スポンサーリンク

 

アフィリエイトを始めてみたものの、
どしても避けては通れない問題が目の前にあります。

 

それはブログで文章を書くということです。

 

文章を書くスキルはネットビジネスにおいては
最も重要で欠かすことのできないスキルの一つです。

 

しかし、アフィリエイト初心者や現状稼げていない人に
文章を書くことに苦手意識を強く持っている人が多いようです。

 

僕もその苦手としている一人でもあるわけですが・・・・・。

 

そのような苦手意識があるので文章を書くのに
日々に苦労をしていて挫折しそうにもなります。

 

そしてそのような、文章が書けない悩みは
アフィリエイトビジネスを進めて行く上でストレスになります。

 

で、そんな苦労をしていると、
てっとり早くもっと楽に稼げる方法を探し始めてしまう
という流れになってしまう人がでてきます。

 

 

それがノウハウコレクターへと辿る切っ掛けになるわけです。

 

 

仮に文章を必要としない稼ぎ方があるとしても、
一時的に稼げても継続収入をえることはほぼ不可能でしょう。

 

また、そんな方法を探してみても結局は
文章を書くことからは避けては通れませんから。

 

 

もし「安定収入の仕組みを作り自由を得たい!」
と思うのであれば、Webライティングのコツを学び
実践で役立てていけば最小限で結果をだせるようになります。

 

そこで今回は複雑なコピーライティングのノウハウでなく
とてもシンプルで結果をだせる本質的なことをお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

Webライティングとは

この記事を読んでいるあなたは、

  • 「どんなコンテンツがあれば読者が集まるブログになれるのか?」
  • 「わかりやすく、伝わる文章を書けるようになりたい」
  • 「売れる文章を書けるようになりたい」

 

などの思いから
コピーライティングの書籍や教材などを参考に
文章を書いてきたのだと思います。

 

しかし、そんな努力の甲斐もなく結果がでずに
落胆したのではないでしょうか。

 

ではなぜ結果がだせないのか?

 

Webライティングで重要なのは
読者に必要とされている情報をわかりやすく伝えること。

 

そのための「書き方」「コツ」「ルール」があり、
一連の要素を踏まえて書くのがWebライティングだからです。

 

そのコツを知っているか知らないかだけで差がでます。

 

そして最も重要となるのが
「お客さんが求めていて役立つコンテンツを作る」
ということです。

 

そこに強く意識を持っていれば、文章を書いても
ユーザーが集まらないといった悩みが解決できます。

 

 

またコピーライティングのノウハウや
テクニックばかりを意識する余り
「ユーザー目線」を忘れてしまいます。

 

たったこれだけを意識して
あとは実践していけばいいわけです。

 

「ユーザー目線」ができれば訪問数をアップすることができる

ユーザーの訪問を増やすために
検索エンジンの特性を理解しておくことが必要です。

 

で、検索エンジンの特性とは何か?

 

ユーザーはネットで目的のサイトを見つけるために検索を行います。

 

そして検索結果で、タイトルのキーワードに興味・関心をもち
文章の第一印象で気に入ってもらえればいいわけです。

 

その結果「訪問数をアップ」する可能性が高まるわけです。

 

また、昨今のGoogleの考え方として、
検索ユーザーに役立つコンテンツを提供しているサイトを
上位表示させる傾向になっています。

 

ということでユーザー目線はとても重要な要素で
これを別名SEO対策ともいわれているものです。

 

スポンサーリンク

ユーザーに役に立つとはどういうこと?

あなたのブログに
どんなルートでユーザーがやってくるのか知っていますよね?

 

改めて書きますが、検索エンジンからやってきます。

 

その時ネットユーザーが検索をする目的が、
「自分の欲求や問題や悩みの解決」の情報を求めていて、
目的のブログを見つけて訪問します。

 

検索結果で訪れてブログ文章がユーザーのニーズを
文章で語られていることが「役に立つ情報」ということです。

 

コンテンツが増えていき訪問者に評価をされれば、
検索上位が果たせるわけです。

 

しかし、役だつ情報は人によって違いがあるし
ネットユーザー全てにあてはまる情報を提供するなど不可能です。

 

例えば、薄毛で悩みを抱えている人に役立つ情報でも
男性はもとより、女性なのかも知れないし、年齢にも違いあります。

 

また、育毛の方法を知りたいのかも知れないし
病院やクスリやサプリメントを求めているのかも知れません。

 

ということで悩みと言っても人それぞれに違いがあります。

 

ですから、薄毛について全ての人の悩みを解決する記事は書けないのです。

 

つまり役立つ記事を書くためには、記事を読む人が何に悩んでいるのか、
どんな解決方法を知りたいのか検索ユーザーの意図を考えること。

 

「如何に読者のニーズを知り答えるか」
そして検索してきたユーザーに分かりやすく伝えられるかに尽きます。

 

そのためにブログコンセプトを明確化にし、
明確にしたことを軸にしたリサーチをしていき
コンテンツを作ることが大切なのです。

 

ぜひ読者のニーズを把握するためにリサーチをしてみてください。

 

何の専門家なのかを明確にしておく

あなたが何か解決したいことを打ち明ける時に
全くなにも解らない人に聞くよりも詳しい人に聞くのでは?

 

また自信なく答えられたとしたら、その話に疑問が湧きますよね。

 

例えば、咳が続き病院にかかった時に
医者から説明を受けた時と、

街のドラックストア―の薬剤師からの説明だと
同じ白衣をまとっていてもだいぶ違って伝わります。

 

ユーザーにとってあなたのブログで必要なのが信頼です。

 

ユーザーの信頼を得るためには、
「この人に相談すればなんでも解決できそう」と思われること。

 

そのためには、
あなたが扱うブログのジャンルにおける専門家とした
立ち位置が必要なのです。

 

ユーザーにどうなってほしいのか

文章で情報を伝える時には、相手にどうなってほしいのか、
自信を持って伝えることが大切です。

 

自信がなければ想いを伝えることエネルギーは半減しますから。

 

でそのために相手への想いを明確にしておくと
伝わりやすいメッセージになります。

 

またアフィリエイトはビジネスです。

 

初心者気持ちを何時までも持たずにプロ意識で
相手を思いやる気持ちで向き合うことが重要です。

 

ですから、ブログ記事を書くときには
「この記事を読んだ人にどうなってほしいのか」
をしっかりと考えて、わかりやすく伝えるようにしてみてください。

 

なぜなら、想いはよくも悪くも相手に伝わるから。

 

それと先にも書きましたが、検索ユーザーが訪問する目的には
何かの悩みや問題を解決する方法を知りたいことに併せて
知ることで得られる未来を手にしたいのです。

 

それをするのがWebライティングのコツです。

 

まとめ

 

ブログを始めてみたものの
記事が書けなく悩みを抱えているという
初心者の方に多く見られます。

 

その解決方法として
相手に寄りそって誠実に対応する姿勢で
「ユーザー目線」で分かりやすく文章にする。

 

コピーライティングのような、
難しく思えるテクニックは必要ありません。

 

ユーザーとの出会いの場となるブログを介して
コミュニケーションを構築するために
Webライティングが必要不可欠なのです。

 

そしてあなたのビジネスを繁栄させるためにも、
ユーザーとの出会いを大切にして、

 

ユーザーにどうなって欲しいのかを常に考えて
心からその気持ちを持っていれば
記事が書けない悩みは解消されるので実践してくださいね。

 

スポンサーリンク