グーグルサーチコンソール

 

ブログを始めたら必ず登録しておくべき無料ツールの一つ、
グーグルサーチコンソールがあります。

 

このツールはあなたのブログを客観的に評価するために、
サイトやブログを始めたら設定しておくべきものです。

 

客観的にブログ運営の状態を確認することで、
まとを絞り修正・改善する点が把握でき、
ブログの最適化が計れます。

 

またサーチコンソールは、
webマーケティング的な視点からも
重要な役割をもっています。

 

ブログの最適化をSEO対策と言われているものです。

 

で、ブログを客観的に判断するためのツール、
グーグルサーチコンソールの登録から、
設定・使い方についてお伝えしていきます。

 

Google search consoleってなに?

 

グーグルが無料で提供してくれるサービスで、
あなたのブログの情報をグーグルに送ったりするツールが
Search Console です。

 

もう少し具体的にお話しすると、
「記事を更新したので自分のブログに巡回して欲しい」
とグーグルにリクエストを流し検索に反映されやすくさせます。

 

また、記事のインディクス状況の把握や、
ペナルティがあったときに連絡が届いたりと、
何かと知らせてくれる便利なツールです。

 

サーチコンソールを使うことで、
Webサイト・ブログの最適化ができる、
必要な情報が得られる高性能で便利なツールです。

 

で、最適化の仕組みを説明すると、
検索エンジンがブログに含まれるキーワードを解析(クロール)し、
キーワードを記憶(インディクス)して、
ユーザーが検索してキーワードと照らし合わせ、
最も条件が一致したブログを表示させる仕組みです。

 

あなたのブログが上位表示されるようになるには、
検索エンジンに対し最適化することが重要なのです。

 

この仕組みがSEO対策ということになります。

 

SEO、検索エンジン最適化をする方法として、
Webサイト・ブログを常に修正・改善を続ける必要があります。

 

サーチコンソールの使い方

 

Google Search Consoleを使う前に
あなたのブログを登録する必要があります。

 

Googleアカウントをまだ持っていなければ
まずはアカウントを作っておきましょう。

 

※ Googleアカウントの登録について詳し説明はこちらに書いています。

 

 Googleサーチコンソールを登録しよう

 

では、まずサーチコンソールの公式サイトにアクセスをして
Googleアカウントでログインします。

 

サーチコンソール登録開始

 

ログインしたら、フォームにブログのURLを入力し、
「プロパティを追加」をクリックします。

 

サーチコンソールプロパティ追加

 

ゴーグルサーチコンソールウェブサイト

 

サイトの所有者であることを確認するために、
HTMLファイルをブログにアップロードします。

手順にそって自分がサイトの管理者であることを証明します。

 

サーチコンソール確認

 

先の方法でアップロードができなかったら、
画像の「別の方法」タブで行えるので手順を解説します。

 

「別の方法」タブをクリックして、「HTMLタグ」にチェックを入れます。

 

サーチコンソール所有権確認方法

 

画像のようなコードが表示されるので、ブログ内のheadタグに貼り付けます。

 

サーチコンソールhtmlタグコード

サーチコンソールメタタグコード

 

アップロードが完了ができたら確認をクリックして
「所有権が認証されました」と表示されれば登録完了です。

 

次にブログをGoogleに認識してもらうための作業を行います。

管理画面から左側の項目の「クロール」「サイトマップ」を選択し
右上の「サイトマップの追加/テスト」をクリックします。

 

画像

 

表示されたURLの空欄に「Sitemap.xml」と入力して「送信」をクリックします。

 

 

サイトマップ追加

 

登録及び設定はこれで完了です。

 

サーチコンソールでチェックするポイント

 

Search Consoleでブログの状態を確認しますが、
それにはどの個所のなにを?チェックすればいいのかをお話します。

 

このチェックは、Google Analyticsと同じく、
全ての項目を見る必要はありません。

 

