スポンサーリンク

記事が書けない

「ブログ未経験者なので記事の書き方がわからない
1記事書くのに時間がかかり過ぎてしまったり頑張って書きあげてみたものの
読み返してみると残念な文章で恥ずかしい。」

 

 どうしたらブログをスラスラ書けて、最終的に読まれる記事がかけるようになるのか?


その方法が知りたい。
 

 

といった悩みに今回の記事がお役に立てるはずです。

スポンサーリンク

ブログ初心者が記事が上手く書けない悩み解消にテンプレートを使うことで解決できる

記事作成のテンプレート

世の中には文章を書くことが苦手な人って意外と多いですね。

 

僕自身も作文もまともに書くことができなかったのでまあ当然のことだと思います….(-_-;)

 

しかし、文章を書くことに苦手意識があるので、副収入を目的に始めたブログなので、記事が書けないでは済むわけもなく下手でもひたすら書き続けてきました。

 

だからといってやみ雲に書き続けたわけでなく、「ブログが書けない原因と理由そして解決方法」を知りたく文章術の本を20冊くらい読んでみました。 

 

まあ文章に関する本にも著者によって“型”あることが理解できたんですよね。

 

それがブログが書けないと悩んでいる人でも解決できる方法がひな形(テンプレート)に沿って文章構成をすればすらすらと書けるということです。

 

では早速記事が書けない悩みを解決できる方法がひな形(テンプレート)について解説していきます。

 

追記:無駄な記事作成にならないための情報

年に3・4回Googleのアップデートにより多くのサイトが検索順位を落とされています。

記事を書く場合に是非意識していて欲しいのが”コンテンツの内容が一次情報”であることを意識してください。

一次情報につてい解説

【情報の正確性・信ぴょう性】【主観ではなく客観的な立場のコンテンツ】【情報の出所の明確化】などで書かれている情報を指します。


情報源が明確でなかったりいい加減な情報を鵜呑みにしてコンテンツ化することにより事実とは違えてしまう結果、Googleから評価が得られず順位が下がる原因となるということです。

Googleのコアアップデートに付いて2020年5月4日に公式発表で書かれているので詳しい内容を読んでみましょう。

参照:Google ウェブマスター向け公式ブログ[JA]

記事タイトル

記事の見出し

ブログ記事のタイトルは読者が最初に目にする重要な箇所です。

 

多くの読者は忙しい人なので検索結果に出てくるタイトルを0.3秒で判断して訪問するか決めてしまう重要なパーツとなります。

記事タイトルの付けかたのコツ

なぜ記事タイトルが重要なのか?

 

恐らくあなた自身もGoogle検索をする場合の行動を考えると理解できると思います。

 

例えば「ブログで長文が書けない…」「ブログが書けない理由と原因」を知りたく検索して、検索結果で出てくるブログタイトルを上から順番に訪れませんよね。!?

 

ならブログをクリックする判断は何か?

 

ブログタイトルに「知りたい」「問題解決」のワードが書かれている記事タイトルをクリックするはずです。

  

タイトルを作るコツ
  • 目標としたキーワードを必ずいれ前方に配置する(書く内容によって柔軟に対応)
  • 悩みと答えを含ませたキーワードを記事タイトルとする。
  • 日本語としておかしなタイトルとしない。
  • 記事全体の内容に合ったタイトルを付ける。
  • 32文字以内で納める(絶対ではありません)
  • タイトルを決めて本文を書くもあり、全体を書き終えてからタイトルを決めてもいい。

 

まあ他にも記事タイトルの付け方にはさまざま語られていますが、ブログ初心者が最低限として、検索ユーザーの役に立てるなというワードとするだけでOKです。

 

スポンサーリンク

導入文を書く3つの明確化

明確化

導入文の書き方は人それぞれありますが、「共感」「宣言」「ベネフィット」で考えると書きやすくなります。

本文冒頭の導入文は、記事本文を読み進めて貰うための入り口となる大切な場所です。

検索ユーザーの多くは「何かしらの問題を解決したく」答えを求めているので記事が読まれるかの重要な箇所となります。

しかし、ブログ未経験者にとって、書き出し文をなんて書いていいのか悩むところでしょう。

  

