これから半永久的に稼ぐ資産ブログ構築のために
WordPressブログに設置するべきコンテンツについてお伝えしていきます。

 

訪問した読者がブログをみて混乱するようなコンテンツ配置では、
有益な情報を発信していても再度読者の訪問が望めません。

 

よって、バランスもさることながら、
読者にとって情報を探しやすい適切なコンテンツの設置です。

 

スポンサーリンク

ブログタイトル

 

まず、お店の看板ともいえるブログタイトルは必要です。

 

ブログ運営を始めた目的がありますよね。

 

読者に対してどんな専門的知識や情報を提供していくのか

 

それを元にブログの方向性を
決めているとおもいますので、
軸となる考えがブログタイトルとなります。

 

ヘッタ―画像を付けるか

 

もし、ヘッタ―画像の設置を考えているのなら、
ヘッタ―画像にキャッチコピーを付けます。

 

ヘッダーのキャッチコピーは、
ブログに訪れた人がまず真っ先に目に入る部分です。

 

ブログ全体の顔になりますので、
訪問者の興味を引く画像及び言葉を考える必要があります。

 

キャッチコピーを考えるのは大変だと思いますので、
あなたが他人のブログに訪れて気になるヘッダー画像とコピーを
参考にしてみることをおすすめします。

 

ただ一つ注意することは、
ブログ全体の軸と目的とかけ離れるような
コピーにならないように気を付けることです。

 

ブログ説明文を決める

 

ブログタイトルを更に詳しく説明する文章を用意する必要があります。

 

この時に重要になるのが、先頭にメインとなるキーワードを持ってくること。

 

ただし、あくまでも日本語として違和感がないことが前提です。

 

柔軟な発想でキャッチコピーを考えてみることです。

 

メニュー・サイドバー・フッターに必要なものを配置

 

まずブログテンプレートのカラムをどうするかを決める。

 

2カラム、3カラムとがあるので、個人の好みがあります。

 

僕は、情報量の多い3カラムを見たときに、
ゴチャゴチャ感があると思い2カラムを選択しています。

 

よって、この記事では2カラムでの説明となります。

 

3カラムを検討中の方・・すみません~。

 

では、設定に進みます。

 

右サイドバーの設定

 

上から

 

  1.  プロフィール
  2.  お問い合わせ
  3.  検索
  4.  人気記事一覧
  5.  カテゴリー
  6.  最近の投稿
  7.  アーカイブ
  8.  メタ情報

 

と、うえから順番にならべて配置します。

 

1、プロフィールには簡単な説明文と画像

 

プロフィール画像について、
可能な限り実際の本人自身の写真がいいですが、
アニメ的な画像やアバタ―などを使用する場合もあります。

 

画像に使う写真ですが、
個人的な意見として「どちらでもいいです」ので
ご自身で判断してください。

 

2、お問い合わせ

 

お問い合わせのイメージ画像と
簡単な文言をつけリンクを貼っておきます。

 

3、フッター

 

左にプロフィールかお問い合わせ

 

中央にカテゴリー

 

右に最近の投稿

 

上記のように設置しますが、
利用するテンプレートによって違いがあるので、
柔軟に応用してもらっても構いません。

 

4、グローバルナビケーション

 

グローバルナビケーションのメニューを設定します。

 

左から、

 

  •  トップページまたはホーム
  •  メニューまたはサイトマップ・目次など
  •  お問い合わせ

 

ここでも、お手元にあるテンプレートによっては、
すでに設置済みの場合もあるようですので、
必要ないものは設置する必要はありません。

 

プラグインを利用して設定する

 

ここでは、先にあげたコンテンツ設定に必要な
最低限のプラグインについてお伝えしていきます。

 

PS Auto Sitemap プラグイン

 

グローバルナビケーションのメニューまたはサイトマップは
「PS Auto Sitemap」プラグインを使います。

 

テンプレート次第で改めて設定する必要が無ければ飛ばしてください。

 

次に、Googleサイトマップです。

 

このサイトマップはGoogleにインディクスさせ
SEO的に必要なので、登録だけ済ませましょう。

 

サイトマップの登録

http://www.seotemplate.biz/blog/seo-tool/578/#fgw01

上記のURLをみて登録を済ませてください。

 

ここまでの設定を「固定ページ」で作成して置く物が
「サイトマップ」「問い合わせ」「プロフィール」などです。

 

ContactForm7プラグイン

 

お問い合わせフォームにはContactForm7

のプラグインを使って設定します。

 

ただ、お好みのお問い合わせで使えるプラグインがあれば
そちらを利用してみるといいです。

 

All in One SEO Packプラグイン

 

All in One SEO Packプラグインをインストール有効化して、

 

  •  記事タイトル(ホームタイトル)
  •  ブログ説明文(ホームディスクリプション)
  •  キーワード(ホームキーワード)

 

を設定していきますが、キーワードについては
2~6個までとして設定しましょう。

 

EWWW Image Optimizerプラグイン

 