※ Google Analyticsの登録と設定について詳しく書いています。

【2018年】Googleアナリティクスの設定と使い方!wordpressへの導入方法

 

そこで、このメニューは必ずチェックしておいた方がいいよ
必要な項目をお伝えします。

 

サーチコンソールでチェックする項目は4つ

 

サーチコンソールの登録及び設定が完了したら、
ブログの状態の確認方法を解説していきます。

確認するべき項目はさまざまありますが、
必要な4項目のチェックで十分です。

 

そこで、必要な4つのチェック項目について解説していきます。

  1. メッセージ。
  2. 検索アナリティックス。
  3. グーグルインデックス。
  4. クロール。

となります。

では一つ一つ詳しく解説します。

 

サーチコンソールダッシュボード

 

1.メッセージ

 

ここの項目ではグーグルからブログやWebサイトの課題となる
さまざまなメッセージが届きます。

 

例えば、インデックスの不具合やペナルティ。
SEO対策についてのメッセージを受けることができます。

 

よって定期的に確認しておきましょう。

 

サーチコンソールメッセージ項目

2.検索アナリティックス

 

サーチコンソールでは、さまざまなことが確認できます。

その中の一つ、検索アナリティクスです。

この項目では、あなたのサイト・ブログのクリック状況と
どんなキーワードで訪問されているのかが確認できます。

 

ではどこを見るか?
画像のクリック数・表示回数・CTR・掲載順位にチェックを入れ
クリエを見ましょう。

 

サーチコンソール検索アナリティクス

 

さらに詳しく解説すると、

 

クリック数:自分のブログがグーグル検索でどれくらいクリックされた回数。

表示回数:検索結果で表示された回数。

CTR:どのくらい自分のWebサイト・ブログの表示回数うちクリックされた回数。

掲載順位:自分のブログが検索結果で順位が表示される。

 

あと、サイト・ブログに訪れる際のデバイスも
スマホの利用が多くなってきています。

 

よってスマホの訪問キーワードも確認しておきましょう。

 

画像にあるデバイスのフィルタなしをクリックし、
デバイスをフィルタにPC、モバイル、タブレット
と表示されるのでモバイルをクリックします。

 

さらに、「デバイス」の「デバイスを比較」をクリックすると
PCとの比較などができます。

 

など、流入デバイスなど数字やグラフで確認できます。

 

3.Googleインデックス

 

ブログを始めたなら、
自分のブログがインデックスされる必要があります。

 

インデックスという言葉は必ず耳にしているはずですが、
意外とわかっているようでわからない、
という人も多くいるのではないでしょうか。

 

そこで、冒頭でも書きましたが、
改めてインデックスについて説明してみます。

 

インデックスとは、

検索エンジンがキーワードや情報を記憶(インデックス)して、
ユーザーが何かを検索すると、
検索エンジンの中に持っている情報を元に
検索結果として表示する仕組みです。

 

自分のブログが検索結果として表示されることで、
人の目に触れる機会が増えるわけです。

 

そのために、まずはサイト・ブログが、
インデックスされているかを調べる必要があります。

 

そこで、インデックス状況を確認するために
グーグルインデックス内の
「インデックス ステータス」で確認しましょう。

 

サーチコンソールグーグルインディクス

 

表示された情報には、
ブログに何か問題があるかを教えてくれます。

 

例えばグラフが順調に伸びていれば問題ないとか、
急に下降していれば、何かしらの問題があるなど
数値やグラフで教えてくれる便利なものです。

 

4.クロール

 

この項目では、まずクロールエラーが起きているか?
どのページでどんなエラーなのかなどチェックできます。

 

サーチコンソールクロールエラー

 

次にクロール項目の下に、
「Fetch as Google」というメニューがあります。

 

「Fetch as Google」は、
Googleへ新たなページのクロールをリクエストする項目です。

 

サーチコンソールクロールリクエスト

 

