スポンサーリンク

行動を誘導する

 

今回は、賢威7で記事下にスライドショーを設定する方法を紹介します。

 

CTAといわれる「訪問者に行動を誘導」するために
ブログにテキストなどを設置しておく仕組みです。

 

例えば、「メルマガに登録してもらう」ためにとかで
記事下に自動的に表示させる方法です。

 

ということで早速スライドショーとしての設定していきましょう。

 

スポンサーリンク

スライドショー設定の目的

 

文章だけの記事よりも、
アニメや画像・動画など動きがあることで
読者の関心や注意が向く可能性が高まります。

 

その目的のためにスライドショーというのは、
動きのある数少ないものとなります。

 

となればそれだけで読者さんの目にとまりやすくなります。

 

今回、このスライドショーを投稿記事の下に
自動的に表示させるための作業に取り掛かりますが、

「個別投稿(single.php)」の変更などを行いますので、
作業前のバックアップを取っておきましょう。

 

事前に準備しておくもの

 

CTAのスライドショーの設定を行っていきますが、
事前に準備と用意しておくものがあります。

 

それがテキスト入りの画像を準備しておきます。

 

テキスト入り画像の準備をする方法として、
有料のバナー画像集で作成するか、
無料で自作する方法があります。

 

どちらを選択するかは、個人の判断にお任せしますが、
無料で自作する事も出来ますので、チャレンジしみてください。

 

それでは、この先でお伝えする内容は
自作で作成した画像を利用することを前提でのお話となります。

 

ちなみに「CTA」とはマーケティング用語で「行動喚起」といって
ブログやサイト訪問者に期待する行動に誘導することです。

 

スポンサーリンク

プラグインの導入と事前準備

 

スライドショーの作成のために
Easing Slider」というプラグインの導入が必要です。

 

プラグインの導入方法と、スライドショーの作成と詳しい設定について、
こちらの記事で解説していますので、
まずはスライドショーの下準備をすませておきましょう。

 

賢威の個別血投稿記事に、スライドショーを設定する

 

それでは、賢威の個別投稿に、自動的にスライドショーが
表示されるように設定していきます。

 

ダッシュボードの左側に赤枠「Sliders」が表示されるので、
それをクリック。

 

 

下の画像が表示されるので、
左の赤枠のコードをメモ帳などにコピーしておきます。

 

 

次に、左の①「外観」にマウスをあわせ、
②「テーマの編集」をクリックします。

 

 

「テーマの編集」画面に切り替わります。

 

 

テーマ編集右側のテンプレート一覧を下にスクロールして、
「個別投稿(single.php)」をクリック。

 

 

「個別投稿(single.php)」が開いたら、
今回スライドショーを設定する場合は、投稿記事の下にある
ソーシャルボタン(Twitterやフェイスブックのいいね!のボタン)の上にします。

 

 

※ ソーシャルボタンの位置を確認するために
「Ctrl」キーを押しながら「F」キーを押すと、検索窓が表示されるので、
そこに「social」と入力しエンターキーを押すと
ソーシャルボタンのコードの位置が表示されます。

またソーシャルボタンは記事の上下2か所あるので、
各自の好みで設置場所を決めるといいかと思います。

 

先ほどメモ帳にコピーしたおいた、コードを貼り付けていきます。

赤枠①のコードの下に貼り付けますが、わかりやすいように、
<br/>・<br>か<!-スライドショー->と書き込んでおくと、
あとで設定場所が見つけやすくなります。

 

 

設置が終ったら下にスクロールして「ファイルを更新」をクリック。

 

 

その後、プレビュー画面で、スライドショーの設定などが、
問題ないかを確認してみましょう。

 

まとめ

 

これで、記事下にスライドショーを設置したことで、
文章だけの記事より見劣りしないブログとなった筈です。

 

あとはスライドショーに何を含ませていくか、
無料レポートからアドレスの獲得とか、
メルマガを登録してもらうなど、

あなたが読者にとって欲しい行動に誘導するために使うことです。

 

併せてスライドショーに見劣りしないコンテンツを、
それぞれのスライドに盛り込むようにしましょう。

 

あなたのブログに訪れ提供されたコンテンツにより、
得られる未来を手に入れて貰うための文章を考えましょう。

 

お疲れ様でした。

 

スポンサーリンク