スポンサーリンク

記事タイトル

 

記事のタイトルは本文を読まれるために重要なものです。

 

どなん素晴らしい記事内容であっても、
読まれずにサヨナラされてしまったら意味がありませんよね。

 

そもそも、検索した読者が最初に目にするのが記事タイトルですから、

 

タイトルを見たときに「なにが書かれていのか?」
興味関心を惹くことで、先にある記事本文が読まれるわけです。

 

記事を書く時間と努力を無駄にしないためにも、タイトルの付け方は重要なんです。

 

スポンサーリンク

記事タイトルは集客に大きな違いをうむ

 

記事タイトルは、「本文を読んでみたい!」
思われるための重要な窓になります。

 

検索して訪れた読者がタイトルを見て
興味関心が向かなければスルーしてしまいます。

 

集客が必要なブログ運営だからこそ、
タイトルの付け方を疎かにすると読者の訪問は期待できません。

 

それだけタイトルの付か方は重要なんです。

 

また、タイトルの文字数って多くって3040程度に比べて、
記事本文の文字数は2000・3000文字になります。

 

ひと記事書くのに時間と労力がかっているのに
本文がまったく読んでもらえないと悲しくなってしまいます。

 

ガックリと肩を落とさないためにも、記事タイトルを本気で書きましょう。

 

記事タイトルのキーワード付で注意すること

 

検索エンジンからのアクセスが基本のブログ運営です。

 

読者に役立つ文章力が備われば、
検索エンジンの評価が高くなり集客力が高まります。

 

検索エンジンの評価を受けるために記事本文も大切ですが、

上位表示の決め手の1つが
タイトルのキーワードが重要な要因になっています。

 

ただし一つ注意しなければならないのは、
キーワードを詰め込み過ぎないことです。

 

なぜなら、キーワードを意識し過ぎて、
変な日本語になっていては読者の関心も、

検索エンジンの評価も得られません。

 

では、おかしな記事タイトルにならないためには
検索したお客さんの気持ちを考えて

タイトル設定をすることに注意することです。

 

スポンサーリンク

具体的に記事タイトルを書く方法

 

具体的なタイトルの書き方で意識することは
記事タイトは32文字以内にすることです。

 

なぜ32文字なのか?

 

記事タイトルが長すぎると途中で切れたり、
逆に短いと、興味を惹くタイトル付けが難しくなるからです。

 

例えば、

 

「○○○でOK!△△△のみで記事タイトルのデザインをおしゃれにする方法15【×××ブログカスタマイズ】」

 

このタイトルで記事を書き検索結果として表示されるのが

 

「○○○でOK!△△△のみで記事タイトルのデザインをおしゃれにする方

 

で、最後が【…】となって全文が表示されなくなっています。

 

逆にこちらは30文字で収まったタイトル文です。

 

「□□に***おくべき!記事タイトル変更のメリットとデメリット」

 

上記の記事タイトルの画像を見てもらうと理解できると思いますが、
32文字を超えてもいい場合があります。

 

画像の上から三番目のタイトルの最後も【…】と何っているが、
【…】以前の表示でされる部分を読めば、

短期でダイエットできる方法がある記事だとわかればいいのです。

 

文字数の制限に固執せずに、人に記事を開いてもえる
興味関心を惹くタイトルを考えることをおすすめします。

 

ポイント1 メインキーワードは左に置く

 

検索エンジンの仕組みを考えるとキーワードを、
タイトルの前半にもってきたほうがいいのですが、

 

それに拘りすぎると、
無味乾燥のタイトルになってしまう可能性があります。

 

しかし、先にも書きましたが、
必ずしもそうしなければならない訳ではありません。

 

違和感ない文章になれば問題はないです。

 

例えば、この二つを比較してもらえれば、
順番の違いが分かるとおもいます。

 

「神宮外苑花火大会の穴場スポット」

 

「【2017年】神宮外苑花火大会の穴場は?」

 

神宮外苑花火大会の前に【2017年】があっても、
読者が一目で興味関心を惹ければいいわけなので、

固執せずに考えて作ればいいわけです。

 

ポイント2 数字を入れる

 

数字を入れると具体性に富み、興味を惹きやすいです。

 

タイトルに使う数字として、よく使われるのが
3、4、5、7といった数字です。

 

例えば、

 

「副業ブログで稼げる重要な集客方法」

 

「副業ブログで月に50万円稼ぐ4つの法則」

 

これらの数字には、読者の注目と興味をひく、
心理的効果があると言われています。

 

また、数字があることで記事の長さを伝える効果もあります。

 

ポイント3 タイトルに【~で解決できる】を仕込む

 

読者の悩みの解決できるキーワードを入れる。

 

例えば、「長年の悩みである便秘が解決できる【玄米酵素】とは?」

 

読者は悩みを解決方法を探していて、
「この記事は自分のために書かれている!」

と無意識に反応を惹くキーワードが気になるものです。

 

ポイント4 疑問を持たせる

 

人の心理として、
自分の知らないことに「知りたい!」

反応を示しめすものです。

 

その知りたいとの思いを刺激させる
キーワードをタイトルに仕込むのも一つの手法です。

 

ポイント5 現実に起きた出来事を含ませる

 

現実に自分に起きたできごとや、
「失敗や後悔したエピソード」などは、

意外と興味をひくものです。

 

現実的な出来事には人って「なにがあったのか?」と、
興味を持ちやすいものです。

 

また、過去の経験が「それって、あるある!」
関心も向けられやすいです。

 

記事タイトルは本文を書いた後?さき?

 

1人でも多くの人に記事を読んでもらうために、
記事タイトルで惹きつけます。

 

読者の入り口となる記事タイトルですが、

記事本文を仕上げてから作るのか?

 

タイトルを決めてから本文をかいていくのか?

 

と意外と迷う人もいます。

 

では、どちらのタイミングがいいのか、
「記事内容から記事タイトルを考える」ことを

おすすめします。

 

なぜなら、本文を読み返すことで、
よいタイトルが思いつくようなるからです。

 

また、タイトルと違った記事本文になってしまっては、
記事を書きなおしたりと、余計な手間となるからです。

 

まとめ

 

記事タイトルは記事本文よりも、かなり重要となります。

 

読者にとってタイトルは、ブログに訪れる窓口になり、
記事を読むか読まないかを決定するほど重要なんです。

 

つまり、タイトルは、たった一瞬で文章が読まれるか、
読まれないか、が決定するわけですから、

いい加減な記事タイトルを付けないことです。

 

今回の記事タイトルの付け方を参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク