tagetto

 

ブログにターゲットを定めていますか?

 

リアルビジネスと同じでアフィリエイトブログでも、
ターゲットを決めずにスタートするのは無謀です。

 

ブログ記事を書くとき一番大切なのが
誰に記事を読んでもらいたいのかを明確にすることです。

 

極端にいったら一人の人にむけて記事を書く。

 

この位までターゲットを絞りこむ必要があります。

 

スポンサーリンク

ターゲットを選定するには

 

ターゲット設定が重要だと知っていても、
意外とそのことを理解していない人が多いようです。

 

これが明確になっていないと、
どんなライティングスキルを屈ししても
読者の感情に訴えかけることができません。

 

そこで読者の心を響かせるために、
ターゲットを決めて文章で価値を提供することです。

 

ブログでビジネスを行っていくうえで重要なことは、
必要な人に価値を正しく伝え、必要なものを届ける。

 

お客さんありきで決まるからです。

 

ターゲットを細かく絞りこみ明確にして
「その決めた人に向けた情報発信」をしていく。

 

そこをしかっりと意識していくことです。

 

ではブログにおけるターゲットとはなにか?

あなたがブログでビジネスを始めるときに
どんなジャンルで進めていくのかを決めていますよね。

 

そして、決めたジャンルに向けた記事を書いていきますが
そこには参入する市場があります。

 

その市場のニーズをリサーチをして決めたはずです。

 

ブログの興味のない人に売り込みをかけても、買わないからです。

 

ターゲット選定の考え方

 

ビジネス全般にいえることですが、
全ては読者・お客さんが中心との考えが重要です。

 

世の中にはさまざまな商品・サービスがあります。

 

お客さんを誰かにするかで提供するものが変わってきますよね。

 

例えば、ダイエットをしたい人がいます。

 

その人のダイエット目的に何があるのか

「短期間で痩せたい」

「異性にモテたい」

「健康になりたい」

など、その人の目的・悩みによって違うように
必要な物も変わってきます。

 

しかし、すべての人に向けた記事にすると
当たり障りのない文章となり、お客さんの心は響きません。

 

これでは、ブログアフィリエイトの目的である
商品販売に繋がらず運営自体が致命的となります。

 

ビジネスを加速させるためにも、
悩んでいる人に的確に伝えていく。

 

そのためにターゲットを設定をすれば
反応がとれる記事が書きやすくなります。

 

ニーズが無ければビジネスは成立しない。

 

多くの人がやりがちな、自分本位の情報発信。

 

自分の意見ばかりをブログにあげてしまっては
お客さんが訪問しても面白くも、
役にも立たないブログになってしまいます。

 

確りとしたビジネスとして成果をあげるためにも
集客ができなるブログ運営でなければダメです。

 

そのためには、ブログの先には読者はいる、
この認識を忘れないことです。

 

全ては読者が中心であり、
そこにどんな人を集めたいのか、
ブログ運営の目的であるターゲットを決める。

 

もし健康食品にかんすることをやりたく
健康にいい商品の情報を発信していて

そこに健康食品の情報を求めている人がいれば、
そこでビジネスとして成り立つわけです。

 

ニーズがない所で懸命に情報発信していても
誰も集まってはくれませんね。

 

しかし、ニーズがあればビジネスとして成りたちます。

 

ニーズがあるところでビジネスを成立するためには
全てターゲットの設定が始まりになります。

 

というわけですから、
何から始めればいいの?となった時にターゲット設定に始まり、

そこに向けて発信していくのかがスタートとなります。

 

ターゲットはできるだけ絞る

 

ターゲットはできるだけ細かく絞っていきます。

 

なぜなら、記事を書くにしても
相手の心に響きやすくなる文章が書きやすくなるが、

 

逆に、多くの人を満足させる記事だと、
曖昧な表現となってしまい
結果、誰からも相手にされなくなります。

 

そこでどう絞ればいいのか

・性別:男性か女性か。

・年齢:何歳の人。

・結婚歴:未婚か既婚、またはバツイチ。

・子供の有無:低年齢、成人か未成年、年齢。

・住所:都心なのか、地方都市。

・職業:専業主婦またOL・サラリーマン、公務員、自営業など。

・所得:富裕層なのか貧困。

・価値観:何にを見いだすのか。

・身体的特徴:身長・容姿。

 

など、 細かく絞っていき1人だけに向けて情報発信する。

 

「だれに」「だれが」「なに」を提供し、
どこに導くのかを意識して、必要な人に必要なものを届ける。

 

訪問する人の顔を具体的にイメージをすることです。

 

そんな細かくなど、絞れないと思う人もいますが
その場合には身近な人をイメージしてみることです。

 

友人のAさんをターゲットに見立てて、
どんな悩みがあるのか?何を必要としているのか?
と、考えてみてください。

 

色々と見えてくるものがある筈です。

 

ターゲットを絞るときの注意点

 

ターゲットを絞るときに考えがちなのが
出来る限り幅ひろい人に必要なものを伝えようとする。

 

たしかに幅広い人に向けた記事を書けば
1人でも多くの人が買ってくれる可能性が出てきます。

 

ただ、すべての人をターゲットにしてしまうと
記事にブレが出てきたり、何を書いていいのかわからなくなる。

 

また多くの方が悩む、ライティイングの苦手意識が湧いてしまう。

 

そもそもすべての人に向けた記事を書くのは簡単ではなく
結果として読者の心に刺さらずに反応は取れません。

 

それとは逆にターゲットを絞れば反応がえられやすくなります。

 

その点を意識を持ってブログ運営をすることです。

 

まとめ

 

まず経験も少ない初心者の状態で、
小手先の文章術を駆使しても
大勢の人の反応をとることは出来ません。

 

だからこそターゲットをたった一人に絞ることで、
心に届く文章が書きやすくなります。

 

これが出来ていないと全ての努力が無になるので、
絶対に意識しておいてほしいのです。

 

絞りに絞ったたった一人のターゲットを軸に、
情報発信していけば成約できる可能性が高くなり

こういう読者を掴むためには、
ターゲットを絞ったアフィリエイトブログ作りを
強く意識するべきです。

 

スポンサーリンク