スポンサーリンク

アフィリエイトの仕組み

※2019年4月20日⇒2020年2月5日 記事更新

今日からアフィリエイトを始める、超初心者の方へ。

言葉の意味や仕組み、本当に稼げるのか?
メリットとデメリットを知りたいといった疑問に答えます。
 

本記事の内容

アフィリエイトという言葉を初めて知り意味さへ知らない人の疑問に答える

スポンサーリンク

 本記事でお伝えする内容

超初心者のための基礎知識。

1.アフィリエイトとは?言葉の意味と仕組み解説

2. アフィリエイトのメリットとデメリット

3. アフィリエイトで稼げるジャンルと商品とは

4.  アフィリエイトで稼ぐ3つの手順の解説

 現在、僕はアフィリエイト歴5年ほど。

アフィリエイトの言葉と意味でさえ解らなかったが、
放置状態のブログからでも自動で収入を得られた経験から、
稼げるビジネス手法なので、初心者向けに解説しますね。

アフィリエイトとは?言葉の意味と仕組み解説

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトとは、広告掲載で成功報酬を受け取るビジネス。

 アフィリエイトを実践している人の中には
月に数百万円の収入をえている強者もいます。・・・^^;

 アフィリエイトは成果が全ての成功報酬型ビジネスになります。

スポンサーリンク

アフィリエイトの仕組みの構図

 あなたのブログ(サイト)の記事に企業や商品・サービスの広告を掲載して、
ユーザーがその広告をクリックし、
商品やサービスが売れれば成果報酬として収入が手に入る仕組みです。

解説図

 アフィリエイトの構図

「広告主・ASP(仲介社)・アフィリエイター・お客様(ユーザー)」
といった流れで、 企業が広告主として、

売って欲しいサービス・商品をASPに広告費を支払う
画像のとおり仕組みは至って単純!!

 

ASPで扱っている企業や特定の商品・サービスを
アフィリエイター自身のホームページやブログ記事に
広告を掲載し収入を得ていきます。

※ アフィリエイトを行っている人をアフィリエイターと呼びます。

収益が発生する仕組み

アフィリエイターは商品が確定するたびに、
その手数料として対価を受け取れます。

それを成果報酬型という仕組みと呼ばれるもので、 

後で詳しく解説しますが、
結果が出なければ報酬は得られない点がむずかしい。

アフィリエイトで報酬発生する4つのパターン

 一方でアフィリエイトの場合は、
成果報酬型なので、成果発生のパターンが, 

パターン①広告がクリックされた時【クリック報酬型】
パターン②広告がクリックされて、商品が購入されたとき【成果報酬型】
パターン③サービス利用で報酬が発生【サービス利用型】
パターン④広告の表示回数で報酬が発生する【インプレッション型】

 以上の4つのパータンがあります。

ここでは代表的な
【クリック報酬型】と【成果報酬型】を詳しく解説をして、

残りの
パターン③:【サービス利用型】
パターン④:【インプレッション型】については別の機会に解説します。

※どのパターンにもメリットとデメリットがあり、
取り組む方の考え次第といった点を理解してください。

報酬単価に違いの比較

収入単価としては、お互い違いがあります。 

パターン①:広告がクリックされた時【クリック報酬型】
このパターンはワンクリック数十円から数千円といった単価になります。 

パターン②:広告がクリックされて、商品が購入されたとき【成果報酬型】
こちらは一商品、数千円から数万円と高単価。

アフィリエイトのメリットとデメリット【2つの視点から解説】

アフィリエイトのメリット 

”アフィリエイター側”のメリット 

場所を選ばずに稼げる

初期費用がかからない

在庫を抱えるリスクがない

コツを掴めば自動化で大きく稼げる

Webマーケティングスキルが身につく

人間の心理を学べる 

”アフィリエイター側”のデメリット

成果が出なければ収入もゼロ

成果が出るのに時間がかかる

モチベーション維持が大変

1人作業なので孤独感が大

Googleのアルゴリズムに左右される

社会的な認知・評価が低い

こういった感じです。 

”広告主側”のメリット

不特定多数の販売経路が持てる

費用対効果が高い

広告単価を決められる

売れた商品数に応じて広告費が発生する

自社商品の認知度が高まる

販売に繋がるスピードが速くなる

”広告主側”のデメリット

広告掲載先(ブログ運営者)の選択肢に選ばれる必要がある

初期費用と月額費用がかかる

他企業と差別化の商品・サービスの充実

成果発生までに時間がかかる

利益率の高い商品でないと販売が難しい

アフィリエイター側の運営管理のチェック

こんな感じですね。 

現在では商品・サービスの差別化が難しい時代、
広告主(企業)側としても、

利益率の高いサービス・商品を持っていなければ、
アフィリエイター側から選択されることが
かなり難しいかなと思います。

アフィリエイトで売りやすく成果がだせる商品・ジャンル

商品・ジャンル

ずばり、お悩み系や金融・語学系商材が売れやすいです。

 基本:アフィリエイト商品を選ぶ基準は、
自分がよいと考える商品や興味を持っていることから選ぶこと。
 

その理由は、
家族、友人や親しい人に自信をもって進めることができるし、
さらにその商品に対して詳しい知識があるからです。 

現時点で知識が無くても大丈夫!

