あなたのアフィリエイトで、収入を得るためのゴールはなんですか?
どんなサービス、商品で収益をあげようとしているのでしょうか。

 

アフィエリエイトで紹介できる、商品、サービスのジャンルも含めてたくさんあります。

 

数ある中から自分のブログの方向性にそった、
商品やサービスの選択は色々と迷うところでしょう。

 

であれば、ゴールにするためにGoogleアドセンス広告は如何でしょうか。

 

審査通過といった壁は有るものの、
許可が取れれば半永久的に使える便利なものです。

 

そこでこの記事ではGoogleアドセンスについて、
お話しをしていきたいとおもいます。

 

スポンサーリンク

 Googleアドセンスは初心者でも稼ぎやすい理由

 

Googleアドセントとはなに?
と、詳しい話しは他の方のブログに書かれているので、
ここでは簡単に説明してみます。

 

アドセンスとは、グーグルの審査を受けて許可が貰えて、
自分のブログに広告が表示されるので、
表示された広告をクリックして貰えれば報酬が発生するといった仕組みです。

 

アドセンス広告の内容は、自分のブログのコンテンツ内容により、
表示される広告が違ってきます。

 

なぜアドセンスは初心者向きなのか?

 

アフィリエイトには、広告報酬型と成果報酬型といった、
大きく分けて2通りあります。

 

その中の一つに、クリック報酬型がグーグルアドセンスとなります。

 

で、掲載される広告はブログの内容によって、
表示される広告内容に違があります。

 

広告がクリックされれば報酬が発生することはわかった。

 

ではなぜ初心者でも稼ぎやすいのでしょうか?
稼ぎやすい理由には大きく分けて2つの収益方法があります。

 

その収益方法とは、成果報酬型・広告報酬型の
2つが代表的な収益をあげる方法となります。

 

そこで一つ一つ詳しくお話します。

 

まず成果報酬型ですが、

 

企業である広告主の広告を、ブログやメルマガなどに掲載させて、
実際に購入されたことで報酬が発生するのが成果報酬型です。

 

何ごとにもメリットとデメリットがあります。

 

では成果型のデメリットとな何か?

それはコピーライティングやSEO対策など、
初心者にはハードルが高いスキルが求められます。

 

これらのスキルは今日始めたから直ぐにできるものではなく、
ある程度の知識と経験が必要となってきます。

 

よって、アフィリエイト初心者には少しばかり難しい、
取り組みとなるでしょう。

 

ただ、高額商品を扱えるので、収入額を考えると、
格段の違いがあるのが成功報酬型のメリットになります。

 

広告報酬型(クリック報酬型)はどうなんでしょうか

 

クリック報酬型は、
ブログ広告がクリックされることでお金が稼げます。

 

またユーザーに商品・サービスの申し込みや、
購買して貰うための誘導文章などを書く必要がありません。

 

このクリック型で報酬を受け取る方法で、
稼ぎ方を伝えているのがトレンドアフィリエイトということです。

 

ただ初心者でも成果をだしやすいのですが、
酬単価が非常に低いといったデメリットはあります。

 

こういった理由で初心者でも稼ぎやすいということです。

 

Googleアドセンス審査

 

初心者でも簡単に収入が発生することはわかった。

 

では、広告表示させるためにはどうすればいいのか?
といった話をしていきます。

 

アドセンスを始めるためには、
広告コードを貼るための審査が必要なのです。

 

その審査に通らないと自分のブログに、
広告が表示されないので、まずは審査を受けないと始まりません。

 

ただ、審査は2段階あり、
第一回目の審査に通らない人もたくさんいるみたいです。

 

また、審査を受ける場合の条件も
色々と変わってきているようで、
ある意味厳しくなたといわれています。

 

ではどのような条件になっているのか?

