スポンサーリンク

投稿編集画面旧クラシックエディター

ワードプレス5.0バージョンから、グーテンベルク(Gutenberg)という新しいブログの編集画面に変わってしまった。

初めて見る投稿画面で戸惑ってしまう方も多くいるようです。

あまりに変わりすぎのため、旧エディターに戻す方法はあるのか??と検索する人も多いです。

そこで本記事では、WordPressを新規インストールし、更新したら編集画面の変わりように驚いてしまった初心者さんが旧エディターの戻す方法を解説します。

ちなみに、導入・設定そのものは「超簡単」です。

スポンサーリンク

WordPressの新エディターGutenberg(グーテンベルク)と旧エディター(クラシックエディター)の違い

WordPress5.0から新しく変わったグーテンベルクエディター(Gutenberg Editor)

これまでのクラシックエディター(ビジュアルエディターやテキストエディター)に慣れ親しんだ人には記事投稿に少し戸惑ってしまいますね。

旧エディター、word”“テキストエディター”を使う感じで記事作成ができたのに・・・・(・_・。))

「ブロック」毎で編集するグーテンベルクエディターということも有り、この点に違和感があるのでしょう。

Gutenberg(グーテンベルク)は従来のエディター機能も使える。

旧エディター(クラシックエディター)に戻すプラグイン「Classic Editor」

クラシックエディタープラグイン

プラグイン ⇒新規追加 ⇒キーワード「Classic Editor」⇒有効化しましょう。

以上で設定完了です。固定ページや投稿の編集画面を開いて、元のエディターに戻って入ればOKです。

スポンサーリンク

Classic Editor の設定と旧エディターに戻す手順

従来のエディター機能も含まれているということで、プラグインのインストール後、「Classic Editor」「Gutenberg」を簡単に切替が可能です。

ワードプレス管理画面
  • WordPress管理画面⇒設定⇒投稿設定
「旧エディター:クラシックエディター」
「新エディター:ブロックエディター 」
新・旧エディター名

Classic Editor は公式な WordPress プラグインであり、少なくとも2022年まで、または必要なくなるまでの間、完全にサポート・保守されます。

引用元: WORDPRESS.ORG 日本語

2・3年後の話ですが、2022年以降Classic Editorもサポートの継続や廃止になるのか現時点ではわかりませんので、その間に 「Gutenberg」に馴れしたんでおきましょう!!

まとめ:Gutenbergは使い難い!?とおもったら Classic Editorで旧エディターに戻しましょう

いかがでしたでしょうか。今回はワードプレス5.0になり「Gutenberg」に戸惑った人もいるでしょう。

見慣れない投稿編集の画面なので使い方もよくわからなく困ってします。

そんな時にプラグイン「Classic Editor」を導入して従来のエディターに戻す方法があり、本記事で紹介しました。

2019年ワードプレス5.0にリリースされた時期は機能も使い方の情報も少なく、ブロックエディターグーテンベルクを使ってきませんでした。

しかし、2020年に入りyoutubeやコンテンツなど様々なシーンで詳しい解説情報が手に入るようになったお陰で導入の壁も低くなりましたね。

使ってみると意外と簡単です。この機会にブロックエディターを是非利用してみてください。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

【初心者向け】「Gutenberg(グーテンベルグ)」の基本的な仕様と操作方法

参考:「Gutenberg(グーテンベルグ)」の詳しい使い方が解説されていて参考になりました。
スポンサーリンク