見出し

 

 

「記事をどうやって書いたらいいのかわからない」

「ボリュームがあり読みやすい文章を書きたい」

 

もしかしたらあなたは、こんな風な思いを持っていませんか?

 

そんな人のために、だれでも簡単に書ける、
便利なWebライティングのコツがあります。

 

読まれて、伝わる記事作成のための、
基本的なテンプレートをマスターすれば、

文章作成が苦手な人でも、
簡単に書けるようになります。

 

そこで記事作成が苦手なブログ初心者にむけた、
読みやすい文章の書きかたをお伝えします。

 

スポンサーリンク

見出しとはなにか?

 

まず見出しとは何かについてです。

 

本屋さんに足を運んだとき、
気になるタイトルの本を見つけた時に

いち早く内容を知るために、目次をみて、
なにが書かれているのかと
サッと本文を流し読みして内容を確認しますよね。

 

ブログ記事も本と同じで、
検索をかけタイトルに興味が湧き、

本文で何が書かれているのかを、
いち早く知りたいと思うものですよね。

 

その時に最初から最後まで、
時間をかけて文章を読み進める人って、
ほとんどいません。

 

なぜなら検索ユーザーは忙しいからです。

 

ただ、タイトルに興味・関心が湧いたのだから、
何かしらの情報を読むはずです。

 

そんな忙しい読者が、

早く情報を知るために、見出しタイトルに書かれた
内容を読み次ぎへの行動をとります。

 

で、書籍や本などと同じく、気になる見出し(目次)が、
さらなる他のぺージの内容を読んで、役立つことが書かれていて
なおかつ納得ができたなら読者ファンになってくれます。

そんな役割があるのが、見出しだといくことです。

 

ネットユーザーはとにかく忙しいとおもえ

 

読書

 

ネットユーザーの多くは、
ブログ記事をサッサと流し読みをする傾向にあります。

 

また扱う情報も既に他の人も書いているので、
他と変わらない内容であったら、
直ぐにブログは閉じられてしまいます。

 

で、パッと記事内容がわかるように、
小見出しで記事内容の情報とリストが簡潔に
整理されてまとめられていることが求められます。

 

そんな本文内容を理解させ、
読みやすく伝えるための役割をはたしているのが
見出し・小見出しなんです。

 

特に5000文字以上の長文で書かれているなら、
見出し、小見出しは、
ひと目で記事内容を読み出せるので便利です。

 

また読み手にとって、
「こんな内容が書かれているのか」
とより正確に内容を把握してもらえますから、
見出しを使わない理由はありませんね。

 

見出しタグが必要な理由

 

共通言語

 

ブログを書いたら、検索結果として、
表示されないと意味がありません。

 

そのためにSEOの対策として重要となるのが、
ユーザーと検索エンジンの両方に、

ブログ文章の構成を正しく伝える必要があり
「見出しタグ」がその役割となります。

 

また見出しがあることで、ユーザーだけでなく、
あなたが運営しいるブログに対しての恩恵となり、

検索エンジンに認識され
インデックスされやすくなる効果があります。

 

なぜ効果があるのかというと、
ブログやサイトは特殊な言語で構成されています。

 

それを「HTML」「CSS」といわれているもので、
ブログ、サイトなどは、

共通認識やシステム構造を指定する言語で
作られているのがWebページなんです。

 

以下の画像の感じです。。

 

ページソース

 

それが、検索エンジンの記録のなかにある情報と、

ブログで使われている言語を判断し、
検索結果として表示させてくれる仕組みとなっています。

 

そこで検索エンジンに認識してもらうために、
見出しなどでブログ記事を構成していく必要があります。

 

それが「HTMLタグ」と呼ばれているもので、
記事内に見出しタグがあることで、

読み手はもちろん、
検索エンジンロボットにも評価されやすくなり、
インデックスを早めてもらえるという訳です。

 

見出しの種類

 

見出しの種類

 

見出しまたは見出しタグには、
「大見出し」と「小見出し」という構成があります。

 

