スポンサーリンク

ブログネタに悩む

 

こんにちは、マサトモです。

 

初心者がブログ記事を書こうと思ったときに、

必ずぶつかる壁に、ネタが思いつかず、
なにを書いたらいいのやらわからない。

 

といった理由から記事更新も怠り、
50記事も書けずに、

放置状態のままになっていて困っている人がいます。

 

いまこの記事を読んでいる、
あなたもそんな悩みを抱えてしまっているのではないでしょうか?

 

しかし、
ネタがないと考えている人の多くは
誤解をしていますよ。

 

なぜなら、
ネット上や身近にはネタとなる話題、

情報は無数にあって、
それに気がつかないだけの話しです。

 

そこで、

 

「ネタがない」

「ネタが見つからない」

「ネタ探しに困っている」

 

と思っている人のために、

 

ブログ記事更新に必要なネタを見つける方法をお伝えします。

 

スポンサーリンク

ネタはブログを継続するためにも重要

 

検索エンジン対策

 

ネタがなく記事が書けないし、ブログを始めて3か月たつも
20記事もそこそこで頭打ちの状態なんですよ。

 

こんな悩みは、
ブログに取り組み始めた初心者の誰もが、
抱える問題の一つですね。

 

そんなネタがない原因には、幾つかあって、
恐らくは自分の書く内容に自信がないとか、

すでにネット上には同じような情報が書いてあり、

いまさら改めて自分が書いても、
意味がないのではと思っているからでしょう。

 

確かにブログはネタがなければ書けませんし、
書き続けられません。

 

「ブログ初心者はとりあえず100記事書こうよ、
そうすればPV数も上がるし検索エンジンも強くなるから」

 

などといわれているために、
日々の記事更新は必須だとされています。

では、100記事を書くとなると、
100記事分のネタがないと書けませんよ。

 

しかし、30記事は問題なく書けたけど、
40記事50記事になるとネタが切になってしまい

記事更新しないと、アクセス集まらいよ~
と焦りと共にイライラが募ってきてしまった。

 

なんてそんな経験をしているのではありませんか?

 

また、定期的に記事更新がされていないと、
ブログに思うようなファンがつきませんから、

「読者を集めるためにも記事を書き続ける」
ことは重要です。

 

いや~

「それはわかっていてもねぇ
ネタが思いつかずに苦労しているんです。」

といいたいと思います。

 

が、ネタは「思いつき」「悩み考えて」出てくるものではなく、
「見つけるもの」であるということを知っていて欲しいのです。

 

では、記事ネタを見つけるための方法には何があるのか?

 

ブログを始めた目的からネタを探す

ブログを始めた目的

 

 

ブログを始めるときに、
必ず何かしらの目的をもってスタートしていますよね。

 

特に僕のブログに訪問していて、
この記事を読んでいるということは、
ブログを使ってアフィリエイトビジネスが目的のはず。

 

でなければ僕のブログなどに訪問はしませんから。

 

そうであれば、既に扱うべき商品・サービスが決まっていて、
それにそったコンテンツ作りは当然の話になります。

 

ならば自分のブログで扱う商品・サービス
または目的を元にすれば必要なネタがないなどと、
嘆くこともなく、自然と見つかるはずです。

 

例えば、

 

ブログは記事を掻かなければなりません。

 

作文もろくに書けない人間が、
いきなり人に読まれる文章を書くなど
難しいし、どうのように書いたらいいのかわからない。

 

と記事を書くことに怖気付いているので、
Webライティングを学ぶことにしたとします。

 

そこで、Webライティングをメインキーワードとした場合に
ネタとなるキーワードが

 

「Webコンテンツのためにペルソナ設定」

「Webライティングの基本」

「共感を得るための書きかた」

「SNS向きのライティングのコツ」

「検索エンジンからの集客のための記事の書きかた」

 

など探せば他にもたくさんネタは見つかります。

 

この様にブログを始めた目的を改めて、
書きだしてみてください。

 

ブログの記事ネタは無限に見つかるはずです。

 

スポンサーリンク

参入ジャンルと扱う商品・サービスからネタ探し

 

ネタ探しの計画

 

 

あなたがアフィリエイトを始めるときに、
どんなジャンルで参入しようと考えていましたか。

 

稼ぐ系でしょうか?

