スポンサーリンク

集客up効果のためのブログ記事タイトルの付け方

毎日ブログを書いても誰にも読まれない…。

アクセスも増えないし。

これって結構心が折れてしまう悲しいことだと思います。

 

Web記事はタイトルでクリックされないとアクセスが集まりません。

 

それじゃあどうやったらアクセスが増えるのか?

 

数ある検索表示された中から、自分のブログへと訪問される為には、記事タイトルの付け方で左右されるです。

 

でユーザー訪問を促すためにタイトルの付け方に「読みたくなる」「興味を惹く」といった点を意識して考える必要がある。

 

というわけで、初心者でもユーザーの反応が得られやすい、記事タイトルの付け方を解説していきます。

 

スポンサーリンク

集客up効果としてブログ記事タイトルの付け方にはコツがある

ブログ記事テーマの付け方のコツ

記事タイトル付けの基本は狙うキーワードを主軸として、複合キーワードも含めてクリックしたくなるタイトルを考える必要があります。

 

ただ、自ら考えだすのではなく、どんな言葉が使われいるのかを見つけ出してくる。

 

そのためには、検索上位しているサイトをリサーチをします。

 

なので、効果的にブログ記事タイトルを考えるコツはリサーチ力が求められるのです。

>>記事本文の書き方に付いて詳しく解説しています。

 

記事タイトル付けの基本は昔から変わらない

 

ブログ記事のキーワードは考えるものではなく見つけるもの。

 

多くの検索ユーザーが気になって、クリックしたくなるタイトルは今も昔も変わらいということ。

 

たとえばWordPress 始め方」で検索して、2ページまでの記事タイトルを見ると、「初心者・簡単」「手順・解説」といったキーワードがタイトルに含まれていますよね。

 

そこでどんな言葉をつなぎ合わせてタイトル文としているのか?

 

ざっくりとでいいのでキーワードを見てください。

 

どうでしょう?見つかりましたかね。

 

表示された数々のタイトルは、検索ユーザーが“求めているキーワード”を考えてページテーマにしている訳です。

 

さらに検索上位に表示されているサイトは、こういったキーワードでググる人が多いということ。

 

ということは、上位表示されているタイトルを見れば、自ずとどんなキーワードが使われてググられているのかが把握できます。

 

それを真似ればググられる可能性が高まるってことです。

 

記事タイトル付けには基本パターンがある

記事タイトル付けには基本パターンがある

先ずは記事タイトルを付けるための基本パターンを知っておきましょう。

基本パターン
  1. 主軸とするメインキーワードを決める
  2. 複合キーワードも含める
  3. 文字数は32文字以内(絶対では無い)
  4. 記事内容とのズレに気を付ける
  5. 適切なキーワードを入る

大体はこの5つが記事タイトル構成となる、基本パターンかなと思います。

 

人によっては様々な工夫があるようですが、ブログ未経験者にはお勧めなので、5つのパターンに付いて深掘り解説をしていきます。

 

主軸とするメインキーワードを決める

 

ブログを書くうえ、まず決めなければならないのが、記事のメインキーワードです。

 

メインキーワードを決めないと言うことは、目的のない行動をとることになり、記事作成途中で迷う可能性が出てきます。

 

意外と曖昧に決めてしまう人がいますが、、、テーマの主軸を決めることは基本中の基本です。

 

記事テーマの主軸キーワードを見つける方法

 

記事のメインキーワードを選ぶ方法として、無料ツール「Googleキーワドプランナー」を使って検索ボリュームで探しだします。

 

キーワドプランナーを利用するためには、Googleアカウント登録が必要です。

※「Googleキーワドプランナー」の詳しい使い方は別記事で解説しますのでここでは割愛します。

 

メインキーワードは検索ボリューム1,000以上がお勧め

 

Googleキーワドプランナー」開設がお済みの方を前提で解説に入っていきます。

 

記事タイトルのメインキーワードは“ビックキーワード”とも言われるので、検索ボリュームが大きいものを選びましょう。

 

ビックキーワードは検索ニーズが多いキーワードなので、月間検索ボリュームを一つの指針として選択します。

 

そこで、「検索ニーズを調べるためにGoogleキーワードプランナー」を使います。

 

参考として

 

