スポンサーリンク

 

 

ブログのプロフィールはとても重要です。

 

信頼あるブログにするためにも、
しっかりしたプロフィールは作り込みましょう。

 

ブログ記事を読んだ読者が、価値を感じたときに、

「このブログを書いた人って、どんな人なんだろう?」

と興味が湧いたことでプロフィールが読まれます。

 

その時にプロフィールがしっかりと書かれていると
プロフィールを読んだ人はファンになってくれます。

 

ファンが増えたということは、
あなたとあなたのブログに信頼を抱いたことになります。

 

スポンサーリンク

プロフィールは自己紹介と同じでしょう?

 

そもそも、プロフィールってなんでしょうか。

 

運営者の人生のストーリーが書かれていて、
「人となり」が開示されているのがプロフィールです。

 

では自己紹介文とは?

 

自分の生い立ちや学歴・経歴を主観的に書かれている
「自分はこんな人です」といった内容となっている文章です。

 

また

 

「人に話す経験などが無い」

「自分のことを書いても意味を感じない」

 

と思ってプロフィールが書かない人もいます。

 

もし、そのように思っているなら、
読者の心を掴みファンになってもらうことはできません。

 

なぜなら、プロフィールの役割は、
読者との「信頼」を高めるためのページとなるわけです。

 

「信頼」が得られれば、一見さんがファンとなって、
頻繁にブログに訪れてくれるのです。

 

特に相手の顔が見えないブログなら、
共感と信頼が得られなければ、

有益な情報を伝えても相手の心には届きません。

 

ブログの信用をアップするためにも
プロフィールをしっかり書いて、

信頼をアップする必要性があるんですよ。

 

自己紹介とプロフィールの違い

 

自己紹介文との違いは、漠然でわかったが、書き方が分からない?

 

以前の僕も、自己紹介文をプロフィールと思っていて、
知り合いからの指摘があるまで気がつきませんでした。

 

そこで、僕が思いつく具体的な自己紹介との違いはこんな感じです。

 

例として、

「私は、○○県生まれで大学を卒業した後に△△企業に就職しました。
現在はコンサルタントをしています。コンサル業に役立てるために
NLPの資格を取得しています。資格TOEIC850点。CFP」

 

など淡々と書かれているものが自己紹介文です。

 

「私が過去に○○の経験をしてきて、人の人生の役に立つことができないものか
と想って、多くの企業のコンサルタントで培った経験を通して、
景気の低迷で苦しんでいる中小企業やの社会に貢献しています。」

 

といったストーリを書いたものがプロフィールです。

 

プロフィールは客観的に書かれているもので、
ブログ運営者の「人なり」「ストーリー」が盛り込まれています。

 

それを読んで読者が、

 

「あ、僕も同じ経験がある」

「その気持ちよくわかる」

 

などで身近に感じてもらえることで、
共感が生まれるんですよね。

 

あなたにも一度くらいは経験があるのでは・・・

 

初めて会った人との会話で、出身地が同じだったというだけで、
距離が縮まり親近感が湧いたなんて経験はありませんか。

 

その人がどこの誰かも分からないのにねぇ。

 

なぜ、そうなってしまうのか?

 

それは、人間としてのごくごく自然なことで、
他人との共通点に反応して共感を抱くのです。

 

特にブログは文章で思いを伝えていくのだから、
共感・信頼が得られることって重要なんですよね。

 

運営者の人となりのストーリーを含ませて作り込んだのが
プロフィールということなんです。

 

スポンサーリンク

プロフィールの具体的な作りかた

 

プロフィールは読者と繋がる窓口です。

 

ただ、プロフィールから読み始める人はいませんから、
読者に「役に立つ」記事を書いている必要があります。

 

役に立つ記事を書き続けていることで
誰がブログを書いているのかと、

興味を抱いてプロフィールが読まれます。

 

しかし、プロフィールが簡素だったら、
即、ブログからサヨナラされるだけです。

 

読者に継続して訪問してもらうために
プロフィールの役割は重要だということです。

 

では、具体的にどう書けばいいのか?

 

プロフィールには、あなた自身の

「人となり」

「あなたの人生のストーリー」

を書くようにすることです。

 

ただし、人生の生い立ちを淡々と書かないこと。

 

なぜなら、色々とやってきたことを盛り込みすぎると、

読み手側からは、

「結局、なにをしてきたの?」

「何を言いたいの?」

と、なにを伝えたいのかがわかり難くいからです。

 

では、どうすればいいのか?