その中の大見出しは、
記事タイトルとして使われるもので、

見出し・小見出しは、
タイトルをさらに整理している役割で使われるものです。

 

大見出しと見出し小見出し種類の例え。

 

  1. <h1>大見出し(記事タイトル)</h1>
  2. <h2>見出し</h2>
  3. <h3>小見出し</h3>
  4. <h4>小見出し</h4>
  5. <h5>小見出し</h5>
  6. <h6>小見出し</h6>

 

などが見出しの種類となります。

 

原則1~6の数字だけしかありませんので、
6以上の数字タグは存在しないので注意しましょう。

 

見出しタグ

 

またよく使われるタグは、h1/h2/h3/h4
が主に使われるタグで、「h1」が最も重要で
次に「h2タグ」となります。

 

そこで最重要のh1とh2タグの役割についての解説します。

 

まずh1タグの役割

 

見出しタグには、
「大見出し」「見出し」「小見出し」
と大別して3種類があります。

 

  • h1が大見出し
  • h2が見出し
  • h3~h6までを小見出しで、

 

数字が小さいほど、SEO的に重要度が高くなります。

 

よってh1タグは検索エンジンから最も重要しされて、
記事のタイトルとして使われる構成になります。

 

検索ユーザーがブログに訪問する流れとして
一番最初に目にするのが記事タイトルです。

 

タイトルに興味が湧いてその後に本文へと流れます。

 

その検索ユーザーの第一印象を与えるのが、
h1で構成されたタイトルとなるわけです。

 

h1タグはテンプレートによって違う

 

この記事タイトルのタグですが、h1なのかh2なのかは、
お使いのテンプレートによって違いがあります。

 

僕が使っている賢威7場合は
記事タイトルは基本「h1タグ」となんっているので、
本文では「h2タグ」の構成となります。

 

ということで、お使いのテンプレートによっては、
記事タイトルがh2タグの場合があるようなので、
利用しているテンプレートのタグ構成を
一度調べてみるといいと思います。

 

h2タグの役割

 

先にもお伝えしましたが、
h2タグはh1タグの次に重要になります。

 

このh2のメリットは、訪問ユーザーに、
記事内を端的に伝えやすくする効果があります。

 

その結果、クローラーやインデックスなど、
内部対策としての成果をあげられます。

 

SEO対策としてのメリットがあるということですね。

 

そこでh2を使う場合に意識するべきことは、
SEO対策として気を配るのと同時に、

記事の内容の答えとした、

わかりやすく。
読みやすくする。

 

目的で見出しのタイトル付けをしましょう。

 

見出しの使い方で注意する3つのルール

 

タグ

 

見出しを使う時には基本的なルールがあります。

 

基本となるルールとして3つのことを守れば
全く難しいことはありません。

 

  1. h1タグは記事に一つであること。
  2. タグは数字の小さい順に使うこと。
  3. 見出しにキーワードを含めること。

 

たったこれだけです。

 

では順番に解説していきます。

 

h1タグは記事に一つ

 

まあ、記事タイトルになるので、
記事本文まどh1タグを使い
文章を書くことはまずありえません。

 

あえて説明するまでもないことです。

 

ただ、h1(大見出し)の書きかたにルールがあります。

 

  • h1はメイン・複合キーワードを必ず入れる。
  • ページ内容の答えとなるものを簡潔にわかりやすく書く。

 

Googleのクローラーが、記事内容を理解するために
h1タグによって判断する重要な要素になります。

 

また、SNSなどで記事が読まれることを考慮して
文字数も28文字から38文字程度で書くことが重要です。

 

hタグは数字の小さい順に使う

 

コンテンツ情報

 

見出しタグを使うときには、順番が有ります。

 

「h1→h2→h3→h4→h5→h6」

 

という順番で使うことが大前提です。

 

h2の上にh3がくるとか、
h2のあとにh4や、
h3のあとにh5・h6がくるなどの使い方はNGです。

 

そこで正しい使い方の例えとして

 

