柔らかい文章

 

最近、友達に自分のブログを読んでもらったら、
感想が「文章がかたくって読みにくい・・・」との返事でした。

 

正直なところ、文章がかたいといわれた指摘に、
子供の頃から作文さへ書くのが苦手だったので、
言葉や言い回しをいろいろと考えながら時間をかけて
記事をアップしたのです。

 

自分なりに、十分書けたと思っていたところ
かたい文章との指摘に
いままで気付いていなかったので、少しショックを受けました。

 

しかしショックはあったけど、
そもそもかたい文章と指摘された理由や
どんな文章が固いと言われるのか。

 

また、かたい文章と柔らかい文章の違いで、
なにがどのような影響があるのかについてお話ししていきます。

 

スポンサーリンク

ブログを書く目的と読む人のことを考えてみる

 

ブログは読まれてこそ価値が生まれます。

 

情報を提供する目的と、読み手の興味をひき付け、
文章を最後まで読み進める気持ちにさせること。

 

そのために文章を理解しやすく書くのが第一なのです。

 

ならば、論文や企画書のような、堅苦しい文章よりも、
スムーズに読み進められる文章のほうが読まれやすいです。

 

といったことを考えれば、一行に漢字が複数あるより、
ひらがなが適当に含まれている文章が適しています。

 

また、検索ユーザーは忙しい人なので、
言い回しが堅苦しかったり漢字が多いと、
考えさせる手間が増えます。

 

考えながら文章を読むなど訪問者にとっては、
ストレスとなるので、文章を読むことを放棄してしまいます。

 

そうなっては、
ブログを書く目的と読み手の気持ちに
ズレを生じさせる結果となってしまします。

 

そんな理由から、最後まで読み進めてもらうために
柔らかい文章を書く必要があるということです。

 

かたい文章とはどんな文章

 

まず、かたい文章の特徴を知らないと、
改善するのにしても手の付けようがありません。

 

自分自身で理解できていなければ、
同じことを繰り返しいくことになります。

 

そこでまずは、かいたいとされる文章の特徴です。

 

まず、ビジネスシーンで用いられる、
型にはまって書かれている文章です。

 

例えば、

 

保険契約のときに、
署名、捺印用紙の裏に小さい文字で書かれている
規約など読んだことありますか?

 

細かい文字に小難しい単語と、
わかりにくい言い回しで書かれている文です。

 

普段から触れることのない人にとっては、
一行読むにしても苦痛を感じてしまいます。

 

このような難しく書かれているのが、かたい文章の一つです。

 

かたい文章は漢字が多く使われている

 

文章がかたいと言われる書きかたによく見られるのが、
漢字が多く使われている傾向があります。

 

例えば、

 

 

改善前

無駄な漢字を削る事で貴方のブログは読み易くなる。
又は、契約書の様な難しい単語などで構成されていると、
訪問者は苦痛で文章を読まずに離れてしまいます。

 

 

 

改善後

むだな漢字を削ることであなたのブログは読みやすくなる。
また、契約書のような難しいことが書かれている文章だと、
検索ユーザーにストレスを与える結果になり、
二度とブログには訪問してくれません。

 

 

と2つの例文を書いてみました。

 

どちらが読みやすかったでしょうか?

 

改善後の方が、
文章を一瞬みた感じでひらがなが多く使われているで、
何となく読みやすくなっていると思います。

 

そもそもブログを含むネット上で文を書くときは、
読みやすさを意識することが重要なんです。

 

そのために漢字とひらがなを、
バランスよく使っていく必要があるいうことです。

 

柔らかい文章に仕上げるコツその一

 

普段から使われる言葉でも、
あえて漢字ではなく、ひらがなやカタカタを使うことで、
やわらかいな印象を与えられます。

 

文章をやわらく読みやすい文章にするために、
漢字とひらがなの使い分けが一つのコツになります。

 

漢字とひらがなの上手い使い方

 

漢字とひらがなの使い分けと言われても、
どこで漢字を使うか、ひらがなにすればいいのか、
と迷うところでしょう。

 

そこで普段からひんぱんに使う単語で例えてみます。

 

丁度→ちょうど。

例えば→たとえば。

所謂→いわゆる。

居る→いる。

素晴らしい→すばらしい。

何故→なぜ。

色々→いろいろ。

時々→ときどき。

多分→たぶん。

全く→まったく。

 

頻繁に使われる単語をあげてみました。

 

ただ、
なんでも漢字をひらがなにすればいいわけでなく、
前文と後文との流や、
つながり具合を考えて使い分けする必要があります。

 

柔らかい文章のコツその二

 

文章の流れや意味合いなどのつながりを考えて、
漢字とひらがなをバランスよく使っていくと、
やわらかくスムーズに読める文章になります。

 

真面目で完璧主義が固い文章を書いてしまう

 

文章を書きなれていない人に見られる傾向として、
親切できめ細かな情報を伝えることに終始する人がいます。

 

または、きれいな文章を書きたい、
かっこいい言い回しを使いブログを書くことを考えたりもします。

 

学校の作文をかくのなら
真面目で優等生が書くような文章のほうが、
多くの人から評価を受けるでしょう。

 

しかし、僕らはアフィリエイトで収益をだすために、
文章を書くことを行っているので、
誰かに読んでももらわないと意味がありません。

 

であれば、かっこうよさや、
真面目で優等生の文章より、多少荒っぽさがあり、
砕けた言い回しがある文章のほうが読みやすく、
やわらかい表現で書けるはずです。

 

かたい文章は悪いわけではない

 

文章を書く目的によっては、かたい表現の文章も必要です。

 

例えば専門的な知識を必要とする法律や財務、
税理などに関わるビジネスです。

 

専門的なビジネスで見られる書式などには、
一般的に馴染まない言葉や漢字など多く使われています。

 

文章の書式にそって書くと形なので、
自然とかたい印象になっています。

 

逆に、職業的なシーンで使われる表現が砕けていたら、
文章を書く目的が意味を成していませんので、
かたいと思われる文章が必要です。

 

あと、かたい文章も一つの個性と開きなおり、
独自性として書き進めていく方法があります。

 

そのために読者層をしっかりと定めて、
漢字を少なくなめに、文章を書き進めるのも、
個性的な表現方法としてみるのも一つの手法です。

 

結局のところ目的のそった文章が必要

 

ここでお伝えする文章を書く目的は、
誰かに読んでもらい収益をあげることです。

 

そのためにブログの文章には堅苦しさよりも、
読み手に優しい文章を書くことが必要なのです。

 

「かたいよりやわらかい」

「難しいより優しい」

「理屈っぽいより親しみやすく理解される」

 

といった文章作成が重要なのです。

 

漢字はなるべく減らし、
専門用語を避け、話し言葉で書けば、
おのずとやわらかい文章が書けます。

 

是非、参考にしてください。

 

スポンサーリンク