興味があれば、選ぶ商品に付いて詳しく調べるようになりますよね!?
その結果、知識となり紹介記事も書きやすくなるので。

アフィリエイトで売れやすい商品の具体例

 アフィリエイトで売れやすい商品って、仕事や子育てで忙しい人、
実店舗で買うのが恥ずかしいダイエット、お悩み系の商材は、

インターネットを利用して購入する人が多いということです。 

初心者でも月3万円~10万円稼げるキーワード 

・金融系(クレジット・FX・保険・キャッシング・消費者金融・仮想通貨) 

・語学系(英会語・学習塾・家庭教師) 

・転職・仕事系(看護師求人) 

・健康/美容系(コスメ・健康食品・脱毛・・育毛剤・酵素
        ウォーターサーバー・サプリメント) 

・出会い系(結婚・恋愛) 

・転売/査定系(車買取の車査定・バイク・おもちゃ) 

・旅行系 

・引越し見積もりなどなど………( ^ω^)・・・ 

以上の商品は“稼げる系”としては王道中の王道キーワードです。^^

ポイント:報酬単価と商品単価のバランスで選ぶ

 数多くの稼げるジャンルキーワードを挙げてみました。 

しかしアフィリエイト初心者が
“抱える悩みで、どの商品を売ればいいか分からない”ということがあります。 

で選択するポイントが、報酬単価と商品単価のバランスを元に、
自分が知っている、興味があるものから選ぶといいですね。

ただ2点注意が必要


注意その1

利益率が高いプランを選択しても稼ぐことはできないので、
商品単価と報酬単価のバランスを考えましょう。 

目標を仮に月2万円とした場合
低額商品は利益率が低いためアクセス数が勝負となり、
数多くの人の購入が必須となります。 

 

1.アマゾンの紹介利率は、0.510
商品単価2000円、利益率10%の本=200 

2.インフォトップ情報教材
商品単価29,800円、利益率50%の教材=14900 

仮に2万円の報酬を稼ごうと思ったら、

1:200円×100人=20000

2:29800円×1人=29800

 どちらが目標金額に早く達成できるのか……一目瞭然!!

アクセス数が少ない状態であれば、
低価格案件で月20000円を稼ぎ出すには実質難しい。

一方、高額な商品の場合は
100アクセス数があってその内の1人の成約で目標が達成できます。

 特にアクセス数が少ないアフィリエイト初心者の場合は、
一日50アクセス数で月3〜5万円を目標にしてみてください。

注意その2。

 商品決める際の注意するポイントは、
まずブログの方向性に沿った商品であること。

加えて期間限定商品や、 全然売れていなもので、
いつ、販売停止になるか微妙ものどは避けて、

商品・サービスが、 ロングセラーで、
ある程度売れているものかどうか加味することです。 

理由は、 

紹介した商品が短期間で
市場から消えたら、その先の稼ぎにはならず。

さらに詐欺商品などを紹介したとなれば、
被害を受けた購買者から
信用・信頼を失ってしまうので注意が必要です。

アフィリエイトで稼ぐ方法【3つの手順で解説】

アフィリエイト始める手順

手順はシンプル、3つの手順以下の通り。

手順①:サイト作成

手順②:ASP登録

手順③:コンテンツ作成(記事を書く)

 以上がアフィリエイトを始める際に、必要となる手順です。

最初はわからない事だらけですが、時間を作って
しっかり取り組めば毎月5万~10万円以上の収入が稼げます。

その手順を順番に解説しますね。

 手順①:ブログ作成

 まずはブログが基本舞台となるので必須です。 

ブログ作成はWordPressがオススメでして、具体的な作り方は

>>初心者でも悩むず始められるWordPressブログの作り方の解説

注釈: サイトとブログの違いに付いては後日解説します。
 

手順②:ASP登録

 アフィリエイターがやるべき仕事として、
ブログに広告を貼り収入に繋げなければならないので
”キャッシュポイント”即ち、”売る商品を選ぶこと”がです。

 その売る商品の選択のために、
アフィリエイトASPへの登録が必要になります。 

国内には数多くの特徴的なASPが存在しますし、
広告主も案件や報酬発生条件・金額も色々とあります。

 取りあえずは、一つでも多くのASPに登録しておきましょう。 

手順③:記事を書く

 ブログを作成して、売る商品が決まったら、あとは記事を書きましょう。

アフィリエイトで稼ぐにはコンテンツが一番大事なので、
一通りの準備ができたら、記事を書くことに努めることです。

まとめ:アフィリエイトの初心者向け意味・仕組みの基礎知識の解説

如何でしたでしょうか
アフィリエイトについて初心者向けに
基礎的な意味・仕組みを解説してみました。

基本的な所はほとんど同じで、あとは興味とやる気があれば
収入を得ることができるビジネスです。 

 

リスクも少なく始めるのに
パソコンとネット環境さえ整っていれば、
全の初心者でも今日から始めることができます。

 アフィリエイトに興味が出てきたら、ぜひ行動に移し
稼ぐ力を手に入れ、自由を手に入れてくださいね。

 

スポンサーリンク