スポンサーリンク

バックアップのためのプラグインBackWPup

今回は、WordPress(ワードプレス)をバックアップするときに定番のプラグイン「BackWPup」の設定と使い方を解説します。

  • この記事でお伝えする内容。
  • BackWPupでできること
  • BackWPupのインストールと設定・使い方。
  • BackWPupで取得したバックアップの復元方法。
スポンサーリンク

WordPress バックアッププラグインBackWpup の解説

ワードプレスでブログを運営していて、「突然電源が落ちたり、変なところをいじってファイル・データーがきえてしまった!」とちょっと怖い思いをすることがあります。

そんな不測の事態でヒア汗をかかないためにWordPressを導入したら、必ずバックアップを取っておくことをおすすめします。

この記事で紹介する「BackWpup」プラグインでは、サーバーやデータベースの双方を簡単にバックアップがとれる便利なプラグインです。

そこで初心者でも簡単な設定で定期的に自動でバックアップをとれるので手順通りに進めてください。

「BackWPup」の機能でできること

  1. サーバー上のデータとデータベース上のデータのバックアップが可能
  2. あらかじめセットしたスケジュールで自動バックアップする
  3. 手動と自動でバックアップ可能
  4. バックアップしたデータはオンラインストレージ(Dropboxなど)と連携可能
スポンサーリンク

「BackWPup」のインストール

まずは管理画面からプラグイン「BackWpup新規追加ボタンでインストール有効化します。

サーバー内のデーターのバックアップをとるためのジョブ作成

BackWPupプラグインのインストールと有効化が終わったら、バックアップジョブを作成します。

管理画面のBackWPupにマウスをあてるとメニューが表示されます。

バックアッププラグイン内容

メニューの中の「新規ジョブを追加」をクリック。

バックアッププラグイン新規ジョブ作成

BackWPup › ジョブ: 新規ジョブといった設定項目が示されるので、各タブの設定へと進みます。

バックアッププラグイン新規ジョブの表示

一般タブの設定

まず最初に一般タブの設定です。

一般設定タブ
1.ジョブの名前「任意のお好きな名前でOK」

2.このジョブは…「ファイルのバックアップ」をチェック

ジョブ一般設定

3.アーカイブ作成「Zip」を選択。

ジョブファイル保存先設定

4.バックアップファイルの保存先設定「フォルダ―へバックアップ」にチェック

ジョブファイル保存方法

設定を保存をクリック

スケジュールタブの設定

次にバックアップスケジュールの設定をします。スケジュールタブをクリック。

バックアッププラグインのスケジュール設定

スケジュールには「自動」「手動」とがあり、手間を省きたい方は、「WordPressのcron」がお勧め。

スケジューラーの種類:基本を選択

スケジューラー:任意のスケジュール設定でOK。

宛先:フォルダータブの設定

つぎに、保存先となるフォルダーの設定です。

宛先フォルダーの設定

一般タブの設定で、「フォルダーへのバックアップ」を選択した場合に表示されるタブです。

設定はシンプルで、バックアップを格納するフォルダーの名前とフォルダー内に保持するファイルの数を設定します。

フォルダーの名前は他と区別がつくファイル名にしておくと探す手間が省けます。
保存するファイルの“数はデフォルトの15”のままでOK。

以上でサーバー内のバックアップ設定が完了しました。

データベースのバックアップを取るためのジョブの作成

次に紹介するのはサーバー内のデーターのバックアップ設定です。

設定方法はサーバーのバックアップと同じです。

まずは一般タブから設定を行なっていきます。

一般タブの設定

サーバーのデータバックアップと違うチェック箇所は、「データベースのバックアップ」「インストール済みのプラグイン一覧」にチェックを入れるだけです。

データーベースジョブの一般タブ設定

スケジュールタブの設定

こちらは「ジョブの開始方法」は先ほどと同じで「WordPressのcron」を選択します。

データベーススケジュール設定

先ほど違う設定は、スケジュールの項目を毎日にチェックをして設定しておきましょう。

記事の更新頻度に合わせたスケジュール管理となりますので「毎日」に設定をしましょう。

宛先:フォルダータブの設定

データベース宛先フォルダーの設定

こちらのフォルダータブの設定ですが、サーバーバックアップの設定と同じく任意の名称を設定でOKです。

ファイルを削除:毎日の記事更新をしているなら、ひと月30日ととして30にしておきましょう。

その他のタブ「DBバックアップ」「ファイル」「プラグイン」は設定不要

DBバックアップタブ、ファイルタブ、プラグインタブは、基本的に設定不要です。

その他のフォルダー設定は不必要

設定完了後、初の手動でバックアップを取ってみよう

自動バックアップの設定が完了したので、実際に手動で今すぐバックアップを取ってみましょう。

では管理画面左下の「BackWPup」のダッシュボードからの手動でバックアップをとる方法を解説します。

バックアップ方法には2種類あります。

バックアッププラグインのダッシュボードからジョブ実行

画面の赤枠3「作成したジョブ」を実行をクリック。

管理画面からジョブを実行

「BackWPup」のジョブをクリックする方法です。

どちらも基本設定のジョブが一覧で表示されます。

バックアップジョブ設定の実行

作成したジョブにマウスをあてて表示された赤枠の「今すぐ実行」でバックアップが取れます。

作成したジョブを実行

バックアップの実行後に完了した画面表示です。

以上で手動によるバックアップは完了です。

バックアップファイルのデータ管理

PC内に保存する方法と「Dropbox」に保存する方法があります。

PC内の保存方法は管理画面の「BackWPup」⇒「バックアップ」を選択。

バックアップファイル保存先

バックアップファイルの「Download」でPCにダウンロードすることができます。

Dropboxに保存したい場合には、バックアップジョブの一般設定内の、保存先をdropboxを保存先の設定にします。

Dropboxに保存する場合は:開設済みの方はそのままで。
登録が未だの方は新規アカウント登録をしましょう。

参考サイト:Dropbox(ドロップボックス)のアカウント登録から使い方について詳しく解説されています。
社員ブログ

まとめWordPress バックアッププラグインBackWpupの設定と使い方の解説

今回WordPressのサイトをバックアップのためのプラグイン「BackWPup」の使い方と設定の紹介です。

記事作成途中でデータ消えてなくなった。

など運営者にとって、悔やみきれない痛手となってしまう不測の事態に、事前に備えて置く必要があります。

時間や労力が一瞬で水の泡になってはもったいないです。前もってバックアップをとっていれば安心できるので、

このことはパソコンデータも然り。WordPressのデータも常日頃から、万が一不慮のトラブルに見舞われても安心できるようにバックアップをとっておきましょう。

スポンサーリンク