 

プロフィール作りで考える3つポイント

 

プロフィールを考えるときに、作り込むための3つのポイント
「強み」「信頼性」「方向性」を持たせて作り込みます。

 

プロフィールを考える時におさえて置くべき、3つのポイントをお伝えします。

 

自分の強み

 

自分のお客さんになるかもしれない、
読者の信用を得るために、自分の強みの要素を考えます。

 

自分の強みを考えるといっても解りづらいと思うので、

もう少し解りやすく例えると。

 

自分がビジネスを始めたジャンルは何か?

自分のビジネスのジャンルに特化した専門家であるのか?

 

読者を導ける専門家として、開示することです。

 

そして、そのジャンルでブログ読者を
どんな未来に導けるかを元に考えてみる。

 

そのうえで、他にはない価値提供ができるものを
プロフィールに盛り込むことが強みとなります。

 

共感を打ち出す

 

自分の強みばかりを出してもいけません。

共感されるポイントも含める必要があります。

 

例えば、はじめてあった人との会話の中で
出身地や卒業した学校名が同じだったら、

一気に距離が縮まったなんて経験はありませんか。

 

なぜ、そうなってしまうのか?

 

それは、人は自分以外の人には興味が湧かないからで、
他人に興味が湧くのは、自分と関係があると感じたときです。

 

これは、ブログ運営においても重要なことで、
まずこの共感が得られることで、信頼感へと繋がっていくので、

共感部分もプロフィールに盛り込みます。

 

ただし、注意することがあります。

 

自分の生い立ちを長々と書かないことです。

それは、プロフィールを読む人は「知らない人」ですから、
時間を費やしてまで知らない人の生い立ちを読む人はいませんから。

 

共感を生み出す具体的なコツ

 

共感を生み出す具体的な方法として、

 

・現在の住まい・地域

・出身地

・趣味

・既婚・未婚

・仕事

・家族

・好き嫌い

・年齢

・職業

・出身学校

 

などを挙げてみてください。

 

もちろん、個人が特定されてしまうほどの、
詳しい情報を書く必要はありません。

探してみるとプロフィールに書くことは、
いくらでも見つかるものです。

 

面倒くさいかも知れませんが、頑張って見つけてみてください。

 

あと、意識して欲しいことが一つあります。

 

それは、一塊の文章でなく一瞬で伝わるように書くこと。

 

この点を意識して作り込むといいですね。

 

方向性をもたせる

 

ブログを運営しようと思った理由があります。

 

どういった目的でブログを始めたのかを考えてみてください。

 

ブログを始めた理由には、人それぞれの夢や目的がある筈ですよね。

 

その理由・目的に繋がることがあれば
それをプロフィールのなかに書いていきます。

 

いま少し詳しくお伝えすると、

 

「経済的・時間的な囚われることなく、
心から笑える日常を手に入れ心豊かな人生をおくる」

 

ということが「理由・目的」になります。

 

現在の仕事を通じて、将来に対する夢があるかもしれません。

 

また、過去の経験から見つけ出した役割などを語るのもいいでしょう。

 

プロフィールに方向性を含めることで共感が生まれやすくなるので、
理由と目的を元に作ってみてください。

 

方向性を見つけだすコツ

 

人の共感を生み出しやすい一つに、
過去のできごとで、失敗して困難を克服して現在にいたる。

といったストーリーに共感を抱きやすいものです。

 

その経験を語り、理解されることで、共感が信頼へと繋がります。

 

何ごとにも上手くいっていることではなく、
失敗や後悔したことなど、人なら必ずある筈ですよね。

人は挫折した経験を乗り越えてきた話に、人の心は惹きつけらものです。

そして、挫折から復活した経験をから、生み出された想いを語りましょう。

ではどんな事を語ればいいのか、

・ブログ運営を始めようと思った理由と目的

・ブログ運営に至った経験と過程

・あなたの理念、主義・信念・価値観

・将来の夢や目標、未来について

この4つのポイントをあげてみました。

 

そもそも、有名人でもないあなたが、
ブログを書いても信頼感は全くありません。

 

ですから共感を生み出す情報と上記の4つのポイントを
プロフィールに含めることで信頼感が高まります。

 

ただ一つ気を付けて欲しいことが嘘の自分を語らないことです。

 

嘘は必ずバレますので、絶対にやめましょうね!!

 

まとめ

 

プロフィールをしっかりと書くと、
読者との間に共感が生まれやすくなります。

 

共感から信頼へと繋げていくために
ブログで重要なページがプロフィールです。

 

読者との窓口になるのですから
手を抜かずにしっかりと書くことです。

 

「自分にはプロフィールに書くことなど無い!」

 

と思っている人でもいくらでもあります。

 

それを主観的でなく、客観的に書きだすと見つかるものです。

 

見えてきた自分の強みを元にプロフィールを作成し
より多くのブログ訪問者の心をガッツリとつかみ、

 

一見さんをファンへと繋がることでしょう。

スポンサーリンク