<h1>記事タイトル</h1>

 

<h2>見出し</h2>
  <h3>小見出し</h3>
  <h3>小見出し</h3>

<h2>見出し</h2>
  <h3>小見出し</h3>
  <h3>小見出し</h3>

<h2>見出し</h2>

<h2>見出し</h2>

 

例え2

 

<h1>記事タイトル</h1>

 

<h2>見出し</h2>
  <h3>小見出し</h3>
    <h4>小見出し</h4>

  <h3>小見出し</h3>
  <h3>小見出し</h3>

<h2>見出し</h2>

 

 

といった順番通りが基本となります。

 

ただh5やh6タグまでありますが、
一万・二万文字などの長文記事で、

本文をわかりやすく伝えため以外は、
滅多に使うことはありませんね。

 

見出しにキーワードを含める

 

見出しには、
大事なキーワードを適切に含めるようにしましょう。

 

機械的にまたSEO的な効果を強く狙う目的で、
見出しすべてに必要以上のキーワードを含めてしまうと、

特定のキーワードが目立ちすぎて、
記事全体に違和感がでてしまいます。

 

なので、適切にキーワードを含めることが大切です。

 

見出しの正しい使いかたのポイント

 

では見出しの使い方についてお話ししていきます。

 

小見出しはタイトルの答えになるようにすれば、
ストレスなく読めるようになり、

忙しくてもすぐに答えにたどり着けるので、
読者ファンが増える可能性があります。

 

見出しがあればボリュームある記事になる

 

タイトルを先に決めて、小見出しを箇条書きのように作っておけば、
文章がテーマから脱線することなく書けるようになります。

 

読み手側と共に書き手側も、
見出しを使って文章構成を整理しておくことで、

内容が薄くならずに、
テーマから外れた記事作成の防止になります。

 

テーマや内容や結論がずれることなく、
3000・4000文字程度のボリュームある記事が書けるようになるので、

1000文字を書くのが大変だと悩んでいる人には、
大いに役立つのが見出しと小見出しだということです。

 

h2タグ以降の見出しの使用回数には制限はない

 

タグ制限

 

h1タグは記事タイトルとなるので、
一記事一回が原則ですが、

h2以降のタグは、
特に使用回数に制限はありません。

 

文字数も多く、伝えたい内容を整理して、
読みやすくするために、

適切にh2・h3タグを使って、
文章を書いていきましょう。

 

またh2からのタグを使う回数が、多くても少なくても、
SEO的に悪影響がでることはありません。

 

なぜなら、h2タグやそれ以降のタグの使用回数に、
制限が設けられていることは無いので、
SEO的に不利益がでることはありません。

 

ですので、訪問者に記事が、

 

「読みやすい」

「理解しやすい」

 

となる内容とする文章のために、
適切に見出し・小見出しを使いましょう。

 

小見出しの使い方のまとめ

 

如何でしたか。

伝わりやすく、読まれるブログ記事を書くコツは
見出しの使い方次第で誰でも簡単に書けるようになります。

 

ただし、見出しや小見出しの使い方にはルールがあり、

ルールに従い適切に使っていけば何の問題もなく、
ボリュームある文字数と共に読みやすい文章が書けるはずです。

 

またネット記事を読む読者たちの多くが、
流し読みをする人が殆どで、
タイトルと見出ししか読まない人もいます。

 

そんな人たちに、流し読みで興味・関心が向くように、
見出し・小見出しで記事の内容がわかるように

するのも一つのコツなんです。

 

また、だれでも思いつくような見出しとせずに、
テーマから外れないことを前提に、

ひとひねりした見出しを作ると、個性的な文章になります。

 

無理してでも、小見出しを作ることが、
読者をひきつける面白い文章になるでしょう。

 

最後に、「見出し」は、
記事の柱となり大事な役割を持っています。

 

小見出しがあることで、
読者が文章を理解しやすくなるので、

特に文章作成に苦手意識をもっている人は
是非参考にしてください。

 

スポンサーリンク