「ブログ記事」単独キーワードを、Googleキーワードプランナーで検索してみました。

 

結果として「ブログ記事」~「コンテンツ」と10キーワード程が表示されています。

 

表示された単語の⇒隣にある“月間検索ボリューム欄”から1,000~10,000などのキーワード候補を基準にピックアップします。

 

逆に10,000~10万を選ぶと、ビックキーワード過ぎてそれ単独では、強豪が凄すぎて上位表示の可能性が低くなります。

 

だから複合キーワードで上位表示の可能性を高める訳です……。

 

選択候補として「ブログ記事」「webライティング」「コピーライティング」「文章構成」などは、検索ボリュームも少なく上位表示しやくなる可能性があるキーワードですね。

 

ここで挙げたキーワード以外でも、月間平均検索ボリュームを目安として、メインキーワードを選ぶといいでしょう。

 

目標とするメインキーワードが決まったらツールを使って2語・3語と深堀りしていきます。

 

僕は、記事テーマとなる主軸と複合キーワードを曖昧に決めて記事を書いていましたが、結果は検索圏外といった散々のもので、集客もないブログ運営を続けていく途中で心が折れそうになっていました。

 

スポンサーリンク

複合キーワードを決めてタイトルに含める

複合キーワードを含める

複合キーワードとは何か?2つ以上の単語を組み合わせたキーワードをいいます。

 

シンプルな単独キーワードだと企業サイト、SEOの強いサイトが上位を独占していて、個人が参入できる余地がありません。

 

個人サイトでも上位表示を狙うことが出来る方法が、複合キーワードを含めた記事タイトルを作ることです。

 

メインキーワードの他に複数の言葉を組み合わせることにより、検索ボリューム数が少なくなるので、“上位表示される可能性”を高めることが出来ます。

 

例えば「ブログ 書き方」などのように、2つ3つ複数の言葉を含ませたキーワードです。

 

複合キーワードの付け方の基本はメインキーワードと同じく「ニーズの有無」で判断します。

 

複合キーワードの検索ボリューム数の選択基準

 

メインでも複合であっても、ニーズがないキーワードで記事を書いてもググられる可能性は低いです。

 

だからと言って全くゼロとは言えません。

 

そこは運営者の考え方次第となります。

 

じっくりとコンテンツを積み上げて行きたい!

0~10の月間検索ボリューム

※ 日記目的のブログなら検索ボリュームを考える必要はない。

※ 検索表示される可能性が低いし、もし検索上位ができたとしても集客率は低いが、コンテンツ内に含ませると、穴場として上位表示の助けになるかも。

早めに上位表示を狙いたい!

10~10,000の月間検索ボリューム

※ 上位表示を早める可能性はあるが、ライバルが多い分検索上位に表示される可能性はわからない。

 

といった感じの選択方法です。

 

しかし、どちらも一長一短があるので、実際にやってみないと分からないというところが正直な話です。

 

複合キーワードを探すための3つのツールの使い方

 

キーワードは考えるよりも見つけましょうとお話をしてきました。

 

そこで複合キーワードを探すために無料ツールを使いましょう。

「Yahooサジェスト キーワード一括DLツール」

「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」

などは2語・3語といった複合キーワードが表示されます。

 

抽出したキーワードを元に「Googleキーワドプランナー」にかけて、検索需要のリサーチをしていきます。

 

Googleキーワドプランナーで複合キーワードの需要を明確化するコツ

 

先の無料ツールを使い検索ボリュームを明確化するための方法です。

 

先ず、「Yahooサジェスト キーワード一括DLツール」、「関連キーワード取得ツール(仮名・β版)」で狙っているキーワードを入れて検索します。

 

表示されたメイン・複合キーワードを「Googleキーワドプランナー」にかけて選別します。

 

すると、各キーワードに月間平均検索ボリュームが表示されるので、その中の「ボリューム数」から複合キーワードを見つけだすしましょう。

 

少々手間がかかりますが、ここはチャンと作業をしましょう。

 

使いなれてくれば、他のページテーマでブログを書く際にも楽にリサーチができるので.。

 

記事タイトルの文字数は32文字以内?

