何を書けない

 

ブログを書き始めて最初に訪れる悩に、
何を書けばいいのかわからずに
手が止まってしまうことではないでしょうか?

 

また自分が書く内容なんて、ありふれたことだし、
すでにネット上には同じことを書いている人も沢山いるので、
いまさら同じネタで書いても意味がないよなぁ~^^;

 

と、思ってしまい、書くネタがないと悩みを抱えるようです。

 

では、なぜそうなってしまうのか?

 

ネタについて誤解をもっていることが原因で、
それは真面目すぎることです。

 

ネタの捉え方が真面目すぎて、
誤解となっている考え方に、

 

  • 「何か他人より抜群に得意なことを持っているわけでもないし。」
  • 「大したことを書ける自信もない。」
  • 「同じネタを書いても意味がないのでは。」
  • 「他と全く違った特別なネタを探さないとダメだ。」

 

といったネタに対する勘違いから、
何時までたってもブログが書けない結果となっていのではありませんか。

 

ですが、同じネタであっても、人によって捉え方も違うし、
自分なりの観点で見ると他とは違いがあるはずです。

 

 

そこで、ネタがなくブログを書けない
を、解消するための方法について解説していきます。

 

スポンサーリンク

自分の身の回りにネタは無数にあるはず

 

灯台もと暗し、
といったことわざを比較的耳にすることがあるとおもいます。

 

意味は、
「肝心なことは自分の身近にあって気付かぬもの。」
と理解としています。

 

この諺と同じく、意外とネタとなる素材って身近にあって、
気付いていないものです。

 

では身近にあるものを探すためにはどうしたらいいのか?

 

自分自身を少しばかり振り返ってみたら如何でしょうか。

 

幼少のころに夢に描いた将来の願望や、
その後の人生の中で学び実践してきたこと。

 

完璧にやり抜いたことでなくても、何かしらに興味関心が湧いて、
始めてみたいとか途中でやめてしまったことなど、
今までに幾つかあるませんか?

 

例え他者より抜きんでている得意なものがなくても、
好きなこと関心があったことって必ず有るはずです。

 

洋画・海外ドラマが好きだとか、
特定のジャンルの音楽に関して多少は詳しいとか、
探してみると意外と有るはずです。

 

それらをメモ帳などに書きだしてみることです。

 

それ以外にも

 

  1. 自分が好きなこと好きだったとこと。
  2. 興味・関心や趣味や得意なこと。
  3. これから学びたいと思っていること。

 

僕の場合は3の選択肢から、ブログを書くのが苦手なのと、
副業で収入を増やしたいとの思いからブログを始めました。

 

特にWebライティングは最も克服したいと思いが強く、
文章を書いてアフィリエイトを行う経験をネタにして、
記事を書くようにしています。

 

現在WordPressでブログ運営をしていますが、
HTMLやCSSといった難しいプログラミングについては、
僕より詳しい人から比べれば素人同然です。

 

でも、ブログ運営にあたって必要なことなので、
ネットや本などで調べて得た知識を実践の中で役立てています。

 

ブログをWordPressで運営するための必要最低限の知識でも、
これからブログを始める人にとっては初めて知る情報。

 

今まで知らない人よりちょっとだけ知っていることが、
ネタになりえるわけです。

 

ネタ探しにはインターネットを活用しよう

 

実は探せばいくらでもネタは見つかるもの、
それでもネタがないと思ってしまうのなら、
ネットを使い探してみるのも1つの手です。

 

その理由は、インターネットは情報の宝庫といわれ
あらゆる情報を得ることができます。

 

ネタ拾いをする際に、どんな情報を発信していくのかを
ます最初に明確にしておくこと。

 

明確にした目的にあったネタを見つけてください。

 

またネタ探しのなかで

 

「見つけたネタですでに他の人が書いている」

 

などと思わいないこと。

 

なぜなら必要なネタは既に多くの人が書いているのはあたり前、
それは需要があるからだということ。

 

話題にもあがらないネタはネット上には存在しない、
誰も気にしていない結果として情報が少ないということです。

 

必要とされていないネタで記事をかいても意味がありません。

 

特に初心者さんは、運営もまなく記事も少ないのに
いくらでも書くネタはあるはずなのにと思いますが。

 

あとは、他の人との差別化を意識するあまり、
どういうことを書けばいいのか?と悩む人も多くいます。

 

その原因になっていることは、
特別なことを書こうと自分に要らぬ課題を課している。

 

 

つまり、「特別なことを書かないと意味がない」
謝った思考のがネタ探しの苦労を作っているということなんです。

 

