スポンサーリンク

 

今回はWebライティングのルールとテクニックについてお話します。

 

ただ、Webライティングの本質である、
「ユーザー目線」を理解せずに
テクニックばかり追いかけても効果はありません。

 

ということで読者第一のルールとテクニックについて
今回、お話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

記事の書きだしでムダな情報を入れない

 

記事の書きだしでは、
読者の興味・関心を掴む重要なポイントとなります。

 

ネット上には毎日、無数の記事が生まれていて
数ある記事の中からあなたの記事が読んでもらうには、
記事タイトルで興味を惹く必要があります。

 

その役割をはたすのが「記事タイトル」です。

 

そして本文を読み進めて貰ういために
書きだし(イントロダクション)と言われる部分です。

 

記事タイトル同様、書きだしも非常に重要です。

 

記事タイトルで訪問したユーザーが
イントロダクシャンで興味が惹かれなければ、
本文へは読み進めてもらうことができません。

 

それほど重要な箇所です。

 

そこで「なんだかなぁ?思ったことと違うな・・・」
といった書きだしにならないように意識してください。

 

でなければ読者は忙しいので、
すぐに記事から離れていってしまいますから。

 

あなた自身も他人のブログを読んだ時に、
直ぐに離れた経験があると思います・・・。

 

で、この書きだし(イントロダクション)で必要なことは
「この記事で伝えたいことを要約して書く」
記事タイトルの補足や興味・共感できる話などです。

 

たとえば、記事の書きだし(イントロダクション)が
下記のような感じだったらどうでしょうか?

 

「話題のカレー屋のカレーを一口食べた瞬間、
辛さのあまり思わずのけぞってしまいました。」

 

この書きだしだと何を伝えたいのかわかり難い。

 

では次の例文では如何でしょうか?

 

「激辛で話題のカレー屋のカレーを一口食べた瞬間、
あまりの辛さに舌と喉に痛みが走り(ウッググゥゥ!)と声を発しなが
手で口を押さえ思わずのけぞってしまいました。」

 

同じ内容の書きだしでも、
なんとなく内容がイメージできると思います。

 

このように、一字一句読まなくても、
パッと見ただけで内容が伝わってくるような
書きだしに仕上げていきます。

 

ここで理解してほしいのは、
記事タイトよりさらに読み手の興味を惹きつける文章を書くことに意識してください。

 

「あ、このさきにはもっと参考になることが書かれているんだ。」

 

と内容がいい記事なら、先を読み進められるはず。

 

読まれるブログにするための第一歩として、
書きだしを3~4行程度の文章で書いてみることです。

 

文章にリズムを付けるコツ

文章にリズムがあると読みやすいですよね。

 

変わらないパターンの文章や、
硬い文章では読み進めるにストレスがかかります。

 

文章にリズムがあると、
頭にスラスラと入ってきて心にも残ります。

 

Webライティングの目的の一つ、
「伝わる文章」をかくことなので
文章にリズムをつけることは大切なのです。

 

でリズムをつけるコツとしては、
文末が単調にならないようすることです。

 

ライティングでは
文末を「(です。)(ます。)」「(だ。)(である。)」
のどちらかで統一するようにと聞いたことがあるはずです。

 

「です・ます」は柔らかい印象がもたれ
「だ・である」はかたい印象を与えてしまいます。

 

ただ、どちらの文末も長所・短所があるので、
目的や内容、読者ターゲットに応じて選ぶようにする。

 

※ここで基本的なことで「です・ます」「だ・である」の
混同にも注意をしましょう。

 

しかし、すべての文が同じ語尾だと、
リズムが悪い文章になってしまいます。

 

よって文章にリズムをもたせるうえで
語尾の使い方の方法に一文の長さに変化を付けたり、

話し言葉を織り交ぜたり、
箇条書きなどを活用すると効果的にリズムが生まれやすいです。

 

スポンサーリンク

文章はシンプルに一文を短く

 

伝わる文章を書いている人は、
一文を短く書くことを基本として記事を書いています。

 

※一文とは、文の始まりから「句点(。)」が打たれるまでのこと。

 

一文が長くなると読みにくさと共に、内容が理解されないからです。

 

ただし、意味もなく短くても、
長くてもいいといったわけではなく、
一文内に情報が1つだけ含ませていることが必要なのです。

 

情報を含ませていることで内容の理解度も高まりますから。

 

ではなぜ一文を改行せずに「。」まで書くのか、
理由の一つは長文であると内容が伝わり難くなる。

 

もう一つは小説を書いているわけではなく、
読者目線で伝わる文章を書くのが目的だから。

 