非稼ぐ系でしょうか?

 

さらに、扱う商品はダイエットでしょうか?

健康サプリ系、それとも金融系でしょうか?

 

自分が多少なりとも、興味関心があるものや、
これから学びスキル向上を目指すものならいいでしょう。

 

しかし、全く興味・関心がないことに取り組むと、
いくらネタが豊富でも記事を書くことが苦痛になります。

 

その結果として
ブログ運営が長続きできません。

 

そうならないために、
まずは興味・関心があるもや、

「やってみたいこと」「伝えていきたい」こと、
また自分が不得意だが、克服したいと思っていて、
頑張れることをネタにするのも1つの方法です。

 

好きなことであればネタは尽きない

 

ネタを考える

 

例えば、

カメラに対して知識や興味がない人が
「カメラの機能」「世界のカメラ」をテーマにしたとき、

ブログ記事を毎日更新するのは苦痛でしかありません。

 

しかし、カメラに対して強い知識が乏しくても、
興味や関心があれば、知識構築していくなくで、
記事にしていけるはず。

 

そしてネタとして、

「国内製品と海外製品と違い」

「機能」

「撮影の際の露出」

「シャッタースピード」

「画質モード」

 

などをブログに書いていけば
簡単にはネタ切れすることはありません。

 

ということから、自分が本当に好きなことを扱えば、
ネタ切れを起こすことは有りません。

 

成果目的なら検索ボリュームは大事

 

CTPMの法則

 

ネタもやみ雲に探していても、
時間と労力の無駄に終わる場合もあります。

 

なぜなら、
需要がないネタではアクセスはもちろんのこと、
集客・収益をあげることが難しいからです。

 

であれば、
検索ボリュームも視野にいれてネタ探しが大切です。

 

そこで、検索ボリュームはもちろん
検索需要があるネタとなるキーワード選択について、
役立つ方法をお伝えしていきます。

 

1、ネタはライバルサイトで探す

 

ネタがない。思付かない。

 

だから記事が書けないし、
100記事など書くのは無理。

 

その悩みを解消するコツは
ライバルサイトを覗くと参考になるネタが探せます。

 

なぜなら、
インターネット上には無数の情報が溢れていて
ライバル達がどんなネタで記事を書いているのか?

そして、上位表示されているブログなら尚のこと、
ユーザーに求めれられている結果の現れゆえに、
ネタ選定の参考になるからです。

 

例えば、

あなたがロードバイクを扱うブログ運営しているとして、

ロードバイクのネタ探しで
「ロードバイク おすすめ」と検索したとします。

 

検索結果で1ページ目に表示された、1位から10位までの
ライバルブログの記事タイトルを見ていきます。

 

この時に、気になった記事タイトルのブログに行き 、
本文の目次や見出しでなどをサラリと目を通します。

 

サラッと見ていき、
ネタになりそうなキーワードがあったら拾っていきましょう。

 

これは新規参入者にとっては、簡単にネタを探せる方法なのですが、
ここで気をつけて欲しいのが、ネタだけを参考にすることです。

 

なぜかというと、もし本文まで読んでしまうと、記事を書くときに
参考ブログの内容に似てしまうからです。

 

ライバルの記事を読んで、
完璧なリライトができるのであれば問題ないのですが、
コピペになってしまうと著作権にひっかかります。

 

ネタだけを参考にして、 自分の考えや言葉で、
他とは違う価値観を含めてブログに書くことを意識してください。

 

2、ネタ探しは日常の中にある

 

ブログ運営を続けているとネタがなくなり、
更新が止まってしまいます。

 

しかし、ネタはいくらでも身の回りにあり、
考え方を少し変えると見つけることができます。

 

またネタは考えるのではなく、探すものなので、
常に「これはネタにできるんじゃないの?」
と意識を働かせることです。

 

その意識の癖をつけると、
少ししたことでもネタとして気づける筈です。

 

例えば、映画がネタになったり、
買い物に出かけたときに、人間模様がネタになったり、
と日常生活のあらゆるところに気付きはあるものです。

 

そして、「ネタになりそうだなぁ」と思ったら、
忘れない内にメモをとっておきましょう。

 

でないと忘れてしまいますから・・・。

 

またこれはブログの差別化にも大いに役立つはずです。

 

3、検索エンジンを使ってネタ探し

 

検索エンジンでネタを探しましょう!

