公式ページ

>> 設定も簡単!自動でバックアップをとってくれるプラグイン「BackWPup」の導入・設定を詳しく解説しています。

万一のデータ喪失などのリスクに備えておく必須のプラグイン「BackWpup」

簡単な設定でWordPressのデータを定期的に自動でバックアップが取れ、不測の事態でデータが消えてしまっても、また復元できる便利なプラグインです。

常日頃からWordPress運営をしていくうえでバックアップを取っておくことは当然の備えです。

WordPress初心者なら特に導入しておくべきプラグイン!

スケジュールも自由に設定でき、自動でバックアップが取れるので、作業軽減につながるので導入は必須です。

WordPressサイト内のリンク切れチェックプラグイン「Broken Link Checker」

検索で訪問してくれた読者が、サイト内のリンクをクリックしたら404エラーと表示されアクセスできなかった。

そんなことになったら…..

読者をがっかりさせてしまい二度目の訪問は無くなってしまいます。

さらにSEO的にも影響がでて順位が下がってしまうことがあるので、サイト内のリンク切れを起こさない様にしたいもの。

しかしサイト内に貼ったリンク切れを知らべるのって、意外と困難なんですよね。

そこでリンク切れの対応をいち早くするためにリンク切れチェックしてくれるプラグインを導入しておきましょう

で、お勧めしたいのが「Broken Link Checker」プラグイン。

紹介する「Broken Link Checker」プラグインは、初心者・上級者関係なく、設定と使い方はとても簡単にサイト内のリンク切れを検出してくれます。

ユーザーの行動を可視化できる「Aurora Heatmap」プラグイン

サイト訪問者がコンテンツの「どの部分のリンクをクリック」しているか、「どの部分で離脱」しているかなど可視化することができます。

クリックしている箇所が色として把握できることで、サイト改善に利用できます。

読者・検索エンジンに必須のサイトマップ生成「PS Auto Sitemap」プラグイン

サイトマップ生成には

1:“サイト内”の訪問者に関連記事を探しやすくする。
2:“検索エンジンにいち早くクロール”してもらう為のもの

といった二通りがあります。

サイトマップ生成することで読者や検索エンジンにサイト内の情報をわかりやすく伝えることができる地図のようなものとなります。

WordPressブログを運営していく以上サイトマップは必須なので設定しておきましょう。

サイトマップ作成プラグイン「PS Auto Sitemap」

サイトマップ作成プラグイン

「PS Auto Sitemap」はWordPress内の投稿ページ・固定ページ一覧を表示してくれるプラグインです。

設定作業はとても簡単で、新しい記事を公開した時に自動的に検索エンジンに認識してもらうために必要なプラグインです。

サイト内のコンテンツを探しやすくして、利便性を高め検索ユーザーの滞在時間を増やし、SEO評価をあげるために設置しましょう。

Google検索エンジンにすかさずインデックスさせるプラグイン2選

Webサイトの更新や記事投稿すると瞬時に検索エンジンにインデックスしてもらうプラグイン2選

代表的なプラグインが「Google XML Sitemaps」「PubSubHubbub」です。

一刻も早くブログ記事を検索エンジンに認識してもらいGooglebotの巡回を促すためにも導入しておきたいものです。

1:Googleクローラーに早い巡回を促す「Google XML Sitemaps」サイトマッププラグイン

設定作業はとても簡単ですが、グーグルサーチコンソールにサイトマップを追加する必要があります。

Search Consoleへの登録と、サイト内の各ページのURL・リストなどをXMLサイトマップとして検索エンジンにインデックスさせる設定。

2:WebSub/PubSubHubbubプラグイン

Google側にブログ記事更新をリアルタイムで通知して、素早くGoogleにインデックスさせるためのプラグインです

インストール・有効化だけでOKの設定は必要ありません!

一度、有効化しておけばリアルタイムで、Googleにインデックスさせることができるようになります。

まとめ

WordPressが初心者ブログを簡単・便利に使っていくためにプラグインはとても便利です。

プラグイン数も無数にあって様々な拡張機能のものがあります。

なので、どれを選択していいのかと迷ってしまうでしょう。

そこで本記事では、「セキュリティ強化」「SEO評価のマイナス」「ビジネスチャンスの機会損失」などに対処したプラグインの紹介としました。

さらに、お使いのWordPressテーマ(テンプレート)によっては、今回紹介したプラグインに代わる機能が元々実装されている場合があります。

その様な場合は本記事で解説したプラグインの導入は避けてください。

また自分の目的に合わないと思ったプラグインは 削除することをお勧めします。

スポンサーリンク