 

1次審査を受けるための条件とは、

 

1:独自ドメインの有料ブログであること。

2:しっかりと運営がされているか。

 

などが、おもな審査通過のために必要なポイントとなります。

 

では一つずつ詳しく書いてみます。

 

1:独自ドメインの有料ブログです。

 

もしこれからも継続運営を考えているなら、
このさいWordPressなどで始めてみることをお勧めします。

 

独自ドメイン取得費用は年間数千円程度だし、
有料ブログで使うテンプレートも無料のものもあるし、
はてなブログのpro版なら、
独自ドメインが設定できて月600円で利用できます。

 

2:しっかりと運営がされているか

 

特に運営状態は重要で、ブログ開始がまもないとか、
記事数が少ないといったことで、審査が通らないことがあります。

 

ただ、明確な審査通過のための基準はわからないようで、
10記事程度で通過したと人もいれば30記事書いても通過できない
といったGoogle先生の判定基準がわからないのです。

 

そこで一次通過をスムーズにするために、
記事数として、20~30記事程度は書いておくことがベストです。

 

文字数も最低1000字から2000字程度は必要で、
あと、記事の内容も充実させておくべきです。

 

特に記事本文に関してはいい加減な内容はNGで、
何を書いたらいいのかわからないといった理由で、
日記のような自分の日常生活の情報ではなく、
読者に役立つ価値ある記事を書くこと。

 

記事内容で気を付ける4つのポイント

 

記事が書けない。

書くネタが思いつかない。

 

といった悩みを抱える人は大変多くいます。

 

書けないといった理由から、
誰かの記事のコピペは絶対やめましょう。

 

そこでネタ及び記事が書けないとお悩みの方に、
文章を書くためのいくつかのポイントをお伝えします。

 

まず記事を書くときに気をつけるポイントその1

 

繰り返しになりますが、内容が日記状態になっていないか?
といった点は気をつけましょう。

 

次に読者の興味や共感が呼べるかを意識する。

 

例えば、「夜、家族と夕飯を取っていた時に〇〇グループの新曲が流れていて、
いい曲だなぁと思いました。」

 

ではなく、

 

「四つん這いでタスキを渡した駅伝のニュースが流れていました。
監督と審判の間で続行させるか棄権をさせるのかの判断について、
賛否の声が分かれれていて、それを観て、僕は〇〇だと思います。」

 

といった内容であれば、読者に共感を与えるような、
記事になるように書くようにしてください。

 

その2コンテンツポリシーは守られているか。

 

アドセンスでは禁止コンテンツが定められています。

 

アダルトコンテンツ。

誹謗中傷の類のコンテンツ。

危険ドラック及び薬物に関するコンテンツ。

タバコやアルコールに関するコンテンツ。

犯罪や戦争など社会情勢に不安を与えるようなコンテンツ。

 

など他にも禁止となるコンテンツがあります。

 

要するに子供が読んでも安心できて悪影響を与えないコンテンツを
Google側は基準にして設けているわけです。

 

Adsenseプログラムポリシーについてのページ

 

その3他社の広告は貼り付けないように(他社の広告貼り付けNGはデマ!!)

 

まあ至極当然と言えば当然ですが、
審査を受けるためのブログに他社の画像を貼ることはNGです。

 

なぜなら、アドセンス広告を貼る許可を貰うための審査ですから、
すでに他社の広告が貼ってあってはまずいですよね。

 

他社の広告を審査用でも、審査通過後もNGだと書きました。

 

しかし、色々と調べてみたら、デマ情報だと知り訂正です。

 

ただし、他社の画像を貼るつける場合、特に審査用では、
条件があり、アドセンスのプログラムポリシーに違反する画像の使用は
NGだということです。

 

このポリシーに順ずるものであれば、
審査用であっても問題はないということです。

 

その4しっかりとアイキャッチ画像を設定する

 

次にアイキャッチ画像は1記事1画像として、
著作権に引っ掛からない画像を貼っておきましょう。

 

また記事タイトル及び本文と全く関係ない画像は、
使わないようにしましょう。

 

あと記事は読みやすく、適度な改行をして、
日本語として変な文章にならないように気をつけてください。

 

最後に絶対に忘れてはイケナイことですが、
一次審査が通過したからといって、
安心しないでブログ更新は怠らないようにすることです。

 

理由は1次審査から2次審査に移っても、
ブログの更新状況がチェックされるからです。

 