このプラグインは投稿された画像を自動的に圧縮します。

 

Disable pngout

Remove metadata

Hide Conversion Links

 

の3箇所だけにチェックして保存をし、
残りのチェック項目がデフォルトで付いていたら
チェックを外して置く。

 

圧縮をされたかを新規投稿画像を確認するには

 

「ダッシュボード」
  
「メディア」
  
「ライブラリ」

 

の順でページの各画像の「Image Optimizer」に表示されます。

 

過去の投稿画像の圧縮は

 

「ダッシュボード」
  
「メディア」
  
「Bulk Optimize」

 

このページ「Optimize Media Library」に、
「Start Opimizing」をクリックすると過去の画像が圧縮されます。

 

そうすると、「Finished」と少し時間がかかりますが、
表示されまで消さずに置いておきます。

 

「Optimize Everything Else」
テンプレートに組み込まれている画像を圧縮します。

 

画像が交錯化に影響しますので、
画質を極力落とさずに圧縮するにはこれがいいと思います。

 

Lazy Loadプラグイン

 

このプラグインは、ページを表示してから
画像を読み込むプラグインです。

 

これはインストール有効化するだけで設定は必要ありません。

 

Head Cleanerプラグイン

 

ソースを最適化するプラグインです。

 

「ダッシュボード」
  
 「設定」
  
「Head Cleaner」

 

の順で開いていき

 

  • CSSとJavaScriptをサーバー上にキャッシュする
  • 複数のCSSを結合する
  • CSSを最適化する
  • 複数のJavaScriptを結合する
  • JavaScriptを小さくする
  • フッタ領域のJavaScriptも対象にする
  • <head>内のJavaScriptをフッタ領域に移動
  • Google Ajax Librariesを利用する
  • メタタグ“ generator”を削除
  • リンクタグ“RSD”を削除
  • リンクタグ“wlwmanifest”を削除

 

上記の項目のみ、チェックされている状態にして保存して下さい。

 

Head Cleanerによって、表示に不具合等が出た場合には、
Head Cleaner自体を無効、削除しましょう。

 

同じページの

<head>部で有効なJavaScriptにあるURLで、
「jquery」という文字列のあるURLの「フッタに移動」に

 

チェックが付いている場合は、
表示不具合の原因となるのでチェックを外して置く。

 

同じページの「キャッシュファイルの削除」は、
気付いたときでいいので削除するようにしましょう。

 

プラグイン導入により、表示不具合がでる場合があります。

 

その原因は他の導入済みのプラグインとの影響や
テンプレートの影響も考えられるので、

 

高速化プラグインは重要なので、
それ以外のプラグインを一つひとつ確認して
影響しているプラグインを探しみます。

 

必要に応じては無効か削除しましょう。

 

WordPress Popular postsプラグイン

 

右サイドバーに「人気記事一覧」を自動表示するプラグインです。

 

これは、クリック率の高い、
とても重要なものですので必ず使うことをおすすめします。

 

名前は自由に付けられるので、
お好きな名前で表示させてみてください。

 

WordPress Popular posts

インストール有効化した後に設定していきます。

 

Title「人気記事一覧」

 

Show up to:【20】posts

 

Sort posts by:【Total views】

 

Filters

 

Time Range:【Last24 hours】

 

【空白】Display only posts published within the selected Time Range

 

Post type(s):【post,page】

 

Post(s)ID(s)to exclude:【空白】

 

Category(ies) ID(s):【空白】

 

Author(s)ID(s):【空白】

 

Posts settings

【空白】Shorten title

【空白】Display post excerpt

【チェック】Display post thumbnail

【空白】Use predefined size             

 

【チェック】Set size manually

 Width:【90】px

Height:【90】px

 

Stats Tag settings

【空白】Display comment count

【空白】Display views

【空白】Display author

【空白】Display date

【空白】Display category

 

HTML Markup settings         

【空白】Use custom HTML MARKUP

 

設定は以上です。

 

ただし、テンプレートやウィジェット幅や文字フォントなど、
さまざまな要素で、いい感じに表示されるかは投稿してみないとわかりません。

 

確認のために3記事程度を投稿してみて、別のIPアドレスのスマホを使って
自分のブログを2~3回巡回してください。

 

それで、クリック数反映すると思います。

 

Yet Another Related Posts Pluginプラグイン

 

このプラグインは関連記事を表示されるので
インストール有効化し設定させておきましょう。

 

設定方法について参考にさせてもらったサイトです。

https://nandemo-nobiru.com/wp-5299

 

まとめ

 

これで半永久的に稼ぎ続ける資産ブログ構築のための
WordPressブログに設置するべきコンテンツについてお伝えしてみました。

 

設置のための作業がたくさんあり、時間もかかりますが、
とても大切なことなので、一つひとつをしっかりと設定してみることです。

 

また、この記事で伝えた内容は、最低限必要なプラグインと設定方法です。

 

全てを手抜きせずに構成するようにしましょう。

 

スポンサーリンク