ウェブサイトのテーマ選択

 

初心者のあなたはまだ有料テーマを使うべきかで悩んでいるの?

 

正直運営の目的次第でどちらでもいい!!

 

WordPressでブログを始める人が最初に迷うのが、
有料テーマを買うべきか否やだと思います。

 

ではなぜワードプレステーマの選択で
有料か無料のテーマかで悩んで消耗しているのか。

 

大きい理由には、有料テーマに投資をしても
アクセスを集めて稼げる自信もないので
無駄な出費は控えたいと思っているからでしょう。

 

しかし僕の見解をいうとSEOの観点から考えると、
有料テーマでなくてもアクセスを集めことは出来ます。

 

なら、有料テーマは全く必要ないものなのか?

 

というと、全くそうとは言い切れません。

 

もしサイト運営の目的を資産構築を考えて始めたなら
無料テーマでは永続的な収入を得る媒体にはならないからです。

 

ということで、この記事ではワードプレス初心者が
有料テーマを使う理由についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

ワードプレスのテーマ(テンプレート)ってなに?

ウェブサイトのテンプレートの説明

 

まずブログを始めるのに、
なぜテーマが必要なのか?ということです。

 

それはワードプレスでコンテンツを作って行く上で
基本的な仕組みが施された型が必要になります。

 

文章だったり画像や動画などを
一定の「ひな形」「決められた様式」にそって構成していく。

 

でそのためにテーマ(テンプレート)が必要なんですね。

 

ブログが読まれるかはテーマのデザインとレイアウト次第

 

ブログに訪問した際に「最後まで読まれる」かの判断は一瞬でされるといいます。

 

せっかくアクセスしてもらったのにも関わらず、
すぐにブログから去ってしまわれたら、ビジネス上の損となります。

 

例えば飲食店に来店したお客様が、
ドアを開けて店内を見回してドアを閉めて帰ってしまう。

 

その結果、利益を得るチャンスを失ってしまうことになります。

 

経営者としてこれほどもったいないことはありません。

 

ファンになって貰えるチャンス。

売り上げをあげるチャンス。

 

折角のチャンスを逃さないためには第一印象が重要なのです。

 

店舗などはお店の作りや従業員の対応によって好印象を与えます。

 

そこでブログの場合にはデザインとレイアウトで決まります。

 

でユーザーを逃さないために、
ブログはしっかりとカスタマイズをしていきましょう。

 

そんな理由から、初心者でもカスタマイズが簡単である
テーマ(テンプレート)を使うことをおすすめなのです。

 

スポンサーリンク


 

なぜWord Pressを始めるのに無料テーマではダメなのか?

ワードプレステーマはプログラムが難しい

 

まずWordPressブログのテーマには有料・無料共に無数にあります。

 

なのに、なぜお金もかからない無料テーマを使う人が少ないのか?

 

その理由は、無料テーマでコンテンツ作成やデザインなどで
Web上に公開するための基礎設定に労力と時間がかかります。

 

さらに苦労をしたわりには収入や集客・アクセスなどの
リターンが少ないからなんです。

 

特にネット公開ができるレベルまでに仕上げるためには
いくつか乗り越えなければならない壁が立はだかっているんです。

 

そこで壁となる点を幾つか紹介してみます。

 

無料テーマは初心者にはとって難しい知識が必要で苦労をする

 

まず無料テーマの中にもSEOに強いものもあるようです。

 

「だったら無料だしSEO対策がされているのならそれがいいのでは?」

 

と思うかも知れませんが、少し待ってください。

 

SEOに強いといわれる無料テーマには大きなデメリットがあります。

 

デメリットとなる難点についてお伝えします。

 

初心者にとって壁となる無料テーマの6つの難問とは

 

ワードプレスでカスタマイズや設定をしていると、
誰でも一度や二度、経験することがあります。

 

それが

 

「カスタマイズを行っている最中に、
何をいじったか解らないが画面が真っ白になってしまった」

 

「パソコンを使っていたら
停電になって復旧したけど管理画面に入れない」

 

など思わぬ不具合を経験するはずです。

 

そんな不測の事態が起きた時に、
有料テーマならサポートが付いているのですが

 

無料となるとサポートが無いので
自分自身で調べて対処しないとなりません。

 

さらに、不具合を改善するために
色々なキーワードの組み合わせで検索しても
無料テーマということで情報を得る事が難しい。

 

