文字装飾

 

ブログ記事を書く際に強調したい箇所があったりします。

 

そんな時にHTMLといったソースコードを使うなど
もの凄く面倒なことです。

 

そもそも、ワードプレスの初期設定では、
文字装飾がほとんどないため、
自分で HTML タグを記載して装飾しなければいけません。

 

※以下の画像のような状態です。

 

ワードプレス初期状態

 

※AddQuicktag

 

アドクイックタグ設定

 

そこで便利なのが「AddQuicktag」という、
WordPressのプラグインなのです。

 

このプラグインを使うと、記事本文中だけでなく
見出しまで装飾でき見栄えが良くなります。

 

そこで記事作成の際に、事前に用意したボタンを使って、
文字装飾をスムーズに行うためのプラグイン
「AddQuicktag」の設定と使い方の解説をしていきます。

 

WordPressの初期状態で文字装飾の例え

 

先ほどもワードプレスの初期設定では、
文字装飾がほとんどないため、

自分で HTML タグを記載して
装飾しなければいけないとお伝えしました。

 

で実際にどうのようにして文字を飾りつけていくのか

 

例文として、

 

文章を書きたいが上手く書けない面白いネタが思い浮かんでいるのに文章にできない。

そんなもどかしい気持ちになることはないだろうか?

 

上記の赤い文字を HTML タグで表現すると

 

<font>color=”#000000″ style=” background-color:#ffff00″>上手く書けない</font>

<font color=”#ff0000″>面白いネタ</font>

<font size=”+3″>もどかしい気持ち</font>文章を書きたいが上手く書けない。

 

といった、【文字を赤くしたり太くする】タグを使って
装飾しなければいけません。

 

このように文章装飾のためのタグは
たくさんの種類があり、文章をかくたびに、

装飾するためのタグを
自分で調べて書かないといけません。

 

300文字程度の文章作成をたまに書くならいざ知らず。

 

毎日または二日に一回、1000文字以上の文章の中に
文字装飾を含めながら書き鵜づける・・・・・
そんなことを考えただけで心が折れそうです。

 

そこで、よく使うタグをあらかじめ登録しておくことができる
「AddQuicktag」プラグインが便利です。

 

 

早速AddQuicktagの導入と設定を行います。

 

①ダッシュボードから【プラグイン】⇒【新規追加】で表示される検索ボックスに
【AddQuicktag】と検索し、【インストール】⇒【有効化】をしましょう。

 

アドクイックプラグインインストール

 

【ダッシュボード】⇒【設定】⇒【AddQuicktag】をクリックして設定画面へ進みます。

 

ワードプレスダッシュボード

 

③すると下記画像のタグ設定できる画面になるので、各種設定を行ってください。

 

アドクイック詳細設定

 

④詳細設定の説明です。

 

  1. ボタンのラベル名:自分で分かりやすい名前をつけましょう。
  2. 開始タグと終了タグ:装飾した文字の前後にタグを挟んで記載します。
    例文から)<font color=”#ff0000″>この部分に文字をいれる</font>
  3. タグを入力したら、③の一番右にチェックを入れ設定を保存します。※タグはネットで検索すればたくさん見つかります。

 

⑤下の方へスクロールして画面の一番下の【インポート】という欄があります。

【ファイルを選択】をクリックします。

 

アドクイックファイル選択

 

 

⑥下の画像のように、たくさんの装飾タグが表示され
クリックひとつで自由に文字装飾ができるようになります。

 

【ビジュアルモード】

 

アドクイックビジュアルモード

 

【テキストモード】

 

アドクイックテキストモード

 

 

自分が使う装飾タグの数だけ自由に設定できます。

 

以上でAddQuicktagの導入と設定の解説となります。

お疲れ様でした。