記事の始まり文って、あなたも経験あるかと思いますが、検索ユーザーが記事タイトルに興味を持ちブログに訪れた時に最初に目にする箇所です。

 

その文章のだしに検索ユーザーの気持ちに沿わない内容だったら読まずに閉じてしまう結果になります。

 

だからこそ導入文はブログを読み進めてもらうための大きな位置を占めるか所なので書くべき内容をしっかり書くことが重要なのです。

導入文で必要な構成を深掘り解説

「共感」読者の悩み問題に共感する(~って○○ですね)

ポイント:読者の心の声をくみとる上げる。

     読者の悩み問題に共感する言葉を入れる。

     記事タイトルとしたキーワードを入れる。

「宣言」記事に何が書かれているのかを伝える(今回は○○について解説していきます)

ポイント:宣言文はシンプルに伝える

     読者に安心して本文を読み進めも貰うことができる 

「未来」悩みが解決した先の具体的な未来(~できれば、○○できるようになります)

ポイント:未来をかたる

     読者がこの記事を読むことで悩み・問題が解決できることを伝える

以上の3つの構成で書いてみてください。

いよいよ本文を書いていきますが、スムーズに書く勧められるように「見出し・小見出し」を書いて置きましょう。

はじめに本文に見出しを作っておく

見出し

記事本文を書く前にあらかじめ見出しを作成しておきましょう。

理由は記事が書きやすくなるし本筋(タイトル)の意図とずれなくなる纏まりのある記事を書きやすくなります。

見出しタグの重要性 と理由

記事タイトルから文章中の個所か所にあるのが見出しタグとなります。

 

見出しタグの構成はh1からh6までの数字の小さい順から構成されています。

 

見出しを作る目的は、ブログ記事全体が文字一色となることを防ぎ、検索ユーザーに対して分かりやすく伝えられて、SEO対策として効果を高めるメリットがあります。

 

読者は記事を読み飛ばすもので見出しを見ただけで内容が分かるようにする

記事構成に見出しがあることで読みやすくなり、自分自身も記事を書きやすくなるわけです。

 

理由として

読者は記事を頭から終わりまでしっかり読むなんてことは無く、知りたい情報をいち早く探しやすくさせるためにも重要な役割があります。

 

まあ本で例えるところの目次となるのが見出しということです。

 

自分自身が書きやすくなるといった理由は

見出しを先に決めておけば、見出しに対して理由、結論と埋めていくことで、“記事冒頭”から“まとめ”までを順を追って書くよりも簡単に文章を仕上げることができます。

 

ポイント:見出しの説明
  1. 見出しタグ<h1></h1>は記事タイトルになる1番大きな見出し
  2. 見出しタグ<h2></h2>は記事本文中に使う2番目に大きな見出し
  3. 見出しタグ<h3></h3>は記事本文中に使う中見出し
  4. <h4></h4>から<h6></h6>までを小見出しタグといいます。

 

タグの使い分け

見出しタグの順番を守ること

h1タグの使用は1記事1回が大原則 

まずh1は記事タイトルで使用されるので1回限りですが、h2以降のタグは何回使ってもOK。 

さらに細かい情報を書きたい場合は、必要に応じてh4、h5タグを使いましょう。

 

但し、順番は間違わないようにしましょう。

例えば、h2・h4と使うのではなくh2の次はh3:h3の次h5などの使い方はNGです。 

私見ですが、h5・h6タグを使うことって滅多にありません。

もしh5・h6を使う場合には10000文字以上の詳細情報を書く場合のみで、5000文字程度では使う可能性ないですね。(笑)

  

ブログ歴5年になりますが、h4タグどまりですね….

  

あと、文字数が少ない場合(500文字以下)はあえてh1以降のタグを使わなくても問題はないでしょう。

※ 見出し全てに不自然と思えるほどのキーワードを含ませる必要はありません。

ひな形を使う前の3つの心がけ

文章を書くためのプラン

  1. 読み手のために書くことを心がけること。
  2. 完ぺき主義を捨てて書いた記事を公開していく。
  3. 修正・改善を忘れずに。

    誰でも最初は一年生!!