以上の点を意識してコンテンツ作りをしてみること、
そして、厳しい審査といわれても、決して通らないわけでないので、
再審査を受けずに済むために、上記の点はおさえておきましょう。

 

二次審査通過のためのポイント

 

1次審査が通過したら、さあ最終審査の2次です。

 

ではどんな点に注意をすればいいのかをお話します。

 

まずやることは、実際にコードをブログ内に、
規定の場所に設置されているかのチェックがされます。

 

1次審査後に送られてきた、
広告コードと貼り付ける場所についての指示メールが届くので、
指示にしたがいコードを貼り付けましょう。

 

WordPressをお使いなら、
「テーマ編集」「header.php」という箇所に
<head>タグがあるので、そこにコードを貼り付けて完了です。

 

ちなみにお使いになるWordPressのテンプレートによっては、
テーマ編集で貼り付け作業をしなくても、
簡単にできるものもあるようです。

 

ですから、お使いのテンプレートの使用をを調べてみてください。

 

さあこれで2次審査が開始されます。

 

あとは1次審査後の対応でお伝えした通り、
ポリシー違反をしない記事を更新していき、
残るは審査通過の通知を待つだけです。

 

Googleアドセンスの報酬額は?

 

審査も通過して実際に稼ぎの始まりです。

 

さて、アドセンスではどのくらい稼げるのか、きになるところです。

 

グーグルアドセンスは稼ぎやすい手法ですが、
報酬額として、1クリック数十円から数百円程度といったところです。

 

確実な報酬額及び1クリックの、単価が公開されていません。

 

それはなぜなのか?

 

理由のいくつかに、

扱うジャンルや時期によって単価が変わる。

広告の配置位置によっても単価に違いが発生する。

 

といったことらしいですね。

 

曖昧なことですが、公開されていないので、
本当のことがわからず明確なことが書けないことをご理解ください・・・^^;

 

あと、最もクリック単価が高いジャンルとして、
金融系、不動産、転職、美容などが高単価の傾向にあります。

 

クリック単価が高い理由に、
「集客して売り上げがあがればクリック単価が高くてもいい」
と広告主の戦略がとられているためです。

 

Googleアドセンス規約は厳しい

 

いくら初心者が稼ぎやすいGoogleアドセンスでも、
ブログ運営中で規約に違反すると、
最悪アカウント凍結となり二度と利用できなくなります。

 

それだけGoogle アドセンスは規約が厳しいです。

 

そこで、厳しいと言われる規約には何があるのか?をお伝えすると、

 

自己クリック

自分で自分のブログ広告をクリックする。
自己クリックは違反の中でもっとも厳しく判断されます。

 

著作権侵害

 

著作権違反はアドセンスに限ったことではなく
法律全般で違反する行為です。

 

ファミリーセーフ

 

著作権侵害も含まれる禁止規約です。

 

アドセンスのポリシーには、繰り返しになりますが重要なことなので、
再度先ほどもお伝えしておきます。

 

「小さい子供に見せたくない。見せられない」
内容の画像や記事を禁止しています。

 

それと反社会的コンテンツや、
アダルト・アルコール類・たばこなども禁止です。

 

クリック誘導

 

意図的に広告クリックを誘導する内容の文章を書くと
違反事項になります。

 

と、いった意外とやりがちな規約違反ですが、
他にも細かくポリシー厳守が求められていますから、
Adsenseプログラムポリシーには目を通しておきましょう。

 

まとめ

 

Googleアドセンス広告で収入を得ることは、
初心者でも簡単に収入をえることができます。

 

セールスのための文章を書く必要もなく、
LPやらメルマガ・ステップメールの仕組みいらないのです。

 

またネットビジネスの世界で言われる、キャッシュポイントも、
Google アドセンス広告が担っているので、
知識経験のない初心者には向いていますね。

 

専門的な知識がない初心者にとって参入しやすく、
稼ぎやすいGoogleアドセンスです。

 

しかりと禁止事項をまもり
気軽にはじめてみては如何でしょうか。

 

スポンサーリンク