スポンサーリンク

ブログ記事の書き方

頑張ってブログを書いているけど、
誰にも読まれる気配がない様だし、曖昧な記事しか書けず、
消しては書いての繰り返しで悩んでいる。 

その結果、疲れ果ててブログ自体を辞めてしまう人が多いんですね。

 ではどうすれば読まれるブログ記事へと改善できるのか。

それはあなたのブログが誰に読んで欲しいのか
たった一人を明確にイメージし絞ることです。 

そこで本記事では図解も交えて、ターゲットを一人に決める
具体的な方法を解説していきます。

スポンサーリンク

ターゲットを一人に決める理由

人物像を決める

 ブログ初心者のよくある悩みとして、
「ブログが読まれない…」ということです。
 

まあ有名人でもない一般人が書いたブログですから、
残念ながら他人が知ってわけもなく興味なんて持たれていません。

このことはブログを始めて半年・一年は普通にある話です。 

そんな悲しく現実から脱却するために、
人物像を一人に決めれば読まれない平凡な記事から

人の心に残る記事へと変えることができます。 

よって記事を書く前に必ずターゲットを決めましょう。 

前置きが長くなりましたので、
具体的に読者を一人に決める方法を解説します。

ターゲット決めるペルソナ設定9つの項目

架空の人物

では記事を書く際にターゲットを詳細に絞り込む方法として
9
つの項目に当てはめて具体化していきます。

以下9つに誰に読んで貰いたいのか
その人物をリアルにイメージして当てはめてみてください。

※ 9つとしていますが、もっと細分化してもOKです。

 ステップ1:誰に伝えたいのかを具体化する(ターゲット選定)

ターゲット選定
  • 年齢
  • 性別
  • 居住地
  • 職業
  • 年収
  • 家族構成
  • 趣味
  • 悩み
  • 生きがい

さてターゲットのイメージを詳細にできただろうか?

なかなか具体的に人物像として思いつかない。

では次の表を使って、ターゲットの外面から内面までを
書き出してください。

 ペルソナ設定に役立つ表

ターゲットとするペルソナ設定に役立つ表をです。

あなたの記事を読んで欲しい人は?
具体的に人物像をイメージして作成しましょう。

身近な人や過去の自分だと想像しやすいです。
次のページの記入例も参考にしてみてください。

 読者のプロフィール表

名前篤志
性別男性
年齢38歳
住所 東京都北区
身長・体重・体型    178㎝ 68キロ 中肉
家族構成    妻35歳・長女小学校1年、長男4歳
性格  温厚。人当たりが良い。争いごとが嫌い。難しい話より笑えることが大好き。
日本酒好き。誰かと比較されることが嫌い。負けず嫌いな反面諦めも早い。
お節介焼き。寂しがり屋。理不尽なことが嫌い。子供が好き。
趣味・好きな音楽・娯楽・好きな事車やバイク。スキューバダイビング。海外旅行。読書。
ホラー系の映画が好き。カラオケ。スピリチュアル系。
格闘技。エンヤ。西川貴教。70・80年代洋楽。矢沢永吉。ビートルズ鬼滅の刃。ガンダムseed、seed destiny。洋画。七つの大罪。
理想・願望  海の見える丘の上に平屋の一軒家に住みたい。
年に何回か海外旅行に行きたい。
特にカナダのトロント・イタリヤ。
悩み・不安  住宅ローンの支払いで金銭的余裕がない状態。
今後の子供に掛かる教育資金。
仕事が忙しく時間的余裕がない。
最近おなか周りに贅肉が鬱陶しい。
別居している両親の今後が心配。

※ この表は、ブログのプロフィール作成時にも役立つの活用してください。

まあブログで稼ぐにしても、読者を意識して書くために
ターゲット設定を絞り出しましたが、
どうしてもリアルに感じれず、記事を書くたびに曖昧になってしまう。

 案外イメージが維持できないという人も多くいます。

そこで読書像が定まらない解決方法が
過去の自分を9つに当てはめてみるとイメージが簡単です。

ステップ2:過去の自分をターゲットにしたら内面も深堀りできる

先の表を使ってペルソナ設定をしてみましたが、
常に意識をもって記事作成ができますか?

正直、作成したターゲット像をコピーをして
手元に置いて記事を書いてきましたが、

途中で人物像のイメージが薄れてしまい、
何度も書き直しなどの経験がありました。

そこで、絶対に想像が薄れることのない方法が、
過去の自分のことをターゲットとし、ペルソナに設定すると
具体的且つイメージができ薄れることは無くなります。

 例えば、「仕事」「家族構成」「趣味」
「悩み・不安」など外面的な要素はもちろん、

内面的な「なぜ、自分はこれが欲しいと思ったのか」
「一体何をしたいのか」「どうなり・そうしたいのか」

さらに「なぜ、自分はこの記事を読みたいと思ったのか」
と欲求とその理由を深堀りして具体化できる筈です。

スポンサーリンク

心配:ターゲットを詳細にしてしまうと他の人は反応してくれないのでは

一人に絞ることの心配

たった一人に決めてしまうと、
他の人は反応してくれないのでは?
という心配もあります。

しかし、読者像を細かく絞っても、
全て同じ環境、内面的欲求を持っている人はいません。

何故ならペルソナ設定で挙げた中の一部分に
共感する人は必ずいるので。

同じ趣味の人。同じ家族環境。
仕事場の人間関係で悩みを持っている。

など、自分と同じ境遇で悩みを抱えている人はいます。

だから心配する必要はありません。

ターゲットの悩みは何故で?深く掘り下げる

内面を深掘りする

もしあなたがダイエットをしたい人に向けて記事を書くとします。

その記事でただダイエット方法だけを書き綴っても
読者の心には届きません。

さらにダイエットに詳しい人が書いたあった時に
そのライバルに勝てるはずはないですよね。

その時に、ダイエットしたい人の理由に、
健康上の問題で痩せたいのか、異性にもてたいのかで、
情報を求めている人の心の内が全く別となります。

ようするに、表面上のターゲットを設定しても
意味がないということです。

このように、ダイエットいう同じ目的であっても、
その人によって、「なぜそうしたいのか?」
という、その先の部分が違う訳です。

なぜダイエットがしたいのか?

どうして健康になりたいのか?

なぜ痩せたいのか?

ダイエットしたい人の心を更に深く掘り下げないと、
相手の心に届かいといった理由はそういうことです。

その時に考えるのがなぜ?どうして?
と問いかけるように心の内まで読む必要があります。

などなど人それぞれに理由があるので、
真相まで深堀りしていかなければなりません。

このイメージを具現化出来ていなければ、
ダイエットのブログであっても、
記事が読まれることはない原因となるのです。

まとめ:読めれるブログ記事を書くためにターゲットを一人にきめる

ブログ記事の書き方で大切なのは読まれること。

その為にペルソナ設定・ターゲットを一人に絞る必要があります。

ただ、自分が作り出した人物像って、曖昧になってしまうものです。

薄れた人物像をイメージするのではなく、
過去の自分が悩んでいたこと、なぜそうしたいのかと
内面的なことまで深堀ができます。

そうすれば、人物像を具現化でき
内面的なことまで深堀りした記事が書けるようになれます。

スポンサーリンク