WordPressプラグイン 「Lazy Load」、
このプラグインは、ページを表示してから
画像を読み込み表示スピードをアップのためのプラグインです。

 

EWWW Image Optimizer同様、
ブログの応答を早くしてくれるために必須です。

 

このプラグインを設定することで
画像が読み込まれてからページが表示されるまでの
表示速度がかなり変わります。

 

そんな画像の遅延はSEO的にも
不利益を被ると言われています。

 

それで必須な導入となります。

またLazy Loadの設定や使い方は、
至って簡単にできます。

 

それでは、Lazy Loadのインストールを始め
使い方と設定する方法を解説していきます。

 

スポンサーリンク

Lazy Load のインストール

 

WordPressのダッシュボードから、「プラグイン」⇒「新規追加」をクリック。

 

 

 

プラグイン追加に「Lazy Load」と入力。

 

 

 

Lazy Loadの赤枠①「今すぐインストール」をクリック。

 

 

次に①の「有効化」をしましょう。

 

 

Lazy Load の設定の編集

 

基本的に他のプラグインのような設定項目がありませんが、
少しだけ設定することがあります。

 

では設定の編集をして行きます。

ダッシュボードから「プラグイン」⇒「プラグイン編集」をクリック。

 

 

プラグイン編集の画面に移るので、右側にある①プラグインファイルの中から
②「lazy-load/js/lazy-load.js」を選択します。

 

 

「lazy-load/js/lazy-load.js」の中の「distance:200」を変更します。

この赤枠の数字を「200」から「400」に変更したら下の「ファイルを更新」をクリックします。

 

 

これで「Lazy Load」の編集は完了です。

お疲れさまでした。

 

まとめ

 

画像の遅延読み込みをする
プラグイン「Lazy Load」の使い方と設定方法でした。

 

一部、 SEO的に不向き?なプラグインとの話もありますが、
結論としてマイナスな影響はないですから安心して下さい。

 

スポンサーリンク