また、基本設定も自らが取り組まなければならなく、
初心者にとっては厄介なことばかりなんですね。

 

ではいくつか自らが対応しなければならない難点をお伝えします。

 

  • CSSやHTMLなどのコードの知識が必要
  • 画面が真っ白になったり崩れた時の対処についての情報が少ない(得られない)
  • 記事で強調したい時の文字装飾やデザインのカスタマイズが面倒
  • スマホユーザーに対応したサイト設定を自らが行う(レスポンシブ対応)
  • WordPressの表示速度を高速化するための設定を行う
  • SEO対策を自らテーマ設定をしなければならない

 

どうですか?
無料テーマのデメリットを6つ程あげてみました。

 

しかし6ばかりではなく、
他にも自らが手がけなければならないことが色々とあります。

 

さてここまで無料テーマについての難点などをお伝えしてきました。

 

ここからは有料テーマについてお話をしていきます。

 

ワードプレスを有料テーマを使って感じたデメリットは?

ワードプレスのテーマを有料のものを使う

 

無料テーマのデメリットをお伝えしましたが
有料だからとっていって、デメリットが有ります。

 

それは

 

  • テーマにお金がかかる
  • 使っているテーマが他と被ってしまう可能性が高い。

 

といった2点が実際使って感じたデメリットです。

 

あと冒頭でもお話してましたが、有料でも無料でも
テーマ自体がSEO効果があがるなんてないということです。

 

真のSEO効果をあげるのはコンテンツなのです。

 

どんな素晴らしいテーマを使ったとしても
コンテンツがスカスカでは何の意味も目的も果たせません。

 

運営者がどんな目的の情報を
WordPressブログを使っているのかといった点が大切です。

 

ワードプレスを有料テーマで運営していて感じたメリットは?

有料テーマは検索エンジン対策

 

実際、初期投資で購入したテーマで運営していて感じているメリットです。

 

モバイル端末でも見やすく表示してくれる

 

現在スマホから検索してくるユーザーの割合が高くなっています。

 

で近年Googleではモバイルフレンドリーを重視して
スマホユーザーの使い勝手のいいサイトでなければ
検索順位に影響がでてくるようになりました。

 

そのため、スマホ対応をいまの有料テーマでは施されています。

 

よってスマホ対応のための時間と労力が省けるメリットがあります。

 

HTML/CSSの知識がなくてもカスタマイズしやすい

 

HTML・CSSの知識って初心者には難しいことばかり。

 

ワードプレスの構造になるHTML・CSSを知らなくても
最初からSEO対策を構築してくれているのは
心の底かたらありがたいことだと思います。

 

なぜなら、ゼロから学び一つひとつ設定をしていては、
時間ばかりかかってコンテンツ作りが出来なくなり
挫折してしまうことは確実に言えます。

 

このHTML・CSSの構造が整理されていることが
SEOに強いと言われている理由なんです。

 

その手間や時間を省いてくれる点が有料テーマにはあります。

 

心強いサポートが付いている

 

有料テーマにもよりますが、カスタマイズを行っていて
上手く行かなかったり疑問や悩みなどがあったときに、
詳しい人からのアドバイスは心強いものです。

 

特にワードプレスを始めて使う人にとっては
問題解決のための時間と不安を解消できるサポートがあると
安心してテーマを使うことができます。

 

以上が実際使って感じた有料テーマのメリットです。

 

有料テーマのデメリットとして価格が高い!と思いますが、
サポートが受けられるという初心者にとっては
大きいと思えたメリットから賢威7を使っています。

 

>>賢威7についての詳しいレビュー記事

 

まとめ 有料テーマを使ったからといって集客できるは勘違い

 

如何でしたか。

 

ワードプレスを始めるのにテーマが有料でも無料でも
運営目的によってはどちらでもいいというお話でした。

 

特に、ワードプレスでブログ運営を資産構築が目的なら
テーマの選択よりコンテンツ力を大切にすること。

 

さらにテーマ(テンプレート)の選択にSEOのための構造が
相乗効果を産むといった理由から有料テーマがオススメだということです。

 

またサポートが有るか無いかは
ワードプレス初心者にとっては不安や時短と言った面で
心強くもありますので、初期投資を躊躇しないことです。

 

最後までお読み頂いてありがとうございます。

 

この記事がワードプレステーマを無料か有料かで
悩んで時間の消耗せずに選択のヒントになればと思います。

 

スポンサーリンク