記事タイトル文字数

記事タイトルの文字数は32文字以内と言われる根拠に、Google検索で表示される“キーワードの数が32文字”で表示されるからです。

 

32文字以上だと、タイトルの後半部分が「….」と省略されることから、32という規定数字が推奨されているわけですが。

 

だからといって“限られた文字数”でなければダメという訳はありません。

 

32文字以上のタイトルでも、表示されているタイトルキーワードに、ユーザーの検索目的の“質問・答え” “読むメリット”が、しっかりと収まっていれば規定数字以上になっても問題あないということです。

 

スマホだと記事タイトルの文字数は増える

 

現在だとスマホユーザーの割合が増えてきているので、記事タイトルの表示数にも大きな違いが出てきます。

 

スマホデバイスの違いにもよりますが、おおむね(40文字前後)となります。

 

記事タイトルとページ内容に違いを生じてはダメ

 

意外と初心者の頃にやりがちな失敗としてブログ記事タイトルと本文とのズレです。

 

本文とのズレがあると訪問者が求める情報が無いと判断されて、ブログは閉じられてしまいます。

 

目的をもって検索してヒットしたブログ記事タイトルです。

 

例え、記事内容が誰にでも分かりやすく書かれていても、その訪問者にとっては価値のないブログ記事なのです。

 

ですので、記事タイトルと内容に違いを生じさせないために、まずは仮のタイトルで本文を書き進め記事公開前に内容とタイトルのズレの確認を必ずすることを忘れずにしましょう。

 

 

ページ内容が一瞬で伝わるタイトル付けの工夫をしよう!

タイトルと内容に違い

ページ内容が一瞬で伝わるタイトル付けの工夫をしましょう。

 

検索ユーザーは瞬時にタイトルだけを見て記事を読むかを判断しています。

 

そこで、見た瞬間に簡素に内容が理解できる表現方法の工夫が必要となります。

 

ではどのような工夫をすればいいのか?代表的な表現方法を幾つか紹介します。

 

クリック率が高まる記事タイトル付け方のヒント

 

代表的な表現8選
  • 【数字・一瞬】
  • 【理由・ワケ】
  • 【簡単・手軽】
  • 【シンプル・初心者】
  • 【メリット・デメリット】
  • 【本当・本音】
  • 【対策・効果】
  • 【権威性・専門性】

 

まあざっくりとですが、よく見かけるタイトルで使われている言葉です。

 

検索ユーザーの目的と読むメリットが含まれたタイトル「SEO対策に効果的なタイトルの付け方3ステップ」
誰にとってと明確になっている記事タイトル「記事の書き方が苦手なブログ初心者でも簡単にできる方法」
簡単であること伝えるタイトル「たった1日で出来るWord Pressの始め方」

 

といった感じで一瞬で記事を読むとどのようなメリットがあるのかと、タイトルで伝わるように工夫をしてくださいね!

 

参考書:タイトル付けに迷った時に参考にしたい本。

>> 100倍クリックされる超Webライティングバズる単語300

 

記事タイトル付けに役立つシンプルなテクニック

 

  • 狙うキーワードの詰め込みはNG
  • キーワードはなるべく左に寄せる
  • 検索ユーザーに読みやすいように配置する
  • 同じ単語はなるべく2回以上使わないようにする
  • 【?】【!】1記事タイトル中に1回で納めるよう意識しよう
  • 【鍵括弧】は1記事タイトルに1回
  • 1記事1キーワード(テーマ)を意識しよう
  • メタディスクリプションにもキーワードを入れる。

 

といった点を意識して、日本語として理解できようにタイトル付けを工夫する。

 

さらにタイトルの途中で区切るとリズム感がでてインパクトを与える効果も得られます。

 

あと、クリック率をあげるためにメタ ディスクリプションにもキーワードを入れましょう。

 

理由は記事タイトルだけでないメタ ディスクリプションに、狙ったキーワードを自然な形で入れることにより、検索されたときによりクリックされやすくなるからです。

 

ブログ記事タイトルの付け方 まとめ

 

ブログ記事タイトルは検索ユーザーの目に入る大切なものです。

 

記事タイトルのよっては、スルーか訪問かの判断される箇所になるので、思い付きでタイトルを決めるのではなく、ライバルのタイトルをリサーチをして自分なりに考えて決めてみてくださいね。

 

100倍クリックされる超Webライティングバズる単語300 [ 東香名子 ]

 

 

 

スポンサーリンク