    書き慣れれば苦手な文章も書けるようになるから、上記の3つの意識をもってブログを書き始めましょう。

    次に本文の書き方に付いてお伝えします。 

     

    本文を書いていく

    書きを書き始める

    本文の書き方も色々ありますが、文章を書くのが苦手な人にとって構成順に書くと簡単だと思います。

    本文構成
    1. 結論
    2. 理由
    3. 具体性
    4. 結論

     

    といった組み立て型を「PREP法」と言われている文章構成になり、ブログ記事を書くことに慣れない人にはお勧めです。

    ブログ記事は起承転結で書いてはダメ!

    文章を書く方法として“起承転結”といわれる構成があります。

     

    しかしブログ記事で推奨される「PREP法」という文章テンプレートです。

     

    プレップ法って言葉を初めて聞く人も多いのでは…..

    PREP(プレップ法)の構成

    Web文章の書き方でもっとも使われる基礎的なテクニックの1つPREP法

    P:導入結論記事冒頭で「結論」から書き始め
    R:理由その「理由」を説明し
    E:実例、具体的解説さらに「具体例や事例」を紹介して
    P:最終的結論最後にまた「結論」でしめる

    という形ですね。

    PREP(プレップ法)と起承転結の違いの具体例

    まず起承転結で書いた文章のたとえ。

     

    【記事タイトル】 文章が上手に書けない

    【起】 私は、趣味でブログを書いているんですが読み返すと

    まとまりのない文章のうえ脱線した話へと終始してしまいます。 

    【承】 文章術の本を読み漁り起承転結という型があると分かってはいますが無視してます。

    だから思い付きのまま書いた結果お粗末で酷い文章で恥ずかしいです。  

    【転】 だから文章が上手くなりたい。 

    【結】 とにかく文章を上手に書く方法を教えてください!!

     

    次に結論から始めるPREP法のたとえ

     

    【記事タイトル】 文章が上手に書けない

    P:結】 読み手の気持ちを理解できる記事を書く場合は、

    ひな形を使いPREP法で書くのが基本となります。
     

    R:理由】 なぜならひな形に沿って結論、理由。具体例、の順で構成すると

    文章が読みやすく、納得させる内容の情報を届けることができるからです。

     

    E:具体的解説】 実際、検索上位に表示されているブロガーの記事は、

    わかりやすさと説得力がある文章で書かれています。

     

    P:最終的結論】 だからこそブロガーの文章は、多くのユーザーに支持されていて

    尚且つわかりやすさと情報への信頼性の結果としてGoogleにも評価されていると言えるからです。 

    2つの例え文を書きてみましたが違いにお気づきでしょうか。

    では文章テンプレートひな形の使い方を深掘りしてみます。

     

    本文を書いたら1日休ませて最低限の構成をしましょう

    休ませる

    1日休ませてから記事を公開することをお勧めします。

     

    記事を完ぺきに書きたいと思う気持ちは誰でもありますが、文句のつけようがない文章を書こうと思うと書けなくなってしまいます。

     

    それに、あれもこれもと言葉を詰め込んだ文章となり結果情けない記事となってしまいますから。

     

    (過去の僕が経験してきたこと….)(^^;)

     

    だから60%でいいといった気持で、書き上げた記事の

    • 誤字、脱字の確認
    • 伝わりやすく読みやすい文章になっているかを確認
    • 加筆・修正をするべきかの確認

    をしてから記事を公開することを強くお勧めします。

     

    誰でもブログを初めたばかりの頃は記事を書くのは苦手

    記事が書けない悩み

    ブログ初心者のよくある悩みとして、ブログ記事の文章構成として

    「こうしないといけない!」「頭ではわかっているけどいざ書き始めると書けない」

    なんていう点があると思います。

     

    僕も元々は文章を書くのがめっちゃくちゃ苦手でして、
    1記事書くのに、長いときは1日とかかかっていましたし…

     

    さらに、読み返して見ると、、、


    途中で読むのを辞めてしまいたい程の情けない文章ができあがるなどの経験をしてきました。

     