そこでもう一つ考えて欲しいのが、
はたして読者は特別な情報求めているのか?
というとなんですが・・・・・・・

 

実際のところ特別な情報を求めている読者なんていないのが現実です。

 

だとすれば、必要なことは、
同じネタでも更に詳しい情報を加える、違う角度からの説明を
あなたなりの意見を交えて伝える。

 

このことが、同じネタでも差別化ができることになのです。

 

記事ネタの探し方3つの方法

 

ネット上には、たくさんの情報があるとお伝えしました。

 

さらに詳しいネットでネタ探しの方法です。

 

“知りたいこと”、“調べたいこと”は、
ネットで調べれば、あらゆる情報を得ることができます。

 

それがwebといったネタの宝庫を利用すれば
簡単に見つかるということです。

 

その1ライバルサイトでネタを探す方法

 

意外と思われることが多いですが、、
アフィリエイターも行っている方法です。

 

気になるブログのネタを参考に
自分の意見や主張をつけ加えて記事とする方法です。

 

ライバルの視点や考え方を参考にしつつ、
元記事とは違う角度から自分の意見を書くということ。

 

ただし、そのままの記事をコピペしてはいけません。

 

コピペは著作権に触れ
ブログが圏外へ飛ばされてしまう危険があるので、
絶対にやってはいけません。

 

他人の記事をそのまま拝借するでは、
自らのスキル向上にもならないし、
今後のネタ探しのための見つけ方も育たないのでやめましょう。

 

で他者の記事を参考にする際に、
重要なことは自分の思考を働かすこと。

 

参考にした記事ネタを自分ならどうなんだろうか?
と常に考えながら記事を書いていくことです。

 

最初は難しくても、繰り返し行っていれば、慣れてきて
オリジナルな文章が書けるようになれます。

 

その2お悩み系でネタ探し

 

Yahoo!知恵袋

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

教えて!goo

http://oshiete.goo.ne.jp/

 

ネタ探しばかりではなく、ブログ運営のための、
ターゲット選定やオリジナル記事とするために
情報収得に役立ちます。

 

ネタにしようとしている情報に対し、
検索してきたユーザーの反応がとれなければ、
記事にする意味もありません。

 

そのネタで調べたい人がどんな悩みを抱えているのか?

 

どう“解決をしたいのか”“解決に至った経緯”などを、
知ることができるし、アドバイスの話も参考になります。

 

そのことを記事にすれば、
読者にとって有益で尚且つ役立つ情報が提供できますよね。

 

検索ランキングでネタ探し

 

Google Trends

https://www.google.co.jp/trends/

 

Yahoo検索

http://search.yahoo.co.jp/realtime

 

はてなブックマーク

http://b.hatena.ne.jp/

 

検索エンジンもネタの宝庫なので探してみます。

 

あなたがブログを始める際にテーマを決めていますよね!?

 

ブログテーマに沿った、ネタを検索エンジンで調べて、
見つけたネタに新しい情報を加えて記事にして、
読者に情報提供してみましょう。

 

それが上記の検索ランキングです。

 

まとめ

 

如何でしたか、ネタがないと困って記事が書けないなんて、
とてももったいないことです。

 

ネタは身の回りにいくらでもあります。

 

すでに他の人が狙ったネタで書かれていたとしても、
あなたの意見なりを反映させるば、オリジナルな記事になります。

 

また調べればわかることで、記事を書いても
意味がないと考えてしまったとしても、

 

調べてわかるということは、
それだけ多くの情報があるいうことで、
そのネタを求めている人が、
たくさんいるという事になりませんか?

 

検索需要があるということは、
必要としている人がたくさんいる。

 

逆に調べてもわからないことは、
どんなに検索しても調べようもないし
可なり専門的な分野のネタのはず。

 

専門的なネタを調べている人の数を考えたら、
情報量は少なく、検索する人も限られているからです。

 

あなたが行っている、アフィリエイトでは、
集客をしなければなりません。

 

集客のためには、
検索をして情報収集している読者に向けて、
情報提供していくわけなので、

 

調べてわかることが必要であって、
結果、多くの人が検索をしているということが重要なのです。

 

つまり、記事ネタの選択を難しく考えてしまっている。
ことが原因ですでに存在しているネタで書けないと悩むわけです。

 

ネタがなくブログが書けない悩みの解決方法が、
例え同じネタであっても、自分の言葉で、
自分の意見として書いていれば、
他にない付加価値を加えることができるのです。

 

そこをしっかりと意識付けして取り組んでいけば、
ネタが同じでも自然とオリジナルな情報提供ができるようになれます。

 

スポンサーリンク