スポンサーリンク

無料ブログサービス

 

ブログアフィエイトを始めた人が最初に考えることの一つに
「ワードプレス」「無料ブログサービス」を使うべきか?ということです。

 

また、初心者がワードプレスを利用して、
ブログデザインやプラグイン設定など少々難し面があります。

 

ブログ構築に時間がかり、記事を書くことができなければ
アフィリエイトを始めた意味がありません。

 

そこで、無料で使えるブログサービスから
アフィリエイトを始めるのも一つの選択です。

 

スポンサーリンク

無料ブログサービスの利点

 

ワードプレスはHTMLやCSSなど、
ちょっとした専門知識が必要になります。

 

あと、年間に10000円程度の費用がかかるのがワードプレスです。

 

逆に無料ブログサービスなら、ワードプレスのような
プログラミング知識や費用がかかりません。

 

そういった理由でワードプレスでは少し難しいと思う人は、
簡単に始められる無料ブログサービスを選びましょう。

 

無料ブログサービスはどこを選ぶ?その特徴

 

ネット上にはさまざまな無料ブログサービスがありますが、

はたしてどれを選ぶべきか?

 

・Ameba

・Fc2

・ライブドア

・Seesaa

・Hatena 

・So-net

・忍者ブログ

・excite

など検索をかけると、
たくさんのブログサービスがでてきます。

 

ただし、各ブログサービスの規約が違うので必ず一通り目を通してください、

 

なぜなら、アフィリエイト目的では利用できない
サービスがあり、アメーバブログは注意が必要です。

それではどこのサービスを選べばいいのか、
という話ですが個人的な見解もあるので、

最終的にはお好きなブログを選んでください。

 

FC2は、アダルトジャンルを扱うなら
唯一アフィリエイト可能な無料ブログサービスです。

 

それ以外はSeesaaかHatenaでしょうか、
それぞれの理由を説明します。

 

FC2ブログ メリット

 

・カスタマイズができる

・豊富なテンプレートの数

・ブログパーツが豊富

・スマホに対応している

・アダルトアフィリエイトok

 

FC2ブログ デメリット

 

・無料版では更新を怠ると勝手に広告が表示される。

・創業者や関連会社が家宅捜査をうけている。

・会社の実態が国内に存在せず謎が多い。

・Googleやbingなど他社のサーチエンジンから表示されない。

 

はてなブログ メリット

 

・SEOに強い

・コミュニテインの交流が深い

・ある一定の制限があるがアフィリエイトが自由である

・操作が初心者に優しい

・記事作成に専念できる

 

はてなブログ デメリット

 

・カスタマイズなどの自由だが低い

・有料プランは他社に比べて割高

・表示速度が遅い

・テンプレートの数が少ない

 

Seesaaブログ メリット

 

・1つのアカウントで5つまで作れる

・テンプレートが豊富

・初心者には操作がやりやすい

 

Seesaaブログ デメリット

 

・自由度が低い

・ブログ削除のリスクが高い

・ブログが重い

 

あと最後にアメブロも書いてみます。

 

アメブロのメリット

 

集客目的で利用するには最も適したサービスです。

 

なぜなら、有名人をはじめ、アメブロ利用者同士の繋がりが充実していて
ベタ、グルっぽ、読者登録を利用することで効果的に集客ができるからです。

 

アメブロのデメリット

 

・楽天 アマゾン以外のアフィリエイトは削除リスクが高い

・広告が入る

・利用規約が厳しい

・削除リスクが非常に高い

 

ということでアメブロに関しては
集客を目的にするならおすすめの無料サービスです。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

無料サービスブログにも色々な特徴・短所があり、
どれを利用するかはブログジャンルの方向性で考えると

判断しやすいと思います。

 

とくにアメブロに関しては集客目的にすると便利なサービスです。

 

現在でも多くのアフィリエイターの集客戦略で
利用している常連さんも多くいます。

 

その一方で、
アフィリエイトとは全く関係ない趣味でブログを書いている

ユーザーもたくさん存在しているのがアメブロの特徴です。

 

いずれ有料サービスを利用するとしても
無料ブログサービスを集客目的で作り込んでいくのも一つ。

 

多くの初心者が抱える記事がかけない悩みや記事ネタが見つからないなど、

 

無料ブログサービスを使いネタ集め、文章力の向上のために
積極的に利用するのも一つの考えかたです。

 

そして育てあげたブログから
メインブログへと誘導するといった戦略にも使えます。

 

どちらを使うか決めたら、実践経験を積んでみてください。

 

スポンサーリンク