スポンサーリンク

ブログ記事の見た目

 

記事を書くときにはどんな想いをもって書き始めますか?

 

ブログ文章で大切なことは
読み手第一と考えて、読者の知りたいことや
興味が持たれる内容を綴っていくことです。

 

ユーザー目線で文章を書くと、上位表示も可能になります。

 

ユーザー目線の記事を書くことは必須ですが、
もう一つ重要なポイント有ることをご存知ですか?

 

それは、ブログ記事の見やすさということです。

 

どんな素晴らしい内容を書き綴ったり、
表現のしかたなどに意識が向けたとしても、
記事が読まれないことには役には立ちません。

 

この記事の見やすさは、意外と見落としがちになります。

 

ということで、
今回はブログ記事の見た目についてお話していきます。

 

スポンサーリンク

ブログ記事の見た目とは文章の読みやすさ!

 

ネタを見つけ、キーワード選定をして
一生懸命に文章を書いても、
見た瞬間に読みにくいと思われたら
有無もなくブログは閉じられてしまいます。

 

よく言われていることで、
どんな素晴らしい内容の記事を書いたとしても、
読者全員が最初から最後までしっかりと読んでくれている
そんな読者は皆無に等しいくらいいません。苦笑

 

なぜなら読者は忙しいのです。

 

忙しい読者のためを考えて文章を書くとともに
見た目も重要視しなければなりません。

 

例えば

 

ブログ記事A

ブログを始めた見たものの、
上位表示ができずに全く読者が集まりません。
その結果、収益はゼロの状態が続いています。
「このままアフィリエイトを続けても時間と労力のムダではないのか?」
と悩んでいました。
そんな時に、おる方のブログに出会い、
気になるタイトルの文章を読み進めてみると、
「なるほど」と思える内容が書かれていたのです。

 

ブログ事B

 

ブログを始めた見たものの、
上位表示ができずに全く読者が集まりません。

 

その結果、収益はゼロの状態が続いています。

 

「このままアフィリエイトを続けても
時間と労力のムダなのではないのか?」

 

と悩んでいました。

 

そんな時に、おる方のブログに出会い、
気になるタイトルの文章を読み進めてみると、
「なるほど」と思える内容が書かれていたのです。

 

ブログ記事AとBを見比べてみて、
どちらの記事を読みたいと感じますか?

 

文章は思いつくままに書いてみましたが、
多くの方は「B」の方が読みやすと答えるのではと思います。

 

文章の内容は、ブログAもBも同じなのですが、
双方の違には「見た目」といった点が違うだけなのです。

 

ブログ記事Aは、
一塊となる文字で埋め尽くされていて、
視覚的に圧迫感を与え読み手にストレスを感じさせてしまう。

 

逆にブログ記事Bは
レイアウトに少し気を配り、段落や節が変わる時に、
1行か2行空けるような工夫をしただけで
スッキリとした印象の見た目になります。

 

フォントの使い方でも見た目に違いがでます

 

適切な段落や改行の工夫でも文章は読みやすくなりますが
書体やフォントサイズでも文章の見た目が変わります。

 

一般的に、フォントは明朝体かゴジック体と、
フォントサイズは14pxか16pxが使われているようです。

 

また、太さや色、背景色を変えるなどで工夫するのも一つです。

 

文字に色を使う場合の注意点としては、
赤か青などの2色と背景色は黄色で装飾しましょう。

 

ブログに記事を書き始めた当時、
読みやすい書体やフォントサイズについて
あまり考えていなく、明朝体の16pxを使っていました。

 

そんな時に、
友人にブログを読んでもらったところ

「もう少し文章に柔らかさがあるといいよね!」

といったコメントを貰い、フォントを見直しました。

 

で、フォントを変えて、再度友人に読んで貰ったところ、
「いいじゃん、読みやすくなったよ」との返事でした。

 

ただ、書体の選択は個人的な好みで分かれますね。

 

スポンサーリンク

一行の長さに気を配れば見た目と同時に読みやすい

 

一行・一文が長くなると、
何が書かれているか理解されづらくなります。

 

特にブログなどの媒体の文章は、横に書かれています。

 

人の目の動きとして横文字を読むのが苦手らしく、
ストレスを覚えやすい文章になってしまします。

 

その結果、「読みにくい」とされ、
読者が離れていく原因になってしまいます。

 

そこで読み手に嫌われない文章を書くコツとして、
一行の長さを30~40字程度として、
日本語として変にならない1節を「○」か「、」などを使い
短く切っていくことで読みやすく伝わりやすくなります。

この気配り、工夫も、
ブログ記事の見た目として必要なことです。

 

また文章にリズムを持たせると、読者が読みやすくなります。

 

文章にリズムを作る方法として
体言止めといったライティングテクニックがあります。

 

※文章にリズム感を作る体言止めについてはこちらの記事をどうぞ
→ 体言止めの使い方とその効果は文章にリズムを与える

 

 

小見出しを使うことで見た目がスッキリする

 

2000文字3000文字またはそれ以上の長い文章を書くと、
途中で何を書いているのかわからなくなってしまう。

 

なんてことありませんか?

 

記事を書く本人が迷ってしまうことがあるなら、
その文章読む人はさらに迷ってしまいますよね。

 

ブログは読み手第一ということが前提で書くものです。

 

そこで「読者に伝わりやすい文章」のために、
文中に見出し、小見出しをつけることです。

 

そうすれば見た目にもスッキリとした感じになります。

 

そこで小見出しをつけるポイントは、
文中に箇条書き的な区切りをつけるといった目的で
「この見出しにはこんな内容のことが書いています」
と記事の内容がわかりやすくなるようにつけます。

 

まとめ

 

如何でしたかブログ記事の見た目について、
お話してきましたが、チョットの工夫で印象に違いがでてきます。

 

また、近年スマホでブログを読む人も増えています。

 

スマホの場合は、パソコンと違い画面が狭く、
1行の長さにも違いがあります。

 

ですのでパソコンでいい感じで改行していると思っていても
スマホで見てみると、デコボコな文章になってしまっている
なんてことがあります。

 

スマホでは1文あたりの長さが20文字前後で
次行に移るので、ある程度は意識しておくといいです。

 

また適度にスペースを入れることで、
視覚的にストレスのかからない文章になりますので
この点についても意識してみてください。

 

ブログ同様にスマホについても読む人が誰なのかを考え
「読者に読みやすく伝わりやすい」
を意識付けしていれば、質の高いブログになります。

 

スポンサーリンク