    記事が書けないと悩み続けてきて、気付いたことが案外ブログ記事が書けないという悩みって勘違いが原因になっているのかも知れないということです。

    記事の書き方を検索してわかり易く参考にさせてもらったブログ

    >>参考:マナブログ【悲報】ブログがうまく書けない…という悩みは、解決できませんよ。

    を書く前の準備として情報収集を始めます。

    記事が書けない多くの人の特徴

     

     

    特徴

    記事が書けない悩みを抱えている多くの人に見られる特徴をあげると


    「文章力がないから長い文章が書けない」
    長文を書かないとダメ!との思い込みですよね。

     

    しかし無意味に文字数を増やそうとした結果、テーマにした本題とまったく関係がないズレた文章が出来上がってしまうことがあります。

     

    その原因が、記事タイトルにした言葉に対して次々に別のイメージが沸きあがってくるこことで、思考にブレが生じてしまうからです。

     

    その結果、読み手に伝わらない文章が出来上がってしまう。

     

    プロの小説家なら想像力も必要でしょうが、Web上では作品としての文章は必要でなく、読み手の悩みを解決することが第一なのですから。

     

    本題のずれもなく2000文字をスラスラと書くために必要なのが組み立て方なんです。

     

    ということからブログ記事を書くために必要なのが、ひな形(組み立て型)を使うことで解決できます。

     

    「うまく書けない、自信がない・・・」

     

    記事が書けずに悩んでいるあなたに知って欲しいのは、パターンを使うとうまくいくと言うことです。

     

     

     

    ブログを書く前に知っていて欲しいのが、Web上の記事は、常に読者のためになる文章を書くことが大前提!

     

    ただ読者を意識して書いたとしても、慣れない内はそれなりに苦労するでしょう。

     

    しかし何度も実際にやっていく中で慣れてくるので安心して欲しいです。

     

    これ!誰でも経験していて有名ブロガーもブログスタート時期は同じ悩みを抱えていますから。 

     

     

        

      まとめ:苦手なブログ記事作成の悩みはひな形を使えば解決できる

      ブログ記事を書く前には誰に・何を伝えたいのかを明確にし、その記事で抱える悩み・問題解決できるのかを書いていきましょう。

       

      そのために検索ユーザーが特定のキーワードで検索する意図を理解し
      検索してきた人の役に立てられるコンテンツ作りを目指し
      タイトル・見出しにキーワードを入れていくこと。

       

      たったこれだけです!! 


      もちろん初めから上手く書けるわけはありません。

      苦手と思う記事を書くためには繰り返し書いて慣れることです。

       

      ブログが書けない時期に参考になった本をいくつかご紹介します。

      稼ぐ話術すぐできるコツ 金川顕教 (三笠書房) 

       

       

       


      楽天ブックストアで探す

      会話も文章もコミュニケーションツールプログにとっては
      文章スキルが一つの道具として読者と交流をはかることが出来ます。

      僕が読んでみて好きな部分が
      文章を書くことが初めての人にとって、大きな苦手意識を持っているので
      本書で書かれている話術のコツが端的でわかりやすく、すぐ実践に活かせ

      「相手により伝わりやすく、行動させる話術を身につけると」いった点がに価値観に共感しました。

       

      スゴイ!超文章術 金川顕教(すばる舎) 

       

       

       

      今の時代は、本当の意味で良質な文章を書く能力が必須です。

      文章を書くことに取り組んでいますが、

      その際に「何を書けばいいのか」

      「どう書けば相手に伝わるのか」

      「どうすれば読み手が行動してくれるのか」

      それぞれの大切なところを理解しないまま書いていました。

      当然のように相手を意識しない文章なので伝わらないし、行動を起こしてはくれません。

      1記事にいろんなメッセージを埋け込むのではなく、一つのメッセージを届ける事で相手の記憶に残すことができます。 

      積みかさねた文章は資産として残るので書き続け質のいい文章に変えること。

      ただ悩むばかりで行動を起こさなければ現状は変えられません。 

      行動の起こすことが大切だと当たり前のことを教えてれた本です。

      スポンサーリンク