といった理由の2つにとは別に
現在はスマホの普及により記事を読む人が増え、
スマホで記事を読むと変な改行となり読みにくいからです。

 

実際に自分がパソコンで読みやすいように、
文の途中で改行していた記事を改めて
スマホで確認したら変な改行表示で読みにくい・・・。

 

その例として、

「アフリカ原住民の雨乞いの話を聞いた学者が
科学的に検証するために調査団を現地に派遣した。」

 

とパソコンで読みやすいく改行した記事が

スマホで見てみると

 

「アフリカ原住民の雨乞いの話を聞い

た、

学者が

科学的に検証するために

調査団を現地に派遣した。」

 

と変なところで改行されています。

 

上記のような変な改行された文って読みにくいですよね。

 

特にスマホで文章を読むさいには
画面を指でスッスーッと飛ばし読みできるので
何を語っているのかわからない文になります。

 

結果として読者のストレスとなってしまします。

 

スマホの普及によって一文の改行は「。」まで続けて、
変な改行が入らず読みやすさが求められるようになりました。

 

といった理由から、Webライティングでは、
できるだけシンプルに短い文章を書くことです。

 

それで、パソコンで書いたら、
スマホで変な改行になっていなか、

シンプルで短い文章になっているかをチェックするようにしてください。

 

Webライティングの基本は
「ユーザー目線」であるということを忘れないでくださいね。

 

もし記事を書いていて一文がどうしても長くなってしまう、
と思ったら思いきって切ってみると意外とスッキリします。

 

指示語は出来るだけ使わない

 

 

「こ・そ・あ・ど、言葉」を総じて指示語と言われています。

 

「これ、それ、あれ、どれ、この、その」
などの指示語は便利なのでついつい使いがちです。

 

文中に指示語があると、
読み手は何をさしているか考えさせることになり、
文章を読むことにストレスを感じてしまいます。

 

といった理由から、
できるだけ使わないように意識付けする必要があります。

 

「これ、それ、あれ」などの表現は、
読者によっていろんな解釈をされてしまうので、
ちゃんと国有名詞を使うようにしてください。

 

でなければシンプルでわかりやすく伝えることが目的である、
Webライティングのルールとは違ってしまいますから。

 

文章を明確にする。

 

誰が読んでも誤解なく伝わる文章が役立つ記事になるで、
指示語を使う文章のつながりはなるべくは避けるべきです。

 

ライティングスキルを高める2つの方法

 

ライティングの勉強に写経といった方法があります。

 

教材や本などでライティング向上の勉強法として、
写経を繰り返しましょうと書かれているものがたくさんあります。

 

それで写経がライティングスキル向上に有効なのか、
結論として文章を書くことに不慣れ方はした方がいいでしょう。

 

なぜなら、

 

文末の使い方が学べる。

文章にリズムをつける書きかたが学べる。

一文を短くかく方法が学べる。

 

などを自分か書き写しながら学べるからです。

 

ただ一つ注意として、
写経のためにお手本にするいい記事の選択が重要なのです。

 

そこでお手本を見つける方法として、
Google検索で自分のブログの方向性と同じ情報発信していて、
上位表示されている記事を選択するといいです。

 

また写経するときには、なにも考えずに書のではなく、
自分が実際書いていてどう感じたのか、
気付きなどをメモしておくとことをオススメします。

 

2つ目の方法は、とにかく量をこなすこと。

 

書く量をこなすと、見えていなかったことや、
いま1つ曖昧だったことも腑に落ちるようになります。

 

そして、駄文だと思った文章の質が高まるし、
書くスピードも格段に向上できます。

 

あと書いていると同時に記事を音読すると、
おかしな文脈に気付いたり、

「この箇所は余分だから省こう」、
などに自分で気付けるようになります。

 

これも難しいライティングの技法など必要なく、
簡単な上にすぐにライティングスキルがアップする方法なので、
ぜひ実践してみてください。

 

まとめ

 

今回は初心者でも、
Webライティングのルールとテクニックを活用して、
簡単に伝わる文章を書く方法をお伝えしました。

 

Webライティングは、コピーライティングと違って、
小難しいテクニックを必要としないので、
比較的文章を書くことが苦手な人でも活用できます。

 

しかし、いくら簡単だといっても、実践しなければ身につくことはありません。

 

Webライティングの胆は、
「ユーザー目線を理解して、シンプルで伝わる文章を書く。」

 

いい記事を書き、
読者と信頼関係を築いた結果として収入に繋がるのです。

 

そのため、Webライティングのルールとテクニックを使って、
文章作成のスピードアップと質の向上をはかるためには、
書き続けていくことが唯一の方法なのです。

 

スポンサーリンク