Yahoo!やGoogleの検索窓に、
自分のブログで扱うテーマにそった キーワードをもとに調べてみます。

 

例えば、「アフィリエイト 稼ぐ」と入力します。

 

そうすると、多くの検索候補が表示されますが、
相当な数の情報が出てきます。

 

表示された情報からネタとして使いたいものを記事にします。

 

さらに検索でネタを探す方法として、

 

先ほどの「アフィリエイト 稼ぐ」の後にキーワードを入れてみる。

 

例えば、「アフィリエイト 稼ぐ あ」
と入れると「アフィリエイト 稼ぐ アクセス数」
などの複合キーワードが表示されます。

 

順次、五十音を入力してみてください。

 

まあ多少手間で面倒くさいですが、
案外思付かないネタが見つかるものです。

 

4、キーワードを書きだす

 

Goodkeyword

関連キーワードツール

 

などを使ってキーワードを抽出して、
テーマにそった主なキーワードを10個書きだします。

 

書きだしたメインキーワード10個に対して、
複合キーワードを3個ずつ書きだしてみてください。

 

そうすると、
この時点で10×3=30個のキーワードが抽出できたわけです。

 

そこでさらに、複合キーワードにプラス3個ずつ
キーワードを書きだすと、

90記事から100記事程度のネタで記事が書けますよね。

 

となれば、よく言われる100記事を書くことで
PV・アクセス数があがる領域を達成できるわけです。

 

ここで大切なポイントとして、
とりあえずは複合キーワードが重複してもいいので、
書きだしてみてください。

 

そのさきで、
記事内容がどうも被ってしまうようなら、
そのキーワードネタは省きましょう。

 

5、Q&Aサイトでネタ探し

 

Yahoo!知恵袋

教えて!goo 

発言小町

 

でネタ探しも一つの方法です。

 

Yahoo!知恵袋などQ&Aサイトでは、
人の悩みを深く知ることができます。

 

いまブログ運営で重要となるのが、
良質なコンテンツを作成すること。

 

その結果として、
SEO的に評価を得られる必要があります。

 

で質の高いコンテンツを作るためには、
読者の疑問や悩みを解決してあげる記事であること。

 

他人の悩みや疑問を知るために、
Q&Aサイトは大いに役立ちます。

 

読者が知りたいことを探すための情報が溢れる、
Yahoo!知恵袋はネタ探しに使えます。

 

ブログネタがないと悩む人の解決方法のまとめ

 

如何でしたでしょうか、

記事ネタがなく記事数も増えないし
「どんなことを書けばいいのか?」

わからないと悩んでしまう人が意外と多くいます。

 

しかし、ネタを探すための視点を
少し変えて考えてみてください。

 

意外と自分の周りに、
色々とネタになる事は見つかるはずです。

 

例えば、自分の経験や失敗・成功体験なども、
ネタとして豊富に引き出せるものがあります。

 

「これはネタになるのでは?」
と常に意識を持つと気付いたりするものです。

 

またネタがないと悩む人の考え方に、
こんな情報なんて既に知っている人も多くいて、
改めて同じネタとして発信しても意味が無いと
思っていることがあるようです。

 

しかし、同じ体験をしていても、
その人にによって感じることが違ったりします。

 

ですから、既に知っているネタや情報を、
改めて発信しても、

切り口や自分なりの視点で伝えれば、
全く違った情報となるのです。

 

だから意味が無いなどと思わないことです。

 

さあ、悩んでいないで、自分の興味のあることを
ネタとして ブログを書いていってみることです。

 

この記事を是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク