ユーザーに役に立つライティングをするためには、
下準備せずにいきなり書きだすと人に伝わる文章は書けません。

 

とりあえず書き始めるのと、
何をどのように伝えるかを意識して書き進めるのでは
結果として天と地ほどの差がでてきます。

 

これらの準備が行われることで
ユーザーの心にグサッと刺さる記事が書けるようになります。

 

そう思われる記事を書くために下準備に時間を使うのですね。

 

 

しっかりと読者の悩みを把握し、
「どのように伝えればわかりやすいかなぁ」
と事前に考えることで10倍読者から興味を持たれる文章となる
と言っても過言ではありませんから。

 

多少おかしな文章であっても、大きな問題ではありません。

 

日本語として意味が通じる文章が書ければOKです。

 

なぜなら、人はWeb上の文章を読むとき、
最初から最後まで読む人はいなく、眺めるような感じで読んでいます。

 

で、簡単な言葉を使い、わかりやすい文章構成を心掛ければ、
読みやすく、なおかつ伝わりやすいブログ記事が書けるのです。

 

しかし、逆に相手の気持ちを考えない稚拙な文章なら、
絶対にアクセスを増やすことはできません。

 

ライティング前の準備には何が必要かについてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

読者の悩みや願望についてリサーチをする。

まずは、読者の「悩みや願望」を知らないことには
人に伝わる記事などは書けないからリサーチが必要になります。

 

そこで、あなた自身がGoogleやYahooなどで
検索する時の行動を考えてみてください。

 

例えば「〇〇について知りたいなぁ」

 

という思った時にとる行動には、
検索窓にキーワードを入力しますよね。

 

その時キーワード検索をする理由には、
何らかの問題を解決したいとの思いからです。

 

その行動である読者さんの悩みを把握するために
リサーチをすることが、ライティングの重要な準備になります。

 

そこで悩みのリサーチで使うのは
Q&AサイトやソーシャルメディアやSNS。

そしてGoogleです。

 

Q&Aサイトには、教え!Goo、Yahoo!知恵袋、
Okwave、などがありますね。

 

 

Q&Aサイトは、人が抱えている悩みと、
その悩みに対してのアドバイスなどがたくさん投稿されていて、
読者の悩みや願望のリサーチするにはもってこいなのです。

 

 

で、全てのQ&Aサイトを見て回るのはとても面倒ですから、
Q&Aサイトを一括で表示されるこの無料ツールを使うと便利なので

 

以下、2つの無料ツールを紹介しておきます。

 

関連キーワード取得ツール

http://www.related-keywords.com/

 

goodkeyword

https://goodkeyword.net/

 

まず無料ツールを開いたら
書いてみようと思う記事のキーワードを入力し
取得開始をクリックしてください。

 

たとえば、Webライティングをキーワードとしたら、
関連する複合キーワードの一覧が表示されます。

 

それらの表示された内容をチェックして、
悩みや問題解決に対するアドバイスが
どのようにされているかを把握していきます。

 

ライティングにはライバルチェックとリサーチは重要

せっかく記事を書いたのだから、
狙ったキーワードで上位表示させたいものです。

 

上位表示はWebライティングの目的の一つでもあるのです。

 

狙ったキーワードで書いた記事を上位表示させるためには、
質のよい文章の記事が書けるようなライティング力であれば
検索エンジンの評価が高くなり上位表示されやすくなります。

 

しかし、Web上にはすでに多くの役立つ記事が存在しています。

 

そのライバルの記事を上回り上位表示を狙うのなら、
ライバル達の記事をチェックすること。

 

その上で、ライバル記事で書かれていない内容を
提供できるかという視点で
検索ユーザーに新たな価値を書く必要があります。

 

なお、ライバルチェックをする時には、
必ず、「ユーザー目線」であるかが必要です。

 

そのためにまず最初に、
関連キーワード取得ツールで悩みをリサーチして、
それからライバルチェックをする必要があるのです。

 

で、より本格的なライバルのチェックを行う方法があります。

 

SEOチェキ

http://seocheki.net/

 

以上のサイトを利用してどんなキーワードを使っているのかなど
ライバルチェックをしてみてください。

 

的外れなペルソナ設定では意味がない

さて、文章を書いていく場合、ある特定の人物を想定して、
その人物に向けてライティングをすると
いい記事も書きやすくなると言われます。

 

それをペルソナを決めるといわれるものです。

 

「誰に向けて書くのか?」とたった一人の人物を、
明確にしておくことが非常に重要になります。

 

しかしながら、それ相応のリサーチが出来なければ
ペルソナとしての有効活用できません。

 

そこで、ペルソナを具体的に決める方法ですが、
ある特定の人物を想定するといっても、

 

「30代前半の共働きの既婚女性で、
アフィリエイトをやり始めた初心者?」

 

でもこれではいま少し浅い設定でNGです。

 

そうではなく、31歳の女性で、結婚歴、
家族構成、収入、住居、職業、趣味、仕事、
などといった、外面的な詳細

 

収入を増やしたい理由・性格・好き嫌い・行動パターン
生活スタイルなどの内面的な要素。

 

などから、名前や容姿にいたる具体的な人物像を想定します。

 

ここまで設定するというのがペルソナ設定なのです。

 

ただ、勝手にイメージしたペルソナは現実離れしていることも多くあります。

 

そこで、オススメしたいのが、自分の周りにいる人、
社の同僚や後輩、知人・友人などをペルソナにすると
より具体的にイメージがしやすいはずです。

 

どんな悩みや問題解決したことがあるのかなど
常日頃の会話の中ででてきた話をイメージすれば、
1人の人に向けた記事が書けるようになります。

 

ということでペルソナ設定をあまり難しく考えずに
身近な人物で設定してみることです。

 

1記事1テーマの法則

Webライティングの目的は
わかりやすく人に伝わる文章を書くことです。

 

そのためには、1記事1テーマで文章を書くことです。

 

しかし、他人に役に立つ文章を書こうと思うと
ついつい、1つの記事に「あのことも・このことも」
ネタと詰め込みたくなるものです。

 

1記事にネタのオンパレードにする傾向って
ライティングに慣れていない初心者がやりがちです。

 

その結果として、検索ユーザーはブログを閉じてしまいます。

 

なぜ、早々に読者が離れてしまうのか。

 

その理由は、

 

「話があれこれと飛んで意味がわからない」

「結局、何を言いたいのか?」

 

などでブログを読むことを面倒くさいと思われてしまうからです。

 

ライティングで大切なのは、
伝えたいことを明確にすること、とお伝えしました。

 

 

伝えたいことを明確にするためには、
記事に一貫性を保たせることが重要なので
文章の内容がブレてはダメなんですね。

 

で、コツとして、この記事ではこのことを伝える、
と一つのテーマを定め文章を書く必要があります。

 

また、文章を書くにしても楽ですから。

 

だから、欲張ってあれもこれも書こうせずに
1記事1テーマの法則を守るようにしてください。

 

文章の構成を決めると迷いなく書けるようになる。

記事を書いていると、
途中で何を伝えたいのかがわからなくなる時もあります。

 

特に3000文字以上の文章の場合など・・・。

 

そこでWebライティングのコツとして
記事を書き始める前に覚えることは、
「記事の型(テンプレート)」を覚えておくことです。

 

また、「記事の型(テンプレート)」を覚えておくと

 

文章を書くスピードが速くなる。

読者にとって読みやすくなる。

 

といったメリットがあるので
是非覚えておくことをオススメします。

 

それでは、「記事の構成」についてお伝えします。

 

  1. タイトル
  2. 記事の書きだし
  3. 問題提起
  4. 解決策(結論)
  5. 詳細説明(見出しなどを使い構成する。)
  6. まとめ

 

という構成です。

 

先にもお話しましたが、
検索ユーザーの抱えている悩み問題解決策を
リサーチによって明確にしています。

 