この「Fetch as Google」というメニューは、
新しいブログやまだコンテンツが少ない状況のときは、
検索エンジンには認識されていません。

 

そこで、ブログ運営者自らが
「記事を更新したので自分のブログに巡回して欲しい」
とグーグルにリクエストを送りまわってきてもらう。

 

いち早くブログをクロールしてくれれば、
検索結果として上位表示の可能性がたかまります。

 

そのために使用するのが
「Fetch as Google」というメニューなのです。

 

ではクロールのリクエストの仕方です。

 

クロールの「Fetch as Google」をクリックします。

 

次にクロールしてもらいたいURLを貼りつけます。

 

インデックス登録のリクエストをクリックすると、
私はロボットではありません。

 

と表示が、
「このURLのみをクロールする」
「このURLと直接リンクをクロールする」
の2択が表示されます。

 

2択がでたら
「このURLのみをクロールする」の選択でOKです。

 

ただ、ここで一つ注意しておくことがあります。

 

いくらブログを上位表示させたいからといって、
クロールのリクエストをしすぎたり、意味もないリクエストは、
スパム扱いになるのでやらないように注意をしましょう。

 

Googleアナリティクスとsearch consoleを連携しよう

 

search consoleの設定が完了したら、
Googleアナリティクスと連携します。

 

連携することで、search consoleの検索アナリティクスで
データがレポートして表示ができたり、
自分のサイトをさまざまな観点で分析ができるようになります。

 

グーグルアナリティクスは、
Googleアカウントがあればすぐに始めれられるので、
まだな方は登録を完了していてください。

 

早速、連携していきましょう。

※ Googleアナリテックスの設定と導入について書いています。

⇒【2018年】Googleアナリティクスの設定と使い方!wordpressへの導入方法

 

Googleアナリティクスから連携させる

 

Googleアナリティクスにログインして、
「集客」⇒「search console」⇒「検索クリエ」と選択します。

 

サーチコンソールデータ共有設定

 

うえの画像が表示されたら、
赤枠「search consoleのデータの共有の設定」をクリックしてください。

 

プロパティ設定で「search consoleを調節」をクリック

次に、プロパティ設定画面に移るので、
下にスクロールして赤枠の「search consolを調節」ボタンを
クリックしてください。

 

サーチコンソール調整

search consoleの設定で編集

 

次に、search consoleの設定画面に移るので
赤枠「編集」をクリックします。

 

サーチコンソール設定編集

連携するサイトを保存

 

編集をクリックすると、
サーチコンソールに登録されているサイトが表示されます。

 

連携したいサイトを選択して「保存」をクリックしてください。

 

サーチコンソールサイト保存

 

「関連付けの追加」という表示がされるので、
「OK」をクリックしてください。

 

サーチコンソール関連つけ追加

 

以上でGoogleアナリティクスとサーチコンソールの連携が完了しました。

 

お疲れ様でした。!

 

まとめ

 

サーチコンソールという
無料で使える便利なツールを使いサイト・ブログの状態を
目に見えるかたちで確認することができます。

 

SEO的にもブログのインデックス状況や
ペナルティ情報などメッセージが受けとれ、
ブログを強く育てるために大きく役立ちます。

 

どのように修正をしたらいいのか、
改善をしていくためにも、どの点に的を絞ればいいのか、
などの把握ができるので、サーチコンソールの設定はしましょう。

 

スパム扱いを受けることがあるので注意が必要です。

 

そこで覚えておくと便利なことが、
「このURLのみをクロールする」では
1日に10件までのリクエスト。

 

「このURLと直接リンクをクロールする」
1日に2件まで送信ができる回数制限があります。

 

回数制限に気をつけ、新しい記事を書いたら、
リクエストを送ってみましょう。

 

あなたのブログを強く育てるためには
改善・修正は必要不可欠の作業となるので、
改めてGoogle Search Console 導入をお勧めします。