1、タイトル

 

よって、その人にどのように何を伝えたいかということを
「記事タイトル」に狙ったキーワードをしっかりと入れることです。

 

タイトル付のコツはメインになるキーワードを左端に寄せて
関連キーワードを2つ3つを含ませて、
32文字程度で構成するといいと言われています。

 

ただ、あまり細かいことを気にしすぎて
日本語として変なタイトル構成になっては意味がありません。

 

その点を気を付ければ、
メインキーワードも左端でなくても問題ないのです。

 

2、記事の書きだし

 

次に記事の1行目の「記事の書きだし」の部分では
読者の興味をひく文章にしなければ、最後まで読んでくれません。

 

読者の興味をひけばいいので長々と書く必要もありません。

 

3、問題提起

 

問題提起では、
書きだしで興味をひいたら問題を明確にします。

 

ここで問題を明確することで、どう解決をすればいいのかと
興味ひくような文章をかきます。

 

そうすることで次の解決策を読み進めてくれます。

 

ただ、問題がなければあえて提議をすることはなく
自分の体験談や実例・考えを伝えて、興味をひくのも一つです。

 

4、解決策(結論)

 

4の解決策(結論)では、「書きだし」「問題提起」
前振りをしてきたので
ここで読者の知りたいことに答えるようにします。

 

そこで、ライティングに慣れていない
初心者に見られる間違いの一つに、
記事の最後に結論を書くといった文章構成にしてしまう。

 

というパターンです。

 

結論を最後に書く文章構成にすると
読者はすぐにブログから去っていきます。

 

なぜなら、読者は忙しいからです。

 

仮にあなたが会社の同僚や上司に質問したときに、
結論を言ってくれないとしたらイライラしませんか?

 

また、他にやることがあったなら、
サッサと話を済ませて次のことに取り掛かりたい。

 

だから「結論を先に言えよ!」
と腹が立つことは言うまでもありませんよね。

 

そんな状況をイメージすれば
読者の気持ちも十分理解できるでしょう。

 

ただ、実際に話している相手が目の前にいて
質問した相手が会社の上司や、
気を使う人の話を途中でとめることはできませんが、

 

これは話を聞いている人はストレスですよね。

 

逆にブログなどの文章なら、
躊躇せずに閉じることができますよね。

 

ということで、読者も忙しいのですから、
ストレス感じてしまうような文章にならように
知りたいことを早く伝えましょう。

 

5、詳細説明

 

5の詳細説明では、
実際に解決策をどう取り組んでいけばいいのかを
手順・理由や補足などを詳しく伝えていきます。

 

このとき、手順や方法を詳細にわかりやすく書くために
見出しなどを使って文章構成をしていくと
読者に話の要点を分かりやすく伝えることもできます。

 

見出しがあると記事が読みやすくなりますし、
文章の書き手も書きやすくなります。

 

6、締め

 

記事全体で伝えたいことを書いていきます。

 

締めがなく文章を終えると、
読者に「え?なにもう終わりなの・・・」
とピンボケ感満載の記事になってしまいます。

 

終りよければ全てよし!

 

記事をシャッキと引き締めることは
読むほうも気持ちがいいもの。

 

ということで締めでは記事の内容をまとめたり、
読者に語りかけるように振りかえさせる部分です。

 

ということで、数行でいいのでしっかりと書きましょう。

 

まとめ

 

この記事ではWebライティングでもっとも必要な
読者に伝わる書きかたについてお話してきました。

 

如何だったでしょうか。

 

文章を書き始めるときに、何も考えずにいると
人に伝わる記事は書けなくなります。

 

よってWebライティングの秘訣は
記事を始める前の準備が大変重要になってきます。

 

そのためにどんな悩みの人に向けて、
何を伝えたいのかを明確にするために
しっかりとリサーチをしてから書き始めると

ライティングがすごく楽になるので
ここは手間を惜しまないで欲しいところです。

 

スポンサーリンク